« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月26日 (火)

ポケ森記録。お正月。

お正月は和風な新年の集まり風な。

A1966c28548444638229fa84ccd6645a

0984af00998640919d53c1a3620c1c2c

C143c5648f634c14a2e8625ccd85a6a0

E95b86b4a4a04073a7259e1eabd925eb

6e9ab7f78c5d49fd90c9307294aa7438

コツコツ貯めたリーフチケットで着物も作ったし!

Bcbca3c88b994da48b823f361db1fa50

もともと和風が好きなので楽しかった面白かったーー!

2021年1月24日 (日)

2021年週刊少年ジャンプ8号感想

●逃げ上手の若君
なんと、松井先生の新作は歴史モノ!?歴史好きの私としては嬉しい限り。ただ、この先の史実とされている出来事を知っているから辛く思うこともあり。私はネタバレしてても楽しんで読めるタイプなのでかまわないんだけど。ネタバレしていいですかね?ネタバレっつか、時行の最期は確かわかってないんですよね。まあその年齢の時行まで描くわかりませんけどね。諏訪頼重がおもしろかった!落ち着いてればイケメンだけどはっちゃけてる時がまさに松井優征キャラ!初読の時は後光の明るさ切り替えがツボにハマって爆笑してしまった。停電時にランタンとして側にいて欲しい人です。歴史モノだけど、ただ歴史を追うだけではない個性派エンタメ漫画なることを期待と希望。

●僕のヒーローアカデミア
刑務所の名前、紫安(しあん)、婆柩(ばあぐ)、九隠(くいん)。これなんだろ?って調べたら、みんな監獄関係に関係ある名前だった。そのものズバリなネーミングじゃないけれど。かっちゃんのお目覚めは嬉しい。負傷はしているものの、とりあえずいつも通りのかっちゃん、元気そう。起きてすぐに「デクと轟は」と気にかけてくれたことも嬉しい。でも轟くんは、自分の父、兄の問題も抱えてしまった。やはりというか病院に押しかけるマスコミ。マスコミがウザい思いつつも、逆にヒーロー側が隠蔽体質でなにもかも内密で事が行われていたとしたら、ジャーナリストは察知し追求すべきなのか。知る権利、暴いて追求すべき案件、踏み込むライン難しいよねえ。轟くんの病室に、轟くんのお兄さんお姉さん、そして……もしかしたらお母さん?お母さんだったらいいな。さらに都合のいいこと考えれば、お母さんにはハイパーブリザード雪女と化して燈矢の炎を消して欲しい。もともとそっちの個性はお母さんの個性なんだし。まあその役目は轟くんなんだろなーとは思うけどね。デクくん目覚めず。かなりの重傷だったもんな。よし!ここは、ここぞとばかり睡眠学習!睡眠修行だ!
 
●Dr.STONE
人造ダイヤモンドはかなり昔からあるって聞いた。最近のは見た目だけなら鑑定師でも天然ダイヤと区別がわからないレベルだって。ダイヤモンド査定用の器具を使うそうです。私は綺麗だったら天然でも人造でもガラスでもどうでもいいなあ。あまりアクセサリーを身につける習慣はないけれど、キラキラしたものを見るのは好き。あっ!思い出した!遺骨、遺灰の炭素からダイヤモンド作るサービスを提供してる会社があるんだ。そんなバカ高いわけでもなかった。0.1カラットで30万円くらい、2カラットで250万円くらい。今回のダイヤモンドに限らず、科学の実験好きな人間はこの漫画読んで試してみたりするのかなー。ダイヤモンド作ってみた、とかいう動画が現れるかもなー。……って、そこからついうっかりミョウバンや塩の結晶作る動画をずっと視聴してしまった!そして全然今回の話の内容がさっぱわからない感想に。
 
●呪術廻戦
そういや「呪術かいせん」って、変換できないって話題が出てたなあ。呪術海鮮だと、ちょっと美味しそう。呪力。他の国にも呪いの術はあると思うけど、この漫画では日本の平安時代の呪術の流れをくむ呪術が強大な力を持つ世界ってことか。こういう超常的な力や現象に国が出てくると、いつだかの時点で国境を決めた人間の言うことに従っているのか、っていうのをちょっと考えてしまう。最初から国家ぐるみの話なら別だが。九十九さんの大物感が感じられない。大物はそんな余計な雰囲気を纏わないのが大物なのかもしれんが、組織の気さくな事務のお姉さんみたいだ。九十九さんスゲー、九十九さんさすが、みたいなやつがちょっくら欲しいな。伏黒津美紀さん目覚める……?あんまりよろしい目覚めじゃないけど、美人の出番が増えるのは嬉しいぞ。ところで偽夏油さん、偽夏油さんに限らず、こういう感じに額に傷があるキャラは、パカっと頭が開いてサザエさんのタマが頭頂部持ち上げ踊るという想像を止めることができないんですよ私。困った癖がついたもんだ。
 
●ブラッククローバー
あっ!魔導学者モリスさんの額にも傷っぽいあとが。タマー、出ておいでーー!ナハトさんの「悪魔同化モード:フェリス」の姿のデザインがかっこいい!眼ェ充血してるけど。二人の最上級悪魔のデザインもなかなか。二人並んで少しシンメトリーぽく対称になってるのよね。でもさー、こっちからすると、この悪魔さんたちは突然出てきたようでいても、この悪魔さんたちは今までなんらかの毎日の生活を送ってきてるんですよね?こいつらの日常生活、想像できねェ〜。
 
●マッシュル
センターカラー。マーガレットさんて、こういう色合いなんだ?……で、マーガレットさんの顔のト音記号と四分音符を見てて、ふと思いついてやってしまった。私、手首にホクロがあるんですけど、ボールペンで書き加えて四分音符にしてしまったアハハハハー!母性が発現のマーガレットさんに好感度が上がる。あれ?メイクでわかりづらいけど、あれがメイクなのかもよくわからいけど、マーガレットさんて、けっこう男前な顔なんでは……。そしてマッシュくんも。最後のページのマッシュくんの横顔!誰かと思ったわ!端正な美形顔〜〜。
 
●破壊神マグちゃん
たしかに、武器というか、兵器として考えた時、普通の豆より納豆のほうがダメージありそう。納豆が嫌いでなくても精神的に来る。納豆を投げつけようとしたマグちゃんに流々ちゃんが「よせ!!掃除がめんどい!!」と制止。おお、その通りだ。なんと実務的な説明。倫理的なしつけより、時にはこういうしつけも良いかもなと感心した。聖騎士の末裔イズマくんと破壊神マグちゃんの戦いに割って入って止める流々ちゃん。え、流々ちゃんてば何気に実力者?後日学校に転校生としてやってくるイズマくんだけど、転校初日挨拶に「聖騎士団所属 イズマ キサラギだ」聖騎士団……そして日本の普通の学校で欧米式に姓名の名前を先に名乗る自己紹介。この転校生を前に私だったら平静でいられないな。
 
●SAKAMOTO DAYS
死ぬ覚悟がないことをバカにしてる刺客だけど、諦めて死ぬより生き延びるほうが難しいでしょ。生に執着して判断を誤ることはあったとしても死ぬ覚悟があるほうが偉いという価値観はどうかな〜〜?先週に引き続きシンくんのアクションが良かった。心が読めるシンくんの能力の使い方、坂本さんがバトルのセコンドに入って指示を出すという使い方はおもしろかったなー。バトルにおいての読心能力のおもしろい使い方だった。
 
●僕とロボコ
膝になったロボコ……。読んでない人には何言ってんだというわけわからん文章。でも、事実なんだ。ロボコは膝に……膝になったんだ……。ガチゴリラの流れるように口をついて出る語彙力が私にも欲しい。
 
●あやかしトライアングル
「妖術 白金毛球」 お腹から毛だまを発射するかわいいワザかよ〜〜!せっかくならそれでファーボールのバッグチャームを作りたい。あ、でも妖力が無いと見えないのか。二ノ曲先輩と祭里くん。もし、すずちゃんが最初から存在しなかったとしたら、2人の仲を私も全力で推す。
 
●ツクモギリライフ
1話にぎゅうぎゅうに詰め込んだなー。これらの材料ならもっと長い話でもいいと思う。ただし、読んでみなけりゃ、長くしたところで面白いかはわからないけれど。1話だとある程度ネタバラシしなきゃならないので、説明に大忙しになっちゃう。連載だったら、私は「わからない状態」で話を進めるのもいいと思う。謎を抱えたまま。ただし、わけわらん状態内でも面白く読めなきゃ読んでもらえないけどネー。ぎゅうぎゅう詰めのせいで、登場人物の気持ちを描くのが唐突さを感じる部分もあって残念。思い切って捨一部分捨てて、かわりにジライヤさんの二重人格的な部分をもっと出した方が私としては面白かったんじゃないかなーって思った。
 
●夜桜さんちの大作戦
敵対組織として、タンポポのほうもキャラ立ってきて面白みが出てきたねえ。皮下さんはそのままだとちょいちょい憎ったらしいことも多いので、もっと苦労してかわいそうな目に遭うくらいがちょうど良いと思うので、まわりの皆さんはもっと無秩序になれー。二刃お姉ちゃん「先陣切るのが長女だろ」かっこいー!でも、その理屈なら、長男というあなたの兄もいますけど。
 
●アンデッドアンラック
安野雲先生も、ずっと戦っていた……!涙出そう。誰にも存在を知られることなく、ずっと戦っていたんだ。安野先生の腕がァーーッ!世界を救うキッカケは作った!でも、漫画描けなくなっちゃうーー!
 
●BUILD KING
ホテル列車!!!!  ああ、なんだってこうしまぶーはワクワクさせる世界を描いてくれるんだ!少年の心を鷲掴みだろぉ!?そして、クセのありそうな他の受験生とともに、ライセンスを取るための試験が始まるだと?ハンター試験を思い出し、読み返したくなるわー。そしてもうすっかり忘れつつある連載中断時のストーリー……。
 
●灼熱のニライカナイ
チャコちゃんは、普通に日常生活を送っていようが、拐われようが、そのわけわからん力で周囲を困惑させて欲しい。いや、カンタンに拉致されんなよー、って思ったけど、結局はコドモなのでしょうがないっかー。七瀬ちゃんの銃を撃つ合図で現れたのは梶金之助……!うわーーーッ!カジキンかっこいーーー!そうだわ、バトル担当かっこいい系キャラは複数欲しいよな!?と、今更ながら思い出す。なんせ今まで私はこの漫画に、ほとんどギャグしか求めてなかったからー。
 
●仄見える少年
神崎先生は度重なる医療ミスで医学界を追放されるが、勝手に医師を続けて患者死なせるわ違法行為するわの人生。医者、向いてなかったんじゃん!医者辞めてれば良かったんじゃん!伊織くんが前向きになって、いい感じにまとまる雰囲気出してたので、最終話かと焦った。
 
●ぼくらの血盟
こっちは終わった!打切り感が半端ねェ。これなんだよなぁ。どんなに連載だからって長いお話を想定して物語を作っても、いつでもやめられるように話を作らねばならない。お話を開いたら、閉じるのもプロの仕事だから、と私は思ってる。でも、これはあまりに突然に打切り告げられたんだろうなあ。
 
●高校生家族
よくわからん序列関係になってるバレー部がアツイ!そして教室で食べる炊きたてご飯も温かいのだ!

2021年1月19日 (火)

2021年週刊少年ジャンプ7号感想

●Dr.STONE
たとえ全て電池切れとはいえど、おびただしい数の石化装置、数の恐怖を感じてしまう。クロムくん、なぜこれほどの量の石化装置はレーダーで見つからなかったのかという気付き。レーダー感知されないように作られているらしい石化装置を船に山ほど貼り付ければステルス艦なるんじゃね?という気付き。頭のいい人というのはこういう知識からの応用、発見ができる人なんだなあ。千空くんも気付いて思いついたかもしれないけれど、クロムくんとは条件が違う。クロムくんが過去に存在した人だったとしたら、さぞかし偉人として歴史に残ったのではないかなあ。でも人が良すぎて要領がちょっと悪かったりして、半分くらいのお手柄は誰かに横取りされていそうな気もしなくもない。この漫画ってさぁ、すでに今知られている知識スゲエー、で、今流行りの異世界モノに似たものがあります。もちろんそれらよりかなり科学に踏み込んで入るし、私にとって知らない知識が山盛りですけれど。科学は今の私の生活に活用され住みよい暮らしをさせてくれている。太古古代から綿々と続く発見者、科学者たちをリスペクトしたい。おかげでインドアなオタクとして生きていけます。狩猟や採集で生きていける自信がないよ。

●ONE PIECE
ローがクッソかわいいじゃないですかぁ!最初から自分は錦えもん達を下に逃がすつもりだったのが、ルフィが指示を出したようなタイミングで、ローが指示に従ったようなタイミングになっちゃったことへのムカつき。ルフィにさえも「いいじゃねェか どっちでも!」と言われる。でも譲れない。あ、アンタの言うこと聞いたわけじゃなんだからねッ!みたいな感じになっちゃってるじゃないのさーー。かわいいーー。そこ気にしちゃうんだークッソかわいいーー。しかもその後、くだらない企画持ちかけ意地はって3人揃って攻撃をくらうルフィ、キッド、ロー。ほらぁ、ゾロにツッコミされてんじゃん。アホかわいいなあキミたち!この台頭してきた若い力、バトルもワクワク感。悲壮な感じがしないところ良い。カイドウさんも心なしか楽しんでる感じがするんだけどナー。
 
●呪術廻戦
脹相さんのお兄ちゃん力が炸裂だぁ!困惑しちゃう虎杖くん。パンダ先輩も少々困惑。まぁ無理もない。脹相さんは全力でお兄ちゃんだ。九十九さん登場。けっこう大物の投入だなあ。え!?ここで九十九さん使っちゃう?みたいな、けっこうもったいないカードを切ったような感じしちゃった。
 
●マッシュル
マッシュくん、こっそりシュークリーム食べるための本気走りかよ。レインくんは、魔法の呪文の詠唱無しで、杖から力を取り出すって、ああ、剣で言えば「ほのおのつるぎ」とか、杖だと「いかずちの杖」とか「さばきの杖」みたいな。……ドラクエやりてぇなあ。
 
●ブラッククローバー
ダンテさんを倒す力は無いまでも、ダンテさん無視して蹴り食らわすナハトさん。ダンテさんも「私を 無視するな」と割り込んできたけど、もしかしてガン無視したらどうなのか。イジメですな。どうかな?ダンテさんの好きな悪意ではありますよ?ジャックさんの少年時代が線の細い文学少年ぽい。ちょい美少年じゃね?13歳時にはすでにカマキリ成分強くなっちゃってきてたけど。
 
●僕のヒーローアカデミア
監獄タルタロス襲撃!一旦退却かと思ったら、アクティブすぎるなオールフォーワン!あれ?もしやこの収監されてるのはオーバーホールさん!?少し印象変わってて誰かと思った!オールフォーワンは死柄木くんに対し「君は大切な大切な 次の僕さ」って、大切なのは死柄木くん本人でなくて、本当に次の「僕」になる器である死柄木くんというように聞こえるんですけどーー!それって、駒ですらねえッ!「これは僕が最高の魔王になるまでの物語だ」まるで漫画やラノベの主人公のようなセリフを。中2病をそのまま成就させちゃうのかよ。でもやれるだけの実力や計画性があって経年の重みがある。さすが夢見がちな中2で終わってないよオールフォーワン。
 
●SAKAMOTO DAYS
半径20メートル以内とか、けっこう集中しないとダメとか、シンくんの能力には条件が。制約をどうクリアしていくかというのも面白いですよね。坂本さんとの便利な通信装置の印象がほとんどだったけど。今回はシンくんのアクションが派手でした。通信装置なだけじゃないよ!
 
●僕とロボコ
すげえ。すげえよ。エンタメパワーがカンストする勢い。そしてマジで緊張感でドキドキした!こんなに心臓を高鳴らせてページめくる漫画に出会えたことに神に感謝する。そう、今回は私にとって神回と認識されています。ガチゴリラとモツオくんのミッション成功に賛辞を送りたい。キミたち最高や!心震える!あーーおもしろかったーーー!
 
●夜桜さんちの大作戦
戦いの前のひと時ってやつか。私は家族でカラオケって、ダメな人種です。家族の前でなんか歌えない。辛三くんの半裸は良いのう。眼福。楽しませてもらったぜ。出番ちょっとだったけど。
 
●怪物事変 出張編
もう「保健室の死神」が週ジャン掲載されていたのがけっこう前なんですよねえ。時の流れ……。怪物事変は1巻だけ読んで、その後ワートリがスクエアに移籍してスクエアを買い始めて読むようになったけど、1巻から今の掲載の話の間が空いているのでいつか埋めねば!この出張編、出張編にしては読み切りのお話としてまとまっててよかったな。出張編って、ダイジェスト風味になりがちなんだよねえ。そういうもんだ思えば悪くはないんだけどさー。これは読み切りのお話として読みやすかったな。あと、優芽子ちゃんの婉曲な表現「男の子のドラゴンボール」という言い回しが気に入りました。
 
●ヴァティ・リペペ
リペペちゃんがかわいいです。年の差、身長差、私の萌えツボも突いてくる。でもカップリングしちゃうのは見た目犯罪っぽい。親子萌えって感じかなー。
 
●あやかしトライアングル
あーー、昭和の家電だー。昭和の時代の花柄家電って、また流行ったりしないのかなー。私の趣味ではないけれど、世の中にそういうのがあって欲しい、という私のよくわからん要望があってだな。「迷イ家」の鳴き声が「ほむ〜」  まさか「ホーム」から?迷イ家だけに??
 
●BUILD KING
お城は綺麗になったし、何よりかわいい娘の設計だし、王様嬉しいだろうけど、お城、かなりラブリー仕様だな!?  昔、インテリアの本で、奥さんの趣味でこってこてのアメリカンカントリー、少女趣味炸裂の家の記事が載ってて、ここんちのダンナさんはこの家に帰って心休まるんだろうかとふと思った。
 
●灼熱のニライカナイ
海中戦闘術〜〜?なーんだ、隊長さんもサカナなんかなーって思っちゃってた。隊長さんの脚線美を拝むためにも人魚じゃないのは幸いです。ウェットスーツ姿がちょいエロだしー。
 
●アンデッドアンラック
安野雲先生の過去がかわいそうだった。ママが大好きな、まだ小さい子どもが、誰にも気付かれない幽霊になったようなもの。あ、そういえば私、ドラえもんの石ころ帽子が怖かったよ。石ころ帽子が脱げなくなった状態が怖くて、あんまりドラえもんは読んでなかったのにいまだに忘れられない。
 
●破壊神マグちゃん
ナプタークくんが、すっかり藤沢家のちょっと困った同居人。ここんちの子状態。7つに分裂マグちゃんがかわいいのはいつも通りです。マグちゃんを探せ!発見されるマグちゃんがこれまた一体一体、いちいちかわいいったらしょうがないぜ。イズマくんはウーネラスさんの下僕といいより、ペットなんじゃね?マグちゃんにじゃれついて、とか言われてるの、「ウチの猫」状態。最後、おしおきされるマグちゃん。これがまた最高にかわいいときた。
 
●高校生家族
あ〜これ!当事者が全然知らん間に、事態がいいように転がってる話好き!これはさらに光太郎くんが全然知らないでいるのがまた良いネ!
 
●仄見える少年
神崎先生の正体がわかった時よりも、神崎先生の実年齢を知った今回の方が驚いたわ!
 
●森林王者モリキング
私は王器くんが息災であればそれで良い。まさか数年後最終回パターンでくるとは思ってなかったので少し面食らったのですが、静かに綺麗な最終回だったといえる。でも、私は長谷川先生の狂気のようなギャグが好きなので、そっちの要素てんこ盛りの漫画を読みたいなぁ。
 
●ぼくらの血盟
兄ちゃん至上主義で、物分かりの良いいい子じゃないコウくんが良いです。んー、でもワガママ言ってるふりして何か策を持ってるとか、ありそうかな〜。

2021年1月11日 (月)

ポケ森記録。年末は冬コミでしょう。

年の瀬。リアルでは開催されなかった冬コミを開催。

4d96cebd395145edbeea7828e5fe0880

3eef018c7f3642088a92f4b20209147d

Aff3a21cab1c4d1380ec904ac276169e

6f0957a21eb44e4c83c70fe36d466ba6

C240f95d2b1e49b3aeb8150a5d8deeb9

 

 

 

2021年1月 5日 (火)

ワールドトリガー第205話感想

●ワールドトリガー第205話
見開きカラー!これはどういう状況?烏丸のバイト先のイタリアンレストランにみんなで食事にって感じかな。けっこういい店?ドレスコードっていうか、みんなパリッとしたいいカッコしてる。迅さんのネクタイ姿なんて、なかなか見られるもんじゃなさそう〜。
本編。最後のメンバー選出。くじ引き1番は若村くん。ヒュースをご指名。お目が高い〜〜。「単独でも突破力のある尖った駒が1枚欲しい」という希望に木虎や弓場さんを考えたのも納得だけど、悩んでヒュースを選択。その前に選ぶときには修と組んでみたいっても思ってたし、お目が高い〜〜ッ!将来は人事を担当するのも良いのではないか?しかし、修の時は「俺は三雲のことはよく知らねえ」って断念したのに、ヒュースはもっと知らないだろ。でもヒュースを選んだんだ〜〜。ちょっと扱いづらいかもしれないけれど、ヒュースをどうぞよろしくお願いします〜〜。で、二宮さん。8番手なので選択権はけっこう後半。『正直あとは誰でもいいが……』  たしかに!東さんがいて、自分がいて、トリオンモンスターの千佳ちゃんがいれば、火力使いたい放題。残りのメンバー欠員でもいけそうじゃん!二宮さん、そっと振り向くとユズルくんの圧が。ユズルくん、嫌いな二宮さんと同チームでもいいくらい千佳ちゃんと同じチームになりたいか〜〜。まったくもう〜〜、もう〜〜。けなげで一途でお世話や応援したくなるー。がんばれー。応援するのも、けっこう前途困難なのがわかるからなんだよなー、がんばれー。今のところ友達でしかないからなー!?

2021年週刊少年ジャンプ5・6合併号感想

世間はまだお正月気分かね?ハッピーニューイヤーかね?私はただの平日です。

●ONE PIECE
連載千回目!おめでとうございます!生きて最終話が読めますように、私と尾田先生の健康を祈るよ。
エースとヤマトの友情〜〜。短い時間で育んだ友情。まるで夏休みに出逢ってできた友人のよう。しかも再会がもう叶わない友人とか、なんてせつない。それにしても回想でのエース、弟溺愛ふたたび。ルフィを信じてるのはわかるけど、エース、存命だったらカノジョとか出来づらかったかもナー。いやモテるとは思うんだけどさ、気分が良くなると弟の話ばっかしそう〜。ジワジワ盛り上がってきたァッ!「海賊王になる」何度も何度も聞いたルフィのセリフでしたが、この盛り上がってボルテージ上がったところへのこのセリフがドン!シビれますぜぇ〜〜。しかもルフィがかっこいい。オトナな男のかっこよさだ。

●僕のヒーローアカデミア
ミッドナイトさん死亡……?へ?ウソ……重傷とは思ったけどマジで……?戦闘不能になっただけだと思いたかった……!一人でも多くの人を助けようとするお茶子ちゃん。でも全然追いつかないほどの惨状。この有様に転職を考えるヒーロー。ヒーローって職業なんだなあって思ったのと、このヒーローが感じていたのは己の無力感ではないのか。東日本大震災思い出したよ。大きな災害、災厄に、どうしたらよいのか思考さえもままならない状態を思い出した。エンデヴァーさんの世間のアタリを考えるとツライ。具合悪くなりそう。で「儂ら守るんが仕事じゃないんか どないやねん」これって職業だから当然なのか。この世界のヒーローという存在について、考えちゃうよなぁ。ワンフォーオールさんったら「ここからずっと僕のターン」働きすぎだよー、もっとダメージ受けてろよーーうわあああん。ますます暗雲立ち込める予感の今後。
 
●呪術廻戦
お兄ちゃんバンザイ。「俺はお兄ちゃんだぞ!」にはちょっと笑ってしまったけど、でもそれは物悲しい。脹相さんのアイデンティティなんだもんな。ガンバレお兄ちゃん。偽夏油さんの正体は加茂憲倫(かものりとし)  加茂家の汚点、史上最悪の術師だそうな。加茂先輩、加茂憲紀(かものりとし)と同じ名前の読みじゃあ、耳で聞いても漢字が違うなんてわからんわな。汚点とか言われてる者と漢字が違うとはいえ音が同じ名付けをされるなんて、どうなのよ?家としては忌避するもんじゃないのか?
 
●Dr.STONE
ゴムブーツ。ゴム長靴ですわな。スタイルの良いコハクちゃんが履くとラバーブーツのようでかっこいい。軍隊アリって蜂みたいに毒針も持ってたはず。1匹くらいなら刺されてもなんともないようだけど(体質にもよる)、怖いのはその数だよねえ。身体中にたかられて咬まれ刺されたら、いや身体中にたかられた時点で精神的に死にそう。年々虫が苦手になっていく。アリの話題で、ハンターキメラアント編を思い出した。読みたくなったが読み返したら止まらないので今晩はガマンしよう。レアアイテム思ってた石化装置。ここにきて山ほどあるらしい。大量在庫抱えてる倉庫のごとく。
 
●僕とロボコ
千円ソーメン気になる。チェンソーマンのパロと気付かなくても、なんだソレおもしろそう!って気になったのだ。ルリちゃんかわいいなあ。妹のためにお年玉崩してお洋服買ってくれる小学生の兄。お兄ちゃん力がすげえ。妹のみならずガチゴリラが全人類に対してもいいヤツだろうけど。徳がありすぎる小学生男子。
 
●ブラッククローバー
ユノくんはゼノンさんを倒したのか?いやまだ終わらない気がするんだけど、どーなんだ。ブラクロはわりとスパッ決着つける時も多いので予想が難しい。シャーロットさんさらにパワーアップ。バラの品種が増えました。「強くなった私を見てもらうぞヤミ……!」わーー原動力はそこかーー。うんわかってたー。
 
●BUILD KING
逆さ城って、生きてる竜なのかと思った。ピノキオだって生きてるクジラの体の中で暮らしたし。ピノキオ、原作ではクジラでなくて巨大サメなんだよね。私はディスニー映画のほうは観たことないけど、映画は原作よりかなりソフト。原作っても私は小学生向けの訳文で読んだのだけど、けっこうハードで重くて深い。ああ、関係ない話で終わるわ。
 
●マッシュル
指パッチンひとつでピアノを出現させたの?そりゃピアノリサイタルに便利な能力。ピアノは持ち運びが難しい楽器ですからなあ。ランスくん地獄スゴロクなんてどうでしょうか。妹ちゃんモテる。妹ちゃん告られる。妹ちゃん実は告った子が好きだった両思い3つ進む。妹ちゃん彼氏できる。妹ちゃん彼氏とデート。妹ちゃん初めての外泊。妹ちゃんプロポーズされて受ける5つ進む。ゴール妹ちゃん結婚。さて、ランスくんはゴールまで進めるかな?正気を保っていられるかな?
 
●食戟のサンジ
同人誌……。でも美麗なサンジさんやゾロを見れたのは眼福。残念ながらナミさんの絵は好みじゃないなあ。ゾロがスシ食うさまがあまりに美味そうで、飯テロ遭った気分……。
 
●夜桜さんちの大作戦
夫婦の問題は今後もババヌキで決めるとかいいんじゃね?かわいい。微笑ましい。そしたら、タンポポの組織もババヌキで決めてた!ババヌキ弱い皮下さんの好感度がちょっとだけ上がった。
 
●SAKAMOTO DAYS
南雲さんと坂本さん、同期で南雲さんは27歳?同期だからって年齢一緒とは限らないけど坂本さんももしかして27歳なのか。年齢って既出だっけ?坂本さん、27歳より老けて見える!って思ったけど、27歳でも37歳でも47歳でも57歳でも、こんな人居るわ。万事屋みたいになってきたなー。銀魂みたいに町の雰囲気がいい感じに出てくるといいな。
 
●破壊神マグちゃん
今回も癒されます。マグちゃんマジ、神。かわいいの神。メロメロになっちゃうので、精神が破壊されてるともいえよう。くッ……、破壊神め☆  こたつで溶けるマグちゃん。とろけるチーズみたい。
 
●アンデッドアンラック
ヴィクトルさんの目的。ジュイスさんのためだとか……!惚れた女とか照れもせず言われちゃあ……クッソ、嫌いになれないじゃないのさー!愛が深いいいいぃぃ。アンディと風子ちゃんも、アンディの顎クイキスですよ!想定外にラブい回でした。ニヤニヤが止まらん。
 
●あやかしトライアングル
胸が小さくなったりでかくなったり。男の体だったとしたら、おちん●んがでかくなるのでしょうか?アグラビティボーイズの感想でさんざん書いておきながら、思わず一文字伏せ字にした。恥じらいの乙女ぶってみた。
 
●灼熱のニライカナイ
不穏な雰囲気や不安感といった演出が上手くなったな。と思う。でも私が田村先生に求めるのはそこじゃないんだ。でも新境地も開くべきだしなー。年齢不詳ツインテール隊長さんは私の好みっス!田村先生の描く女の子はたいてい私の好みに当てはまるんだわ。
 
●We Were Born
これが約ネバのプロトタイプだった読み切りなの?かなり良くまとまった話だったけど、ここからさらひねりを加えて多要素盛り込んできた思うと、すごいなー。全然別の話だもんなー。
 
●高校生家族
努力する夫婦に頭が下がる。
 
●仄見える少年
特殊な力を持って有頂天なヤツからその力だけ排除するってのは、イヤなヤツだけに、ザマァ見ろって感じにスッキリするかも。殺しちゃうよりダメージ与えられるし!なんせ「死」にも特別さ求めて本望とか言ってるもんねえ。その通りになんてさせたくないわぁ。黒瀬さんは画面が華やぐので今後もしょっちゅう居てください。多少ウザいかもしれんけど。黒瀬さんは私の眼福要員なのです。
 
●ぼくらの血盟
うむむぅーー、抑止力とやらの皆さん撤退かー?シンくんコウくん戦闘不能状態だから助かったけど、単に制服を見せに出てきただけの印象が。あの制服な、もう少し世間を忍んでもいいのではないかな。目立つというか、複数人で電車乗ってたら「あれ何……?」ってな感じにきになりますよな。
 
●アグラビティボーイズ
ババ死んだの!? ええッ!?そして連載終了!?……そんな……!!そんなーーーーー!!普通にジョーダン、冗談でしたよーって次回も掲載されるとか、アグラビティボーイズならやってみてもいいと思うんですけど!?ババは108個の欠片となって宇宙のどこかを漂っている。ドラゴンボールより難しそうだな?数の上でドラゴンボールの15倍集めなきゃならないじゃないのさ。あっ、でもドラゴンボールと違って他に欲しがるライバルとかは居なさそう!(ひでえ)  徹底してアホな話に通し切ったのは芯がありました!お疲れ様でした!でも次回も載ってて欲しい……。
 
●森林王者モリキング
次回6年後。最終回かなー。夏を越して秋も越して年も越した。長生きカブトムシ。いや作中は夏が終わるところだったな。

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »