« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020年11月30日 (月)

2020年週刊少年ジャンプ52号感想

●呪術廻戦
格闘。肉弾戦。ふと「呪術とは…?」という気持ちになったが、めまぐるしい激しいアクションのほうが好みだから良いです。『コイツはもう 呪霊として変身前とは別次元の存在に成ったんだ』たしかに私の中の「呪霊」という言葉のイメージと別物のようなファイターになりました。
 
●僕のヒーローアカデミア
うおおおおお!ベストジーニストーーーーッ!! 登場だけで溢れる安心感、期待感。こういう気持ちにさせるのがヒーローというものか。そしてマジ強かったんだなジーニスト(信じてなかったんかいッ!)  でもさー、この世界ではそれが当たり前なんだろうけど、理想のヒーロー像を勝手に期待されてそれに応えるって、しんどいなぁ。ヒーロー側もヒーローたる者そうあるべし、という信念あるだろうけどなぁ。でもホント、ジーニストさんが来てくれたおかげで、ホークスさんの汚名が晴れそうだし、後はせめて轟家の問題だけにしといてくれや。荼毘、いや燈矢さんはすっかり心壊れてるのな。でも程度に差があれど連合の皆さんは死柄木くん筆頭にみんな心傷ついた過去から今に至る。ねじれ先輩炎に包まれる!ぎゃーー!命はあると思いつつ、先輩の美しい髪!美しい顔の心配もしてしまう!日頃から鉄壁のスキンケアをしていて多少のダメージはヘッチャラ!ってのを期待したい。毎回ヒーロー側がピンチに陥っているけど今回もまた!そ  こ  へ  ……!……ルミリオン!! 先輩だ!ミリオ先輩が復活してやってきた!ミリオ先輩のつぶらな瞳にも癒される。死柄木くんや燈矢さんのような暗く重い眼をしたやつを見てるもんだからさぁ!
 
 ●ONE PIECE
言ってること、かっこいいなあサンジさん「権力者の所望に女はなす術なく帯を解かれ、回り続ける女が一回転ごとに失っていくものは布きれじゃねェ!キミ自身だ!」 こんなんスルッと本気で出てくるんだもんなあ、さすがだよ。もちろんやっぱり罠だった。ちゃんとミッション名もある。「アーレートラップ」それでもブレないサンジさん、やっぱりさすがだよ。で、ゾロはアプーをざっくり斬って抗体確保。居合斬りの絵がかっこいい……!ゾロの和装はもうハマりすぎて、ワノ国編から舞台を移してもこのままでいて欲しい。ワノ国編がいつまで続いていつ終わるのか見当付かないけどな!マルコさんが飄々と現れる。余裕ありそう。余裕ある人って頼もしいな。鬼ヶ島が飛んでる!カイドウさんにはそんな力もあんのか!?なんとデカい移動要塞!
 
●マッシュル
神覚者たち登場。不死の神杖、とか、氷、炎、などなど、柱の皆さんのようになってきた!おっさんから寄生魔法虫を取り出して口の中で虫を舌で結んだマッシュくん。……テクニシャンめ……!
 
●ブラッククローバー
都合の良い泡ーーー!! なにやら培養ポッドのような中で回復中のダンテさん。ちょうど股間に泡が。まあ描くわけにもいきませんしね。ナハトさんの悪魔ちゃんたち、シルエットみたいに真っ黒だけど、それぞれかわいい。アスタたちの特訓のため置いていかれるギモデロちゃん。他の悪魔ががんばれよ、って感じに肩ポンするのもかわいーー!そして遠征隊?そうそうたるメンバーの中にセッケさんがいるーー!名前をど忘れして、セッケさんだっけフッハさんだっけって悩んでしまったセッケさんがいるーーッ!フッハーーー!セッケさんは、運や命根性みたいのを持ってるので、けっこう良い人材かと。お守り的存在というか。
 
●SAKAMOTO DAYS
奥さんは坂本さんの過去を知ってたんだ?夫婦たるもの秘密はナシってことで?奥さんが乗ったバスがバスジャック!大好きな漫画が打ち切りされたことに抗議して集英社ビル……ではなく秀英ビルに突っ込むとな。ああ、ちょっと気持ちわかりますね。私も今はだいぶ落ち着きましたが昔は荒ぶったものです。交通標識を振り回して戦う坂本さん。バス乗客の命がかかっていたのは重々承知ですが、器物損壊罪と道交法違反ですね。現状回復を求められますので、その道路を管理する部署へのご連絡と現状回復をお願いいたします(笑)
 
●Dr.STONE
昔の歌にありましたね。目と〜目〜で〜通じ合う〜〜♬  ゼノさんとスタンリーさん、目の瞬きでモールス信号。何伝えたんだろ?行き先かな?ここで撒かれても追いつけるもんな。ゼノさんの猿ぐつわされてるのを見て、箱に入れて背負って運ぼうぜ!って思いました。オールバック禰豆子ちゃん。
 
 ●破壊神マグちゃん
突然走り出したり、冷静になって躊躇したり、青春だなあ錬くん。応援したいよ。でも応援したいのは、なかなか上手くいかないだろうなってのが目に見えているから。きっといつかは上手くいくよ!数カ年計画で行こう!気長にな!?ナプタークも、いろいろ気の毒で暖かく見守りたいです(見守るだけ)  マグちゃん傘がかわいい。グッズ化希望。
 
 ●BUILD KING
冒頭ページで早速ナナさんはお尻の割れ目ご披露くださった。やはりお尻を出した子一等賞キャラでこのまま爆進か。ナナさん、先週はウンコもらしたわけではなく、ちょっと顔を出しただけだという。それは、……微妙ですな。さて、顔を出したという距離は何センチくらいですかな?ウンコネタ食いつきが良い私。男子小学生か!?災害級台風の中に建つ家。かわいいお家!芝生の庭に井戸、家庭菜園があってベランダテラス。窓から見える人影はツノがあってワイングラス傾けていますけど、このキャラいつか出てくるんだろうか。門のあたりに郵便受けポストがあるけど、配達員、ここに来れんのか?台風を抜けて大陸へ到着。ロールプレイングゲームで新たなフィールドに入れるようになった気持ちーー!ワクワクー!
 
●夜桜さんちの大作戦
良いですなぁ、イケメンジジイ。イケジイは良い。ワンピのレイリーさんが好きな私です。飯テロ。おばあちゃんの握るおにぎり見てたら食べたくなったー。シンプル塩むすびに海苔を貼り付けただけのやつ。炊きたてご飯で作ってすぐに1個食べちゃう時の美味しさ。
 
●僕とロボコ
ロボコが太った?ロボットとは……?と思いましたがその疑問はボンドくんの「だけどロボコだからなぁ」言葉で「うん、そうだな」と終わってしまうのだ!ロボコの今までの実績ですな。太っても太っても、ロボコの膝は立派にたくましい!
 
●あやかしトライアングル
猫の姿ゆえに、シロガネさんは抱っこされてる場面が多いのな。画楽さんにも抱っこされて運ばれてきたし、お風呂で抱っこされて洗われてるし。……予防接種とかも必要だろうか?タヌマロかわいい〜〜。またかわいい生き物、いや化け物が。私は同性なので女の子の肌の露出にはさほど興味がありませんので、こういうかわいいものを見てほっこりしたいです。または二ノ曲先輩のフンドシ姿を所望。
 
 ●灼熱のニライカナイ
お、次はお屋敷系サスペンス?
 
●ぼくたちは勉強ができない
私にはタイムカプセルの行事がなくて本ッ当に良かった!ぜったいろくでもないこと書いてた!コドモ唯我くんかわいい。年を経るとかわいいものに弱くなるのかな。そういやうちの父、昔はそうでもなかったけど今は猫にメロメロ、猫の奴隷だもんな。
 
●チェンソーマン
ひたすらひたすらバイオレンス。マキマさん有利すぎる。マキマさんの首が飛んでも誰かの首が落ちてマキマさんは元どおりなんだもんな〜〜。有利さを差し引いてもマキマさん、素手のガチバトルもお強いわー。デンジくんの胸に手ェ突っ込んで心臓引きずり出す。前も思ったんだがポチタの形した心臓、可愛いんだか生々しいんだか。
 
●高校生家族
春香ちゃんのコドモ描写が微笑ましい。こういうのもジェネレーションギャップって言うの?多くは年配者が若年層に感じるギャップに使われる言葉だと思うんだが。ここまでじゃないけど、同学年の子が大人びて趣味が変わってくると自分もそうならなきゃないような、そんな焦りはあったなあ。春香ちゃん猛勉強して語った女子高生会話「お金無いしなるべくGUかWEGOあたりでファッション決めたいなって思うけど」うちの県な、WEGO無いんだ……ZALAも無い。
 
●アンデッドアンラック
アンディに風子ちゃんと旅をした過去が実在したってことだなー。ラブいー。ラブいわー。笑ったアンディの顔が素敵です。そしてそれを見て顔を赤らめる風子ちゃんもまた可愛いったら!「私が好きなのは アナタだけどアナタじゃなくて」わーーい!告白も同然!アンディの表情も優しくて、ニヤニヤが止まらんー。
 
●森林王者モリキング
コーカサスオオカブトに対して「俺が行くぜ」と出てきた王器くんに思わず、いやサナギになって引っ込んでたほうが……と本気の心配。だが試合内容が「ケツしばきあいポーカー」これはもしやいけるのでは……。ケツをしばくので、下半身はパンツ1枚。意外なところで王器くんのセクシー下半身を見ることができたわー。なんだかわからんけど廬山昇龍覇みたいの出す王器くん。最後のコマも車田漫画テイスト。懐かしいな。聖闘士星矢。
 
●アグラビティボーイズ
「このテープのB面にJPOPが入れてあるぞ」あのー……それ意味不明の読者さんが多いのではと思います。テープとか、B面とか。良い思い出のようにクイズ大会の話が出てきたけど、ゲラルト王選手権って、いろいろ狂ってたなー。今回もな。愛憎劇。下手すりゃ闇系BL。
 
●仄見える少年
千手童子さんは次の身体を探している、って、物語として考えると、誰か身近な、知っている人間が千手童子さんに身体を取られて同化して、その千手童子さんと戦わねばならない、ってのがドラマティックかなあ?よくあるパターンではあるけれど。突然女の子登場。小町つむじちゃん。「すごく可愛い」と理久ちゃん談。私は少年ぽい、男の子的可愛さだなあって思ったんだよね。いっそ男の娘だったりしないかなー。
 
●ぼくらの血盟
血の武器化。漫画の内容と全然関係ないんですけど、母乳って主に血液から作られるっていうじゃないですか。武器化、母乳じゃダメですかね?もちろん弟くんは母乳出ないでしょうけど。あと、コレステロール値の高い吸血鬼の血の武器化も、武器の性能悪そうですね。ビジュアル的に、血は赤いのが重要だろうなあ。母乳が白いのは、母乳が作られる時に赤血球が排除されるかららしいんですよ。赤血球が重要?でなかったら吸血鬼は母乳吸ってりゃいいんだよねえ。乳母がいれば事足りる。

2020年11月22日 (日)

2020年週刊少年ジャンプ51号感想

●SAKAMOTO DAYS
並々ならぬ実力を持った人間が市井で穏やかに暮らしているが、いざという時その力が発揮されちゃうの、好きですー。あくまで家族やご近所さん守るために発揮されるその力。第1話からすでに妻子のある主人公って、少年漫画には珍しいかな。でも坂本さんはかっこいいし!太ってても、動ける人はかっこいいんだよなー。シンくんも「やっぱかっこいい、太っててもオーラが違うぜぇ」って言ってるじゃないですか。そうなんだよ!肥満体でも動ける肥満体はかっこいいのだ。組織を勝手に抜けたとして組織に命を狙われる坂本さん。えーー、5年も経って?その5年、もっと生産性の高いことに費やせばいいのに。でも優秀な人材が自分のところの人間じゃなくなるのは、敵対する立場に回られたらという不安もあるし、情報を持っていられるのも不安材料だよな。坂本さんなー、安西先生を思い出しちゃうんだよ。いつ「あきらめたらそこで試合終了だよ」と心の中でつぶやくのではないかと!坂本さんは喋らないからエスパーのシンくんが 心を読む。あっ、そっか、喋らないからシンくんがエスパーである必要があったのか。 坂本商店、時給850円。東京ってもっと高いんじゃないのか?東京のはずれのほうだからこんなもん?ちなみにうちの地域はこれより安い。

●Dr.STONE
ゴムがなかった時代、髪を束ねるのが難しかったのではないかとよく思ってた。ゴムの楽チンさに慣れると、ゴム無しで束ねるのはめんどくさいよなー、と自分の髪を束ねてる時そんなことよく思ってたんだよ。カセキのじーさん、ラボカーとのお別れは号泣していたのに、船を材料として破壊するのに躊躇無し!自分のそばで再生するには創作の喜びの方が強いんだろな。バイクがかっこいー!大急ぎで作ったと思えないかっこよさ!最後のページで運転しているのが見えたのは、ゲンくん、羽京さん、龍水くん、大樹くん。あと2台は誰が運転してるだろう。二輪車な、ワールドトリガーのヒュースみたいに乗れないヤツがいるからな。
 
●ONE PIECE
ナミさん無事で良かったー!本人もそう言ってる「ひとまず私が無事でよかった!」ナミさん、爽やかすぎるよそういうとこ。でもナミさんらしくて好きー。ヤマトさんの口に牙が見えた。ヤマトさんも龍になれるのかな。ヤマトさんかっこいいな!?まっすぐな信念!屋上に向かうルフィやサンジさんたち。しかしサンジさんの耳には女性のセクハラ被害を受ける声が!あ〜〜、こんなん、サンジさんが見過ごせるわけないじゃん!助けに行っちゃうでしょ、それがサンジさん、サンジさんの信念、生き様。
 
●BUILD KING
新キャラ、お尻を出して登場。とんかちくん「なんて平和そうな登場じゃ!おしりは平和の象徴じゃないか!」  なるほど、お尻を出した子、一等賞とも言うしな!お尻を出した新キャラは、けっこうなイケメン、鳶職、ナナさん。しかもオチとしてウンコもらしまで!今後もナナさんはこの路線キャラになるのだろうか!子どもはウンコが好きだから子ども人気が高くなるといいね!
 
●呪術廻戦
わりとめんどくさくて、術式の説明とか流し読みになっている私。それはそれとして、東堂さんの首に下げているペンダントの紐が切れて開いたそのペンダントには、高田ちゃんと虎杖くんの写真が!!これ、一瞬「ふうぇっ!?」っなりますよね、反応に困りますよね?真人さんもそうだったんじゃないの、一瞬隙ができた感じ。真人さん、俺の魂の本質掴んだ、とかで無為転変で姿が変わりました。異形であれども、かっこいいな。かっこよくてイラッとくるな。
 
●マッシュル
神覚者って、1人の称号じゃないんだ。じゃあ神覚者もピンからキリまでいるだろうな。とたんに絶対無二の存在から国会議員くらいの印象に変わった。マッシュくんが杖を擦り付けて摩擦で火を起こすの、あれってさー、かなりの力が要るよね。小学校低学年の時、学校の図書館で「冒険入門」って本があってそれを借りて読んで試した。今思えば子どもの力でちょっとやったくらいじゃ火は起こらない。本は火起こしのほか、水の濾過の仕方とか、水を集める方法とか、ロープの結び方とか、サバイバル入門っぽい本だったなあ。新キャラ続々と登場。イケメン多そうで、こりゃ楽しみだ。鬼滅の柱たちや、ブリーチの隊長さんたちみたいなのを期待しちゃう。
 
●僕とロボコ
ガチゴリラくんモテるのアタリマエーーー!お目が高いアカネちゃん!ガチゴリラくんの真価に気づいてくれる子いてくれて嬉しい〜って思ってたら、まさかの恋の障害、ボンドくんかよ!てか、マジで疑えるガチゴリラくんとボンドくんの距離感。ラッキースケベがガチゴリラくんとボンドくんの間で発生してる!いろんなラブコメ展開をこの2人でこなしてる!アカネちゃんの恋路はかなり険しいな!ガチゴリラくんの良さに気付いたアカネちゃんを応援したいが、ボンドくんを抱きしめて泣きながら助けを求めるガチゴリラくんの姿にはドラマチックが止まらんかったよヤバイヤバイ。
 
●アンデッドアンラック
この時代のアンディは服を着てるので、胸のタトゥーのことを知っている女ったら関係を疑っちゃうわな。ジョシュさん、突然現れた風子ちゃんを不審に思っていても、気に入って仲間になること認めて、そしたらその後、秒で風子ちゃんをかばって亡くなるとは!さっき会ったばっかりだよ!そんなことは関係ないくらい、情に厚くて優しい人だったんだろうなあ。過去のアンディにとって、この風子ちゃんが会いに行ったことは過去の事実だろうか?実際、アンディ自身が不死であることを風子ちゃんが教えて、戦い方が変わってしまった。アンディ自身は記憶がなくなってるとしても、過去に風子ちゃんがアンディと出会っていたというのは実際にあったことになるんだろうなあ。
 
●破壊神マグちゃん
スナックのママさん懐広い!でも「海があんだからタコやヒトデが来ても今更驚きゃしないよ」マグちゃんたち、海洋生物だと思われていた可能性……?マグちゃんがかわいいのはもう世の真理として、ナプタークもかわいさ上げてきてませんか!あらあらかわいそうに、って慰めてあげたくなるかわいさ。酔っ払いナプタークかわいい。でも実際にそばにいるとウザい酔っ払いでもある。ああ、ネクタイ頭に巻いちゃって、まさしく酔っ払い。酔いつぶれたナプタークのために眷属のヤドカリ呼んであげるウーネラスさん優しいところもある。ヤドカリちゃんたちもご苦労様だ。次の日二日酔いで苦しむナプターク周りで不安げにしてるヤドカリちゃんたちもかわいいなー。
 
●チェンソーマン
デンジくん、チェーンを使いこなしてるじゃないですか!進歩!戦う悪魔は、もう元のレゼちゃんやクァンシ様じゃないと思いつつ、倒されてるのを見るのは複雑な気分。(元)クァンシ様なんて、もうクァンシ様じゃないのにマキマさんを護る位置キープでマキマさんをガードしているのを見ると、女の子に優しかったクァンシ様を思い出すのだ。マキマさんとの戦いの前の前哨戦って感じでしたが、暴れ戦いっぷりは迫力ありました。戦略とか戦術でもなく、必殺技ってのもなく、暴力って感じのバイオレンスアクション。マキマさんは自分の血をデンジくんに。デンジくんをしっかり復活させるの?とか思いつつも、それより上体を屈めたマキマさんのお尻に目が言ってしまう〜。
 
●ブラッククローバー
ランギルスくん、性格が嫌味な所が変わってなくて、これはこれで良い。変わらないか、またはむちゃくちゃ変わるか、どっちかがいいと思ってた。でも兄があの兄だからなあ。やっぱ嫌味な性格でいてくれたほうがいいな。そして時々、わかりづらいツンデレを発揮してくれればいい。特訓中のアスタの閃き。うっかり期待してしまったリーベくんだったが、アホな閃きだったー。でもこれいいじゃん。試しにやってみよ?リーベくんはかわいくってたまらんなぁ。お菓子をむしゃりむしゃりと食べる姿に癒される私。食べ物を与えたくなる系。あ、あと着ぐるみ着せたい系。
 
●ぼくたちは勉強ができない
桐須先生が頑なになってしまった頃の高校生生活を取り戻そう計画。コロナ禍のせいで、文化祭等の学校行事がなくなった学校も多いよね。この先、それらを取り戻せるような明るい未来が来るといいなあ。
 
●夜桜さんちの大作戦
もうこのままで良い。太陽くん幼児化したまま進もうぜ。もじもじして六美ちゃんのスカートの裾を掴んでる姿は、殺香ちゃん同様、生き絶えるかと思ったわ!凄まじい攻撃力やん!その証拠に、あの、凶一郎兄さんですら動きを止めた!心臓も止めたよオイ!幼児太陽くんと添い寝して、太陽くんが元に戻った翌朝、ベッドで全裸の太陽くん(幼児の服なんて破けちゃったよね全部)  六美ちゃんが「大丈夫だよ  なにもないって」シーツを身にまとう太陽くん貞操を気にする乙女のよう。
 
●あやかしトライアングル
せつねぇ〜〜〜〜〜!二ノ曲先輩がせつなくて、救済と幸せを祈らずにはいられない!そして、すずちゃん!今まで、すずちゃんには普通にヒロインだな、くらいの気持ちしかなかったんですが、楽しいな、すずちゃん!ちょっとエッチなラブコメ少年漫画の男女の立ち位置が逆になってる感じです。すずちゃんのほうが空回りしてるの楽しい。祭里くんのフンドシ姿をセクシーだと喜んでいるのも良い。ラッキースケベで滑ってフンドシに掴まって男の股間を至近距離の眼前にするすずちゃん。祭里くんが女の子の姿にまたなるのが残念だと思ったよ!男の子がイヤ〜ん☆なラッキースケベ漫画もアリだな、と。そして二ノ曲先輩のフンドシ姿も見たいものです。
 
●灼熱のニライカナイ
私にとってモイライ三女神の名はファイブスター物語。名前の元のギリシャ神話ももちろん知ってるけど、モイライとかミューズとか、プレアデスの乙女とか、アスクレピオスの娘たちとか、ギリシャ神話は役割分担とかそれぞれになにかを司る設定をするのが好きだよねえ。教団の話はうっすら引きずりつつも、今回は他の漫画を小ネタに軽快なセリフの応酬がおもしろかったです。セリフの軽快さは田村先生らしいなあ。「あの呼吸壱の型」「虫とり柱」「過呼吸」などのセリフで、思わず鬼滅の柱の皆さんの呼吸が過呼吸になるのを想像してしまった。
 
●アグラビティボーイズ
なし崩し的に脱出。今回ちょっとドタバタしたなあ。この漫画はいつもドタバタしてるけど。そしていつもババの下ネタに頼るのはどうしたものかな。だが、ババから下ネタを取るといったい何が残るというのか。……なにかは残るよな?その、……わずかな痕跡みたいなものが……?
 
●森林王者モリキング
王器くんが恐怖でサナギの姿に!これはこれで期待通り!でもまさかの王我くんもサナギに!?どうした、この間までボスキャラ気取っていただろうに!そして、やってくれたで王香ちゃん。カーテンの向こうでシルエットがーー!いやぁ、焦った。しかし知ってしまった真実は結構なものだった。王香ちゃんたらお腹の中にそんなオッさん入れてたのーーー!?次々にラーメンをたいらげていく王香ちゃんにスケットダンスのキャプテンを思い出した!読み返そう。
 
●仄見える少年
千手童子は今の姿が「満足に動かぬ容れ物」って言ってるので、別のデザインでラスボスとして再登場するんですね。いろいろ姿を変えるのもいいかもなぁ。でも、姿ではなく雰囲気が、ラスボスにしては物足りなかった。オマエもラスボスになりたくば特訓して来い。理久ちゃんは、もっと派手な見せ場が欲しかったなぁ〜。ちょっと地味だった。伊織くんのほうに見せ場を作ってるのでしょうがないかなあ。
 
●ぼくらの血盟
トラックの運転手さん、この場で「そんな小さい猫なんてどうでもいいだろうがぁ!」って言っちゃうの、空気とか状況が読めてないなあ。でも、これがこのキャラの役割なんだよなあ。クズであることが役割ってキャラ設定はあんま好きじゃないけどね。主人公のために作られた人間、みたいのが。
 
●高校生家族
洲崎くんの未来。高校生家族(主にお父さん)に巻き込まれ、次第に妙なキャラ変貌する!どうかな?予想当たるかな?これ連載が続かないとわかんないよなー。

2020年11月21日 (土)

ダメだーダメだーもう寝るーー

ねむいーねむいー。起きてらんないよー。ジャンプは買ったー。でも起きてらんないー。寝るー。

2020年11月16日 (月)

2020年週刊少年ジャンプ50号感想

●BUILD KING
トリコの時にも感じてた世界観のワクワク!トリコの時は「食」で、今回は「住」  じゃあ次回作は「衣」がテーマか?新連載初回に次回作の話をするのも縁起が悪いな。これからいろんな大工仕事の工具なんかが武器として出てくるのかなー。いろんな興味深い建築のウンチクが語られるのかなー、漫画として想像と創造のおもしろ建築も出てきそう!絵本の中に想像の冒険の旅をするコドモゴコロのような、そんなワクワクさがあるんだ。「わぃは  平和を築ける」ドヤァァァァッ!でもこのドヤセリフに至るまでの流れと勢いが上手い!盛り上がる!そしてその後の迫力と圧倒的強さのバトル。スカッとする勝利。それもそこへ至るタイミングが上手いなーって思った。やっぱ、さすがだよねえ。あ、あと私、連続ハンマージャンプ移動が気に入りました。これは動かすのが上手いアニメーターさんがアニメを作るときっとおもしろいよ!?

●ONE PIECE
カラーではない扉絵にルフィがいるのが新鮮に感じられる。しかもルフィ単品。いや周りに動物はいるけれど。
マルコvsビッグマム  マルコはすごく劣勢ではあるけれど、マムと渡り合ってる。マルコさんてかなり強かったんだな。マムの判断ってすごく早くて行動が機敏であることよ。さっさとマルコとの戦いを後回しにして次に進む。爽快ですらあることよ。今マムって花魁衣装を着ていて、かなり華やかじゃないですか。巨体で機動力もありドーーンと進むその姿、デコトラのよう。または装飾した戦艦。ナミさん!ナミさんならウソついてもいいんやで?って思ったけど、どうしても譲れない一線なんだ。ルフィが海賊王になれない、って言うのはどうしても言えないことなんだ。久々にナミさんの曲がらない、曲げられない芯を見た感じ。そうだよ、ナミさんてそういう人だった。「だってなるもん……!!」ってべちょべちょに泣きべそかいてるナミさんがむちゃくちゃかわいいーーーッ!ワンピは今回995話。1000話までもうちょいだぁ。
 
●僕のヒーローアカデミア
つらい……荼毘さん(燈矢)の受けた心の傷がどれだけのものだったか、簡単にわかるとはいえないけれど、この状況、つらすぎる。エンデヴァーさんも、それなりに子どもを愛してたんだなあ。でも子どもに自分の夢を託してしまった。子どもに自分のヒーローになって欲しがってしまった。子どもを失ってもまるで反省できなかった。それは失ってしまったショックもあろうかと思うけど。私がつらいのはさらにメディアへ露出した情報による世間の非難。世の中に出回っている情報って、実際のところ何が本当なのか関係者以外にはなかなか真実を知るすべがないわけですが、それでも知った情報で感情が動いてしまう。流れた情報で誰がどう受け止めるかは止めることができない。最初に受けた印象で、その後どんなにそれを訂正する情報が出されても追加情報を見ない、見ても考えを変えることをしない人が多いということをネットで知ったなあ。一部の情報で脊椎反射のように正義感振りかざす人って怖いよ。今現在のエンデヴァーさんはそれどころじゃなく眼前の失ったはずの息子でいっぱいいっぱいでしょうけど、今後の「ヒーローとは」という在り方を問う問題になりそう。そこへ空から現れた、そいつの名は、ベストジーニスト!!おおおおおお〜〜ッ!!重い雰囲気払拭される!復帰おめでとう!生きててくれただけで嬉しいし!ホークスさんの汚名の一部は晴れるよね!?
 
●夜桜さんちの大作戦
敗北ですべて髪が抜け落ちてしまうのか。たしかに、髪の毛に尋常でないほどの機能を与えて動かしていたからなあ。髪に無理をさせすぎなドーピング。毛根もくたびれるわな。生きたいという欲求はたいていの生物は持ってるよね、本能という形で。ハクジャさんは気付いたら生かされていた。多くの人の命も犠牲にして。それを本人の望みを叶えた、希望を与えた、というには、ちゃんとハクジャさんやその他命を失った人に同意を得ようよ。今や重要事項の説明は義務ですよ。コンプライアンス〜〜。新たにケモ耳ロリッ娘の敵が登場。予想。この子、いつか身内に用無しとされ見捨てられるかしそうな感じ。どうだろうこの予想当たるかな。太陽くんのピンチに二刃お姉ちゃんとヒナギク室長のりんさんが登場。りんさん、凶一郎さんのこと「長兄」と書いてルビがバカ。耳で聞くとバカとしか言ってないのに自分の兄のことでしかないと認識する二刃さん。そしてりんさんは右手に二刃さん持って遠投、幼女投げ!いや戸籍の上では成人女性。
 
●Dr.STONE
やっぱ、クロムくんと違って、復活組人類なら場所が場所だけにパナマ運河のことを思うわな。超有名世界三大運河だし。でも何千年も経ってるならパナマ運河は使いもんにならんだろうなー。実際に現行使用している今だって水位を上げ下げする人の手や、その仕組みを維持する手入れが必要な人工物だもんなー。パナマ運河方面への囮役は、ラボカー!別れに涙するカセキじーさん。私も「ラボカーも仲間だったよ派」だな。だって探査機「はやぶさ」に号泣したもん。ゴムの木発見。ゴムの木からゴムが作られるっていうのは知ってたけど、樹液をお酢で固めるの!?お酢って言うと調味料みたいだな。そういやタンポポでもゴムが作れるとか。タンポポ摘んだ時の茎から出る白い液、あれもゴム成分。外国でタンポポゴムのタイヤが作られて後は量産化できるかってとこまできてるんだとか。タイヤにタンポポの花マーク付いてて可愛かったよ!
 
●僕とロボコ
扉絵でいったい何の漫画かと思った。宮崎先生、渾身のポエムか。円ちゃんが、顔芸だけでなくいろんな分野でのプロの実力を兼ね備えておる……!なんという女子小学生。そして釣りキチ三平を読みたくなった私。良いパロディは共助共存だと思います。ハンターも読みたくなったけど、そこはまず連載再開してもらわんとな。ちなみに私の母もサンターです。山菜に好かれているかはわかりませんが。『アピール対象が年季の入った職人みたいになった場合どうすればいいんだ!?』男子小学生の恋の悩みにしては難しいのを抱えてるなぁ凡人くん。
 
●呪術廻戦(SP番外編)
あ〜〜〜。ゆるゆるダルダルな番外編。そりゃな、いつもこんなんだったらアレだけど、番外編だし。釘崎ちゃんが元気にしてる姿を見られるだけでもう……!それにしても内容がけっこうかなり適当だな!?まぁそれも良かろう。
 
●マッシュル
わーいシスコンバンザーイ。ランスくんだーー!今までどこにいた?マッシュくんがまったく同じ疑問を聞いてくれました。ナイス質問。でも詳細な回答は先送りだ。いいのいいの、答えが知りたいのではなくて、ランスくんの出番が欲しかっただけだから。パーティにアベル様トランプ持参。けっこう気遣いするタイプ!アビスくんは「アビスは女の子のことをおなごというくらい 女の子に耐性がないんだ」うん、壊れた振動するオモチャみたいになってるね。うちの地域、年配者はおなごって言うよ。別に女性に耐性がないわけではない。
 
●チェンソーマン
世間の無責任にも思えるチェンソーマン推しに翻弄されるのかと思ったら、デンジくん喜んでるぅぅぅッ!こうなるとは思わなかった。「朝ジャム塗ったパンとかもう飽きてて……」そんなのもうどうでもよくなったのかと思ったら「毎朝ステーキとか 食いてぇんですっ!」わーーーーー、若いね。彼女も10人くらい欲しい、と。デンジくんのキャパシティ、なめてました。いやぁ、器、デカいですね。どうやったらマキマさんを殺せるのかと考えつつ、マキマさんのことをまだ好きでいるところもデンジくんらしいです。人を嫌いになるにはちょっとのイヤな所があれば嫌いになれるような気がするけど、デンジくんは好きでいられるんだなあ。……と感心したところで、そういやダメな男やめんどくさい女から離れられず好きでいる人間ってのも多くいるんだよなあと思い出したりもしましたが。悪魔を扱っているせいもあり、時折チェンソーマン読んでてデビルマンを思い出したりもするのですが、デンジくんのしゃがみこんでるポーズ、デビルマンでも似た絵があったなあと探したくなった。パクリとかいうつもりはないよ念のため。そんなん、誰もしゃがまれなくなっちゃうだろ。
 
●仄見える少年
センターカラー。昆虫っぽい霊怪の質感が良いな。本編は理久ちゃんの特訓風景から。建物の中庭(?)の池水を「全部持つ」という特訓。その内容よりも私はこの池を見たらなんだかモンスターと戦わなきゃならないような気に襲われた。ゲームでこんな池で戦った記憶が。なんのゲームだっただろ?千手童子とやらが饒舌。あまり喋りが多くなると大物感が無くなるような気がするなー。そういうイメージが私にはあるんだろうなあ。めっちゃお喋りでうるさい最強ボスというのもあっていいはずなのに。でも千手童子は踏み石かな。理久ちゃんデビューの。理久ちゃん学校の制服に着替えてるね。良いです。学校の制服が戦闘服なの好きです。
 
●あやかしトライアングル
この漫画が好きな読者はかわいい女の子見たい勢が多いのではないかと思うが、私はこのままバトル漫画になってもいいと思ってる。
 
●破壊神マグちゃん
マグちゃんやナプタークが太ったというのがよくわからなかった私。え?全然変わらず可愛いよ??でも最後にマグちゃんは小さくないと頭に乗せられないじゃん、というのを読んで、そういや全然サイズが違ってたなと認識する。ひょっとして私は姿形ではなくて、マグちゃんの本質を可愛いと評価していたのではないか!とデカいこと思ってみる。さすがにマッチョになったナプタークはちょっとキモいと思ってしまいましたが。錬くんのイズマくんに対するツッコミが的確!「運動量の多い男!」には、まさしくその通りでしかない!と膝を打ったわ。
 
●灼熱のニライカナイ
一応前回ひと段落つけて、今回は雰囲気変えて、というのはわかるのだが、突然感ありすぎる。今回みたいな話は好きだし、良かったんだけどさー。この唐突感は前作の時もあったなー。迷走していると感じられるんじゃねーの?でもまぁ、青い服のチカちゃんの巨大妖怪っぽいのが妙に気に入ったので良し。
 
●森林王者モリキング
王器くんはムリしないでいいのよ!?トンデモ甲虫のあいつらといっしょだと思わないで!王器くんは可憐なチョウチョでいいのよ!?
 
●ぼくたちは勉強ができない
今回桐須先生の、シャツにパンスト姿、ジャージ、スーツ、カジュアルジーンズとニットキャップ、回想で女子高生制服姿、といろんな格好が見られた。
 
●アンデッドアンラック
オータムの爪を見て、うっかり美味しそうだと思ってしまった。カニ食いてぇな。アンディを本に変える。すげえ。あまりに分厚くて、分厚すぎて、これが本だとすぐには認識できなかった。
 
●アグラビティボーイズ
ゲラルトが美人だなー。知的美女って私の好みなんよ。今のゲラルトは著しく知性が低下しているらしいけど、かといって男の時のゲラルトがその知性を魅力にできていたかというと、……どうだろう?たびたび知性がまるで感じられなかったような気もするんだが。クリスくんは男にも女にもモテる思うんだー。誠実で爽やかでかわいい。あっ!ゲラルトが超かわいい!ババのウンコのことをクリスくんにチクるゲラルトの表情が超かわいい!これは男に戻るのが惜しまれるな。
 
●高校生家族
美術の授業でのお父さんの画風が劇画調、ってので思い出したが、昔私の友人が、北斗の拳みたいな絵があるんだよ、と教えてくれたのがロセッティの絵。べつにモヒカンがヒャッハーやってる絵は無い。女性の絵が北斗女性キャラぽいんだよね(ロセッティのほうがずっと昔だってばよ)  そういうことで、それ以来ロセッティの絵を見ると北斗の拳もセットで思い出される。
 
●ぼくらの血盟
大型トラックを、運転手とハンドルだけ残して破壊、消失させるって、すごく力の使い方、コントロールができ過ぎなのでは。

2020年11月11日 (水)

ワールドトリガー第203話感想


●ワールドトリガー第203話
毎日毎日毎日毎日毎日!スクエアを買うのを忘れて帰ってしまい、今日!やっと買ってきました!今回こそホント電子書籍で買おうかと思ったわ。

ヒュースの自転車でGO! あんなに身体能力が優れていそうなヒュースでもすぐには自転車に乗れないのか。「オレから見れば曲芸に近い」 私から見た一輪車に乗ることのようなものかな?表情崩さずステシャーンと自転車から転げるヒュース。表情崩さず「やはりな 理屈の上ではこうなる」と自己分析するヒュース。やー、でもみんなで河原で自転車乗ってるって、なんかいーわー。青春ぽいわー。ヒュースはいつまでもいつまでも自転車上達しないか、または練習してむちゃくちゃ乗れるようになって自転車面白くなっちゃって、ママチャリで激坂を笑顔で登るようになるかになればよい(弱虫ペダルーー!)  選抜試験の事前アンケート。遠征に一緒に行きたい人、行きたくない人。ヒュースが「苦手なヤツ……迅の名前はないのか?」ないことに舌打ちするヒュース。ないならないでいいのに、一緒に行きたくないという自己主張をしたいのか。修が一緒に行きたい人5人までに、木虎ちゃん、菊地原先輩、出水先輩、東さんを選択、あと1人どうしようってのに、唯我先輩の名前がないって悩んでるの、名前があったら選んでたんだ?なんか……良かったね、唯我先輩……。選抜試験はチームシャッフル!こりゃまた楽しそうなこと、するじゃん?

2020年11月10日 (火)

2020年週刊少年ジャンプ49号感想

●チェンソーマン
巻頭カラーで早川家の3人。もう涙出ちゃう……。こんな風景、もっと見ていたかった。なんという尊い画。デンジくんコベニちゃん岸辺さん。どうやってマキマさんを巻いてこれたのか。私マキマさんを過大評価してる?マキマさんなら今デンジくんがどこにいるのか、すぐ突き止めることできるんじゃないかと。コベニちゃんも知り過ぎたので、マキマさんに殺されちゃう可能性大ってことで道連れ逃亡。両親と離れることができて良かったというコベニちゃん。ええっ!コベニちゃんの親って、もしかして毒親ってやつだった?コベニちゃんの稼ぎとか搾取されてたのかも。貧しくとも家族助け合って暮らしてる、コベニちゃんは孝行娘かと思ってたけど、強制的に孝行させられてたのかな……。普通になりたいデンジくん。「ヤな事がない人生なんて……夢の中だけでしょ…」ってそれが普通でしょ?って言うコベニちゃん。では今すでにデンジくんは、なりたい「普通」になってるってことか?コベニちゃんがどうやら辛い人生を歩んでるらしいということがわかった後の、このコベニちゃんのセリフ。重いいいいいぃぃぃ。私も今ストレス案件抱えてて辛いんですけど、これが普通、なんだ……普通…普通……。
 
●僕のヒーローアカデミア
荼毘さんがエンデヴァーさんちの長男、燈矢。用意周到な復讐劇は計画通り。これ、すごいタイミングでの精神攻撃と、ヒーロー像を引き摺り下ろすことが効果的過ぎる。たしかにエンデヴァーさんの過去やってきたことが跳ね返ってきたんだけど、なんとえげつない復讐。どうやったら苦しむかということをずーーーっと考えてきた復讐計画。でも、ここまで歪んだのは間違いなくエンデヴァーさんのせいなのだ。エンデヴァーさんがどういう対応、どういう選択をしても、本人は辛く苦しい状況になるだろう。てか、正気を保てるだろうか……。
 
●Dr.STONE
チェルシーちゃんは面白そうなことに飛びつく知識欲で生きる学者さん。こういう興味と楽しみだけで学問を究める学者さんが研究できる余裕のある社会であってほしい。今すぐ何かに役にたつ研究でないと切り捨てられる世の中でなく。役にたつ立たないは、別の人が考えてもいいと思うんだよなあ。または後世の人が。不景気で学問に先行投資するのが難しい貧しい世の中になっちゃってる。バイクのタイヤはぜひともゴム!ゴムの材料はゴムの木から取れるってのは知ってたけど、思えばゴムって植物由来ってこと?植物ってことはゴムって自然に還るの?って調べてみたら、植物由来100%のゴムは土に還るそうな。へーー。スタンリーチームのレーダー屋が、なかなかパンチの強い顔をしていた。ブリーチの剣八っつぁんのような。剣八っつぁんが椅子に座ってずーっとレーダー睨んでいると思うと可笑しいな。
 
●マッシュル
「ファンタジーだろそれはもう……」いやいや、本当なら魔法使ってるアンタらがみんなファンタジー。マッシュくんの常識離れした筋力は、アンビリーバボーってやつかな?
 
●ブラッククローバー
うぎゃーー!思わず叫ぶ!かわかわかわかわゆーー!ちっちゃいちっちゃいリーベくんの可愛らしさは心臓止まりかけるレベル!まったくもう、この小悪魔ちゃんめ!本当に小さいから、まさしく小悪魔ちゃんだ。ナハトさんは、いちいちヤミさん思い出させるものに嫌悪感を露わにする。それってさぁ、要は流せないほど気になるってことでしょー?さっ!腐女子の皆々様、出番ですよ、妄想奮い立たせるが良い!でも私はシャーロットさん推しなので!
 
●ぼくたちは勉強ができない
修学旅行〜〜!実際のリアルな修学旅行は、コロナ以前とコロナ禍の中での旅行とで、雰囲気が全然違う思われる。唯我くんと桐須先生ってば、大人なのに修学旅行の生徒のような鉄板ネタ。桐須先生は修学旅行未経験だったっていうから、2人で高校行事やりなおしてるようなものかも。そしていつもながら、桐須先生のお尻描写は気合が入ってらっしゃる。
 
●夜桜さんちの大作戦
瀉血って、昔の誤った認識医療行為って思ってたけど、いや昔のそれはほとんど効果がないどころか病状悪化させたケースも多かったというけれど、血液成分コントロールのために、現代でもごくごく一部で少量は、瀉血が行われてるそうな。太陽くんの刀。銃が刀に変わって、この瀉血で刀がいちばん役に立った場面。せっかく刀に変わったのに、いちばん効果が出たのは瀉血。てか、このための武器チェンジ?
 
●呪術廻戦
真人さんて、いろいろ考えて努力して、頑張り屋だなー。そしてそれに見合う成長。やってることクズだけど、努力と成長って、まるで主人公のようじゃないのさ。
 
●ポポ
これ、移民問題かよ……、って、宇宙人迫害や差別描写で思ったわ。ポポちゃんの本当の姿って、ツノあるのに鳥みたいな姿って、って思ったけど、宇宙人ならそんな地球の生物セオリーとカンケーないわな。地球人的先入観が働いてしまった。個人的に伏線である「もうすぐ食べ頃なのになあ」というつぶやきはストレートすぎる!って思った。
 
●アンデッドアンラック
人の人生を喰らい本にして読むUMA、オータム。喰らった挙句がツマラナイとか言われちゃう。なんてヒドイ。私も本にされちゃったらつまらない本になりそうで、へこむなぁ。そしてここでどうしてもジョジョの露伴先生思い出してしまいます。安野先生のダメ出し。「ムリだ 攻撃に工夫が足りない」「キミ達はルールに縛られすぎだ」なんとなく作品の批評、講評みたいだな?安野先生は明るく爽快でいいな。締め切り明けのハイテンションみたいな気もするけど、そもそも安野先生は締め切りに苦しむとかしたことあるんかいな?
 
●あやかしトライアングル
敵としての日喰くんが思ったより存在感と強敵感出してくれててよかったな。てっきり祭里くんに倒されるだけのキャラだと思ってたから。まあそうなるんだろうけども。
 
●僕とロボコ
スポーツ物に対する欲求が満たされた!ジャンプに1本はスポーツ物連載が欲しいと思っていましたが、まさかこの漫画でその欲求が満たされようとはな。さらに今回はパロ満載。私の気づかなかったネタとかもありそう。
 
●ニライカナイ
待って!笑いは……笑いは、どこ……!?  イルカ頭の存在が居ても、シリアスは出来るということがわかった。
 
●高校生家族
なんとここでもスポーツ物に対する欲求が満たされちゃったよ。オーストラリアンフォーメーションの書き文字だけでなぜかツボって笑ってしまった。
 
●仄見える少年
人であるはずの李花さんの顔が一番怖かったという。研真くん「天狗がかわいいのはもちろんそうだが」 もちろん!?それは当然だと言うのね!?天狗を育てていつかお別れするとしたら、研真くん泣くんじゃねえの?
 
●破壊神マグちゃん
ヤドカリまでかわいいだと?いったいどうしてくれる。ナプターク眷属となったヤドカリたち全100匹が、眷属としての従事がシフト制だとか、ナプちゃんホワイト企業だ。ヤドカリのみなさんは、しゃべりが全部平仮名なのがまたかわいいです。がんばれ小さき生き物どもよ。
 
●ぼくらの血盟
熊が人語を解して喋って共同生活送るとしたら住民の危機感もわからなくもない。例えが熊。私にとっては身近にありそうな例えなんだよ。あと、集団ヒステリー状態も、16世紀の東欧ならありそうだなーと思ったのだが、今の日本、新型コロナが流行り始めた頃の、新型コロナに罹患した人へのバッシングを見ると、いつでも起こりうることなんだな、と。
 
●アグラビティボーイズ
わ!普通にかわいいわ!わーわーわー!キュート!まさかのババまでステキなお姉さんと化すとは。「お前はマジで誰!?」ってグリスロウくんが叫ぶ。たしかにババが元の面影がほとんどない。効きすぎる体質?
 
●森林王者モリキング
王我くんが服を着てるーーーー!?

2020年11月 3日 (火)

ポケ森記録。スポーツの秋と洋館風。

スポーツの秋で、サッカーの試合風。

6db79df7e51a4981ac1c4be810c9af3c 

あと洋館風なんだけど、本当はこれにカボチャ転がしてハロウィン仕様だったのだ。写真撮り忘れた。ハロウィン過ぎてカボチャ撤去してしまった。

3255c0eb2a0e4e088d2a5303ef032eb49b71c66ce75a4138a7549bc5f7aa62fa

あ、その前に別のハロウィン仕様のレイアウトもしてたんだった。左側部分は写真撮ってなかったけど。

B54357b404aa46c0ba7e03f36c79e4c0  

来月はクリスマス、次にはお正月ですね。ポケ森は3周年ということですが、私は始めて半年経ったところなので初めてのクリスマス、お正月だー。

 

 

2020年11月 2日 (月)

2020年週刊少年ジャンプ48号感想

今週のジャンプの表紙はDr.STONE。コハクちゃんの学校の制服姿が新鮮〜〜。頭に乗っけてる本はダーウィンの種の起源。読んでたか?それともちょうど良いアイマスクとして?千空くんが読んでるのはアーサー・C・クラークの「宇宙のランデヴー」(邦題)だ。超有名作だけど、読んだことがない。アシモフとかハインラインとかのも読んだことない。そのうちそのうち、って思ってるうちに読みそびれている。うん、読もう!そのうち……。

●Dr.STONE
アマゾン踏破は無理。南米大陸をぐるっと大回り?パナマ運河は使えないのかなー。でもパナマ運河は何千年も経ってれば使い物になっていないかも。スエズ運河と違ってパナマ運河はところどころ仕切って注水、排水して水面の高さを調節して船に陸を越えさせる仕組み。その仕組みが生きてないと無理だもんなー。まあ運河を越えたとしてもまた大陸中央部に進まなきゃならんのだがな。そしてここに来て新キャラ登場。地理学者チェルシー。私もド近眼なんですけど、裸眼ではこんな顔してんのかな。そしてこのストーンワールドでは近眼女子は瓜系のものをかぶりたくなるのだろうか。最初の登場のシルエットは、どういう謎動物かと思ったわ。眼鏡っ娘チェルシーさんかわいい!地理学者チェルシーさんのアドバイスによりバイク南米横断ルートでGO!バイク……全員乗れるのかな。自転車乗れないとバイク無理じゃん!一人くらいは乗れなさそう〜〜。あ、バイク作るのもたくさんは作れないから二人乗りかな?組み合わせが気になる。
 
●僕のヒーローアカデミア
なんか、どうにもならんなー……。コイバナできたらトガちゃん満足できたのか?いや、できないし。この状況下でお茶子ちゃんがいっしょにコイバナしてくれるわけないし。噛み合わない。噛み合わないんだよ。お茶子ちゃんとトガちゃんは「違う」  そりゃもういろいろ「違う」  けれども「同じ」ものもきっとあるんだ。違うのは「かわいそう」ではないはずだけれども、生きにくい。「うん そうだね   ありがとう  ばいばい」  どんな気持ちで言ったのか。かっちゃん生きてて良かったし、はやく病院へ運んでー!って思ってるけど、退場も寂しい。いや生きてナンボ、生きてこそだけど!ねじれ先輩はあいかわらずキュートだわぁ。そしてとうとうギカントマキア現場到着。向こうも死柄木くん、死柄木くんの中の先生、ギカントマキア、とそれぞれ三者三様のやり方、考え方があるだろうし、どう動いていくのか。
 
●ONE PIECE
菊之丞さん生きてた!良かったぁ〜〜。カイドウさん「死は人の完成だ」そういうふうに考えていたのか。ああ、だから「別に殺されてやってもよかった」って前回言ってたのか。どう死ぬか、死に様に意義を見出す考え方か。ニワトリのSMILEのフォートリックさん、キリンのSMILEのハムレットさん、排泄はどこでするんだろうなーと考えてしまった。フォートリックさんのほうはケツ穴がなくない!?ハムレットさんは名前にふさわしく(?)セリフが芝居掛かっている。普段の会話もこんなだったら鬱陶しいかも。バイオ兵器がえげつない。えげつなさすぎる!クイーンが憎ったらしいなあ!ヤマトさん「キミのために死ねる!」うわーー今時ストレートにこんな熱いセリフ、なかなかお目にかかれないよ!
 
●チェンソーマン
泣いた。泣いた。全私が泣いた。適当なその場限りで 自分勝手なパワーちゃんも、パワーちゃんらしくて好きだけれど、そのパワーちゃんが「でも……!デンジは……ダメじゃああ…」「デンジは…初めてできた……友…達」 警報!警報!涙腺が決壊しました!意識下のデンジくんとパワーちゃん。くっついて頬ずりしても、エロさではなく猫の仔がくっついている感じで、尊い。デンジくんも、生きててもパワーちゃんがいないからいいこともない、って言ってるのが……警報!警報!涙腺決壊、警戒レベル上がりました!涙止まりません!明日のまぶたは腫れるでしょう。いやもう、嗚咽。横隔膜も痙攣してヒックヒックいってる。はやく地獄行ってパワーちゃんを探そ!?そしてそれは生きることを放棄していたデンジくんの生きる目的にもなったのだなあ。
 
●ブラッククローバー
主従契約ではなく、「友達になろうぜ!」アスタらしい申し出。「アイツ馬鹿ですよ ナハトの旦那」「……そうだな」リーベにも「やっぱりとんでもねーバカだよオマエは」 と、バカ認定を受けるアスタ。でも高い評価ですから!それ高い評価ですから!リーベの名前ですが、イッヒリーベディッヒのドイツ語よりも、元素周期表の語呂合わせのほうを思い出してしまう。だからリーベの名前が出てくるたび私の脳内では「(水兵)リーベ(僕の船)」と名前の前後に余計な幻覚が。糸目キャラナハトさん。ここぞという時に目が見えるのは糸目キャラの醍醐味ですよね。これからの戦いは憑けてる悪魔が相手の能力や力みたいなっていくのかなー。スタンドみたいに。
 
●アンデッドアンラック
センターカラーの扉絵でのタイトルが平仮名だったので、ここでの表記も平仮名にすべきか迷った。風子の赤ずきんちゃんハロウィン仕様でした。かわいい。本編。ジュイスさんが真面目に「きみつた」と略称で喋っているのがジワる。きみつた作者の安野雲先生はループを知ってる?実際にあった出来事を思わせる題材を漫画にしてる。 じゃあサッカー部襲来編はいったいどんな出来事だったのか。気になりすぎる。どうせなら本編で「これがあのサッカー部襲来編か……!」という話をやってほしいくらいだ。安野雲先生登場。女の人?って思ったら違ったか。漫画家らしくジャージにクロックス。漫画家のユニフォームっぽい!(偏見)  Gペンで空間に絵を描く能力?おもしろそう!
 
●夜桜さんちの大作戦
せっかくの刀だけど、今回その刀のかっこよさは出てこなかったなー残念。それよりもハクジャさんの脅威のバトル中にこっそり髪の毛でメッセージ送っちゃう力がすげー。このために太陽くんが目を強化して戦うことまで見越していたってことか。過去の事実が明かされる!太陽くんの家族について。太陽くんがすぐ文字を読める人間でよかったなーこれ。見ると読むは違うでしょ。読むのが遅いタイプだと、ああ、今の文章もういっかい!ってなるからなー。
 
●呪術廻戦
突然メカ丸くんとのお別れから始まるなんて、反則だぁ!(泣)  いつまでもチビメカ丸くんのままでもいられないのはわかっていたけど、心の準備が整わないままの不意打ち。真人さんがナチュラルに東堂さんのことチョンマゲゴリラって呼んでる。今、学校でのあだ名問題が上がってますので、呼ぶ時にはよく考えてなー!?『だがこれにより三者其れ其れが    120%の潜在能力を引き出すに至る!』えっ?これによりって、どれにより? 文のつながりがよく分からなかった。なんとなく雰囲気で読めちゃいはするんだけどー。
 
●逆襲シャトル
金未来杯。おっ、スポーツ物。ジャンプになかなか根付かないスポーツ物。そうだなあ、スポーツ物が連載に1本は欲しいなあ。作家さんの好きな漫画はナルトにジョジョってことだけど、スポーツ物だから?ハイキューと似た雰囲気が感じられる。バドミントン。遊びでシャトルの打ち合いっこはやったけど、そういや競技としてのバドミントンはルール全然知らないやー。競技や試合の雰囲気は良かったんだけど、ストーリーらしい部分は少なく、面白かったかと問われると、どう答えていいか困るなあ。期待値はあったけど。
 
●僕とロボコ
センターカラーですよ!よぉし!このまま大人気作になぁ〜れ!ガチゴリラたちがあいかわらず優しい。優しさギャグ。ロボコの妹登場!妹……?まあドラえもんにもドラミちゃんがいることだしな。妹の厳しい指導。パンツ禁止、クソ男飯禁止、ビーム禁止。これではロボコだけでなく私にもダメージがありますよロボミちゃん!……で、パロディは担当さんだけでなく作家さん本人にも了承は取ってるんですかね?
 
●マッシュル
人形のお口の中からコンニチワ攻撃は良かった。意表を突くバトルっての好きなんだよ。ただしその意表を突くってのは、突然こんな技が!って知らん情報出されるのではなく、既知の状況から出されるものが好みです。マッシュルはオセロみたいな漫画だなあ。敵が味方になっていくのはジャンプセオリーともいえる少年漫画鉄板ですが、その展開が早い早い。パタパタとオセロのコマひっくり返して自色を増やしていく。
 
●ぼくたちは勉強ができない
水着でも、こんだけ密着してお風呂はドッキドキですよねー。でも夏美ちゃんの水着まであるのはなぜだ。昨今は幼女の全裸のほうが問題になりやすいかもねー。
 
●ぼくらの血盟
おお、展開がハードになってきたぞ。
 
●灼熱のニライカナイ
こちらもハードなことに!人は海に上がるため足を生やした、海に戻るなら足は要らないって、そりゃあ魚類からしたらそうかもしれんけど、魚だって尾びれないと不便でしょう。人だって海の中で歩かないっても足は無いよりあったほうが良さげな気がするんだけどなあ。そしてカニの立場は。アイツら足がたくさんありますぜ?
 
●あやかしトライアングル
シロガネさんが元の姿になった。かっこいいけど、もったいない?うんとレアで見られない姿でいて欲しかったような。今の話が決着ついたら簡単にまた封印されそうな気もするけどな。
 
●破壊神マグちゃん
そういや私もハロウィンに全く詳しくないことに気付いた。ハロウィンのグッズや仕様にちょっとだけ興味がある程度で、私にとってハロウィンはメタルバンドのハロウィンとバスタードでの魔法の呪文である。私と同程度にしかハロウィン知らないのに、クッキーを作ってきた流々ちゃんには完敗な気分です。ウネさん登場。いちばんハロウィンっぽい!あれ?海外住みなんだっけ、すっかり忘れてた。ハロウィン詳しいかと思ったら、単なるコスプレ好き!?イズマくんの学ラン姿が真人間のコスプレって!?いろいろ間違ってると思うけど学ランコスプレは私が喜ぶので良し!その頃のナプターク。けなげに働いておりました。なんだこの遠い国でがんばって就労研修している人のような、励ましたくなる存在……。
 
●高校生家族
たしかに高校ではめったにないだろうけど、社会に出たら同級生の親が同僚、同級生の子が同僚ってのはよく聞く話なんだよ。
 
●仄見える少年
研真くんがキモかわいい天狗をナデナデしている図。あーーー天狗がキモいけどかわいいよぅ!伊織くんは千手童子を祓うと決めているのはケジメなんだろう。でもな、そっから普通の男の子に戻るって、それほどの腕前の持ち主をお姉さんが手放して自由にさせてくれるかなあー?
 
●森林王者モリキング
季節はもうカブトムシがとっくに寿命を迎える頃なんだが、作中はまだ夏でしたな。「虫のびっくり豆知識」あっ!これ昔聞いたことある!アメンボは甘い匂いするからアメンボって名前なんだって!役立てる機会もない知識だったので忘れ去っていました。匂い嗅げるほどアメンボの近くに行ったこともないし。さて、シルエットで次なる敵が現れたようですよ!シルエットの四天王的なキャラクターは、まだキャラデザ決まっていないということもあるので、もしシルエットと違ったやつが出てきてもそっとスルーする思いやりを持とう!
 
●アグラビティボーイズ
アホで下品なエピソードが続いていてうっかり総合的事態を把握しづらいのだが、なんだかんだで異星間交流を深め情報や人脈を広げつつあるじゃないか。わかりづらいが、話は進んでいる!クリスくん誘拐事件。クリスくんなら女じゃなくてもいい、むしろ男の子バンザイってなったりしないかなあ。または、男子禁制の星へ救出に行くため、性別反転の薬ジェナダイバージョンで性別反転したババが気に入られるという事態もあり得るのでは!?次回はアグラビティガールズだ!楽しみだーーー。掲載が安定の巻末で心配だけど、がんばれええ!

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »