« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月

2021年6月28日 (月)

2021年週刊少年ジャンプ30号感想

●レッドフード
読切の時おもしろかった。てかグリムさんがかっこよくてよかった。で、この連載初回もそれは健在。幼女とバインバインなお姉さまの魅力がダブルですよ!そして赤ずきんのお話をうまく使ってる。こういうダークファンタジーなの好きだわー。あれ?ブラクロやマッシュルもダークファンタジーにくくっていいのかな?それにしても大人になっても服は破けないのだな。よほど伸縮性のある生地。でもさ、靴はどうなんだ。

●ONE PIECE
やったぁーお玉ちゃん!お玉ちゃんの号令でギフターズが味方してくれるぞぉ!戦局がちょっとずつ動いていくのにじわじわ高揚する。いや今までもそうだったんだけど!焦らされつつの進捗!チョッパーが、ベビジジーに!赤ちゃん爺!見た目はかわいいだけだけどな!なぜに口調がジジイ化。で、最後に、そもそもゴムゴムの実についての話。いろんな悪魔の実がたくさん出てきて有り難みが薄れていったけど、そうだ、たしかに最初は悪魔の実はかなりレアだったんだ、と思い出した。

●僕のヒーローアカデミア
やっぱこの状態ってオールフォーワンさんの思うままなんじゃないの!?って疑う。デクくん追い詰められてるじゃん!なんだかデビルマン状態。「あの方の仰った通りでござぁすなああ」あの方ってやっぱオールフォーワンさん?これはやっぱ狙い通りだったのか?悔しいなあ。せめてオールフォーワンさんがデスノートのライトのマネで『計画通り!』って悪い顔してるの想像して溜飲を下げるかな。で、疲労困憊、思考力さえ無くなりそうなデクくんの元へ彼は来た!かっちゃん……!!かっちゃん!かっちゃん!かっちゃん!待ってたかっちゃん!私はもう盛り上がって、わけのわからん舞を舞ったよ!デクくんのヒーローだよかっちゃん!

●Dr.STONE
オリーブオイル!オリーブオイルに柚子胡椒入れてパンに塗って食べると美味しいよ!アヒージョは食べたことないんだよねえ。私はバターがちょっと苦手なのでパスタに絡めるのはオリーブオイルのほうが好き。今回なんだかお腹が空く回だったわ。スペインかあ~、パエリアやスペインオムレツも良いよねえ。スペインでも蛍石は産出してるけど世界1位の産出国ではないのになぜにスペイン?と思ったらオリーブオイルゆえ?うん、でも食は大事だしね。チュロスがスペイン菓子っての知らなかった。欲しがり王、龍水くん。真の欲しがりは周りも豊かにしていくんだなあ。

●アオのハコ
ちょっとちょっとぉ〜。バドの試合が楽しみになってきたんですけど~。純粋にスポーツの勝ち負けも気になるけど、対戦相手が千夏先輩推し!連絡先を賭けた勝負!針生先輩うまいことやってくれる。こりゃ大喜くん負けらんねえよなあ。岸くんの推しアニメキャラが千夏先輩とソックリなのね?大喜くんが素直に気になって「なんてアニメですか」って聞いちゃうのおもしれー。大喜くんは岸くんを千夏先輩には近づけたくないだろうけど、お互い理解し合えるかも!?でもその前にバドの試合だ!私、ラブ3、スポーツ7くらいでもいいな。

●ブラック・クローバー
うわあ……ヴァニカちゃん、ビクビクガクガク。絵ヅラ的にはたいしたことないけど、内容的には性的興奮状態。とどめを刺すべしとヴァニカちゃんを足蹴にするノエルちゃんの絵が良かったです。でもさー、ここまで変態的だとドン引きだけど、思えば殴り合ったり戦いあって友情芽生えるって、漫画ではよくある案件なんだよな。ヴァニカちゃんのカン違い友情発言も有り得ることだったかもしれない。で、ヴァニカちゃんに変わってメギキュラさん顕現。結局ヴァニカちゃんはいいように使われてただけかー。ヴァニカちゃん自身はそれも深くは考えていなかったかもなー。それがヴァニカちゃんっぽい。ロロペチカちゃんの覚醒を期待したいなー。

●マッシュル
ここまでウォールバーグ校長を上げて上げて上げてきて、で、そのうちピンチに陥らせるんじゃないかとビクビクです。校長にはまだバリバリ無双でいて欲しい。譲ってもドローってあたりにしてほしい。敵の強さ表現のために味方側が敗北するのはちょっとイヤなんだよねー。

●逃げ上手の若君
吹雪くんの年齢がいくつかわからないけど出来過ぎ、逸材すぎる。それでも一人の天才がいるだけでは歴史は動かないんだなあって思う。吹雪くんと戦った額に仏の文字の人は、道化を演じていたというけれども、お頭さんはまったく気づいていなかったのかなあ。気づいてても側に置いておいたのかなあ。もう双方死亡でわからないことだけど。お頭さんはもともと武士であることに誇りを持っていた人で、武芸にも秀でていた人だったけど、最後はじわじわと出血多量死かぁ。たしかに優しい殺し方だったかもしれん。最後には仏の姿を見たと思ってもいる。でもお頭さん、その無垢な笑顔って、生死ギリギリ逃げてるゆえのエクスタシーの笑みですよ。特殊性癖児童の笑みですぞ?

●高校生家族
『元気な一年坊たちめ』その一年坊の片方はアンタ年齢の2倍くらいですけどね。海に現れた鮫、つぶらな瞳でかわいい。ところで、洲崎くんとお父さん、めっちゃ心が通じてる。普通に海中で会話してる。

●あやかしトライアングル
パンツだけは妖術でなく自前だったのか。消えないパンツへの疑問。

●夜桜さんちの大作戦
センターカラーの六美ちゃんの髪見てたら重そうだなあって。膝のあたりまでずっと量の多い髪。久しぶりの学校だなあ。もっと学校生活を堪能したかったけど、最後のページに現れるは初代当主!初代は話が重そうだからな〜〜。コメディ回はもう終わりだろうか?

●WITCH WATCH
ニコちゃんカンちゃんは手のかかる猫兄妹みたいだなあ。さらっとニコちゃんかわいいって言っちゃってるモイちゃんにもだもだキュンキュン。こっちまでモジモジしちゃう〜〜。

●SAKAMOTO DAYS
半額シール攻撃がサイコーです!本人半額にされてることに気づいていないのがまた良し。建物内部バトルから場所は電車へ。電車でバトルも良いですねーー。チェンソーマンを思い出します。あ〜〜でも坂本さん痩せちゃった。痩せてそのせいで坂本さんだと判別できなかったのは愉快だけど、私はもう少し太ってる坂本さんアクションを堪能したかったなー。

●破壊神マグちゃん
ナプちゃんの七夕短冊の願い事がかわいくってたまらん!包丁が欲しいのね〜〜。ナプちゃんの腕前が上がったらご褒美であげてくださいお願いします。ナプちゃんは地域住民として社会性を身につけつつある。ヤドカリちゃんの短冊もめっちゃかわいいのよ!「りーだー せかいいち」ああ〜〜かわいい〜〜。ミュスカーくんのところにも流々ちゃんは短冊記入の依頼。ミュスカーくん、以前のコピーマグちゃんまだ持ってるんだ!てか、常時抱っこしてるの!?なんだよぉ〜〜邪神の皆さんたら、みんなかわいいなーー。かわいい神。このかわいい神たちの住まうこの町内に幸あれ!

●アンデッドアンラック
風子ちゃんとアンディ別行動って、お話的に作為的な試練みたいだなーと思ってたんだけど、今回の流れを読んだら納得できたので良し。アンディが「たまには遠距離恋愛も悪くねぇさ」って、きゃーーー恋愛って言っちゃってるーー!えーー!きゃーーー!さらにアンディが口約束なんて知ったこっちゃねえ、とすぐさま風子ちゃん取り戻しに行くのも良かった。そういや私、昔、ゲスな口調で「ひぇーっへっへっへっへ!しょせんは口約束よぅ〜〜〜〜ッ!」って言うのがクセだったな。やな口癖。久々にマッパで股間に大きい黒い長方形付けてるアンディも良かった。そうだね、久々に全裸で行こうぜ!

●クーロンズ・ボール・パレード
私、けっこう野球漫画読んでるんですよね。野球のゲームとしてはやってることがちょっと細切れだなあ。龍堂さんのパラシュートチェンジは、もっと溜めて、ここぞ!といった感じに見たかったなあ。そこに至るまでバタバタと進んで、あれえ?と思ったら投げ終わってた。でもそれ、リアルといえばリアルか。ランナーが居なければ12秒以内に投げなきゃならないのよね。

●リコリスの毒
起承転結の途中で終わってるようなハギレの悪さ。でもこのやるせなさがが姉妹の選んだ生き方なのかな。あ、生き方って、片方死んでるわ

●僕とロボコ
漫画家コンビと聞いて、バクマン思い出し読みたくなった。そして、担当編集さんの描写はどこまで真実なのだろうと。ルリちゃんの描いた漫画ではスケットダンスの早乙女浪漫ちゃんを思い出したよ!これはこれで、迷走しているルリちゃんの漫画を読みたいよ。

●アイテルシー
うわっ! するっと、するっと終わったよ!「そして時は流れーーー」の文が出てきて「ひょえええっ!?」と思ったら終わったよ!相生さんは良かったと思うんだが、相生さん以外のキャラはイマイチパッとしなかったなあ。まずは主人公が話を引っ張るべし!と思ってるのでそこは良かったと思うんだけど。

●アメノフル
東京壊滅させたペロキャン使いのことがあっさりとわかっちゃったなあ。正体を探るべく、しばらく謎のままがいいと思うんだけど、これはそんな悠長なことをしていられなくなったということか?話を収束させねばならなくなったということか?試験はどうなったんだろう。「おいおい試験かよ」と思ってたけど、試験としておもしろくあって欲しかったのはハンター試験が面白かったせいなんだよなあ。期待してしまうんだ。ルセット試験が試験としての形にもならなかったのはちょっと残念。

2021年6月22日 (火)

2021年週刊少年ジャンプ29号感想

●マッシュル
セル・ウォーさんの魔法「ダイヤモンドカッター!!」…………魔法なんだけど、ダイヤモンドカッターって普通にホームセンターでも売ってるからさぁー、工業製品が頭に浮かぶ。実際売ってるヤツと形が同じだし。ホームセンターで売ってるのはもっと小さいけどな。そして「ブラックダイヤモンド」 こんなに大きいダイヤ……これ魔法で無から生み出されたの?売り飛ばしてぇわ~。マッシュくんのシュークリームパーチー、シュークリームパーチー。いったいなんなんだシュークリーム!?って思ったら幻覚かよ!幻覚とは言えシュークリームの幻を見るなんて、よっぽどマッシュくんのシュークリーム圧が強かったのか(シュークリーム圧ってなんだよ) 幻覚はアホのようでしたが。現実は締め落とされて低酸素症が引き起こした幻覚だったという、現実はけっこうハードでした。

●アオのハコ
女の子の半裸より大喜くんの半裸の方にドキドキだ!赤面しちゃう千夏先輩もかわいいし。でもしっかり割れてる腹筋チェックの千夏先輩。爽やか学校のスポーツ部活感すごいな~。リアルだとは思わないけど理想の青春感とでもいうような雰囲気でさー。いや、私が知らないだけでこんなのがリアルに繰り広げられてる人々もいるのかもしれん。針生先輩と大喜くんの関係性が良いわー。先輩後輩の上下関係はありつつ年の近い高校生同士の雰囲気が。針生先輩はバドの先輩で実力者だけど、柱になれとかは言わなさそうだ。いや手塚先輩をディスってはいませんよ?てかあの時手塚先輩は高校生でもなく中学生。チュー坊ですよ。すげえよ、褒め称えよう。針生先輩にはそういうのではなく、もっと大喜くんをかまっていじってからかってほしいという私の大きい期待が寄せられています。大喜くんの頭のツボを押す千夏先輩ですが、絵ヅラが犬をなでているようです。大喜くんのワンコ化、いいかも。

●僕のヒーローアカデミア
ああ、そういやオールフォーワンさんはデクくんを世に知らしめて追い込むということはやってないんだなと今更ながらに。でも、それを避けたいというより、今も計画通りだったらどうしよう。今の状態が追い込んでいる状態なのではないかと危惧。だってデクくん背負い込みすぎてダークサイドな感じよ?オールマイト先生まで振り切って。オールマイト先生を巻き込まないために、と先生自身もわかっているけど、なんだか先生、ヒロインみたいな立ち位置だな。お弁当差し入れにきたものの、彼ったら使命に夢中で私のことを振り向いてもくれないの、って感じだったよ。

●逃げ上手の若君
逃げてる時行くん、性癖に興奮しててサイコーにキモくて変態でした。ここまでヘンでいてこその「逃げ上手」高揚して興奮してエクスタシー感じちゃってる。なにも知らなければ、単純にほっぺた赤いコドモだよな。時行くんが変態くさい戦いをしている頃、弧次郎くんたちは少年漫画の主人公のような熱く真っ当な戦いを挑んでいた。この対比……。

●ブラック・クローバー
見所:乳児ノエルちゃんを抱っこしているノゼル兄様。もうすでにこの髪型なのか……と思ったら、あ、違う、前髪を三つ編みにはしてなかった。ノエルちゃんとヴァニカちゃん、並ぶと華やかだなあ。敵とはいえヴァニカちゃん、ヤンデてイッちゃってるとはいえ見た目派手ですからなあ。

●Dr.STONE
世界を巡ってんなあ。私ときたら最近自分の住む市からも出てないというのに。蛍石を求めてスペイン、バルセロナへ!蛍石って、フローライトか。天然石ショップでも売ってますね。宇宙服や宇宙船の材料にもなるのか~。フローライトから飛んでクンツァイト、ジェダイト、ネフライト、ゾイサイトを思い出し、今モーレツにセーラームーンを観たくなっている!千空くんたちが向かっているバルセロナですが、人類総石化から何千年も経っているけど、サグラダファミリアは未完のまま朽ちてしまっているんでしょうかねえ?ホワイマンの正体、はやく知りたいけれどもそこは焦らして引っ張って欲しいような気もある。謎を知るのがもったいない、みたいな複雑な思いがあってだな。ミステリ小説も、はやく結末が知りたいと思いつつ、小説自体がおもしろいと終わりに近づくのがもったいなく思ってた。こらえ性はないのですぐ最後まで読み切るけど。ホワイマンのメッセージ「DO YOU WANNA DIE(死にたいのか)」 怖~~。でも脅しではなく親切な普通の警告ってことは……ないかな?どうかな?

●SAKAMOTO DAYS
複数人数大暴れ。良いですねえ。今週もアクションかっこよかったぁーー!平助とシンくんの共闘はこれからも見たいです。平助くんはたまにやばいポカをしそうな気もするけどむしろそれが良い!シンくんには苦労を背負ってもらいたい。シンくん「姿が見えりゃこっちのモンだ!」心読むだけでなく基本戦闘力が高いのがこのセリフでわかってしまう。で、シンくんの動きもド派手で良かったです。坂本さんも大暴れの雰囲気。坂本さんには、スリムになるのは本当に時々、めったにないご馳走って感じで、ふだんはあくまで今の体型で暴れて欲しいなあ。サモ・ハン・キンポーっぽく。

●夜桜さんちの大作戦
四怨お姉ちゃんのファッションショ~~。コスプレ楽しい。いろいろ見られて楽しい。お出かけコーディネート、悩みすぎてもう全裸でいいっかってなる四怨さん振り切ってるわ~。体操服は犯罪っぽくて良かった。(犯罪っぽいと言う言葉に良かったと付けるのはマズいのでは) チャイナ服はフツーに似合ってたなあ。ヴィクトリアンドレスも意外にお似合いで。下着だけってのがいちばん四怨さんぽいけど、お出かけコーデにするには冒険者過ぎる。

●すりーぴんぐ&ギャング
コチちゃん時々、よつばとのよつばちゃんみたいなセリフの言い回しや雰囲気。じゃトウジはとーちゃんか?トウジは室内でも下半身パンツだけではないので、とーちゃんより装備が多い。

●WITCH WITCH
超大事な書類をシュレッダーにかけちゃって、これと同じ事を試みようとした知り合いがいます。根気と根気と根気が要る作業らしいよ!?モイちゃんが有能すぎる。トンカツ食べたくなった~とわめくニコちゃんカンちゃんに文句言いつつ、瞬時に揚げたてのトンカツ提供。なんて有能すぎる。私までトンカツの口になってしまったじゃないの。千切りキャベツもむさぼり食いたい。お話のメインの柱はさすがの篠原先生ならではの人情話。ええ話や……。

●僕とロボコ
四行詩!ぎゃ~~~~ハンター読みてぇ~~~!続き読みてぇ~~!!今度再開したら再開した話を読む前にはじめから全部読み返そう。って、はやくその日が来てくれよ。四行詩が浮かび上がる場所とそれを書き写す絵ヅラのインパクト!パワーワードの画像版って、なんて言えばいいのかしら。この場面だけに限れば、これは実写のほうが衝撃ある画になると思う。でもロボコのお尻とパンツには相当のこだわりをもって作成して欲しい。って誰も作っとらんがな。ところでロボコは特質系なんかな??

●あやかしトライアングル
二ノ曲先輩「風巻の胸を見ただけか俺は……あまりにも未熟!!」戦闘に参加できなかった二ノ曲先輩は自分を嘆いているけど、祭里くんの乳首まで見れたのはけっこうな収穫なのではないでしょうかね。

●アメノフル
今週バカバカしいノリがおもしろかった。でも当人達はなにもふざけていない。めっちゃ真面目にやってる。真面目に……野球になってしまっている。

●アンデッドアンラック
四季って4つに区切った人間の概念だと思うけど、まあ、いいや。全然関係ないけどオカルト系の話で、例えば夜中の12時に合わせ鏡をして覗き込むと云々、とかいう話。その12時とは?時刻も人間が作った区切りなんですよね。しかも国によって標準時を選択するじゃないですか。アメリカなんて国の中で東部時間と中部時間、西部時間とかで1時間ずつ差があったりするし。あとサマータイムとか。オカルト現象、超常現象を起こす方も時計や場所を気にしないとうっかり出現時刻を間違うかもしれん。風子ちゃんアンダー行きかぁ。うまく嵌められたというか誘導された感じ。それしか選択肢がないようにされたのは悔しいなあ。

●高校生家族
データテニスに妹の参入希望!でも光太郎くんにとっては部活が家族の居ない高校生生活を送る唯一の場所……。バイト先にも妹居るしな。

●破壊神マグちゃん
藤沢家の父、料理長に味見をしてもらってOKもらった時のナプちゃんの喜び輝く表情!鼻血噴くかと思った。劇的カワイイ……。かわいい大賞……カワイイがカンストしている……。手をあわせて拝みたい。ああ!さすが神か!

●アイテルシー
パスワードは解けるそうですが、私は推理小説でも自分が推理しようと思わないで読んでるしなあ。

●機械仕掛けのアイオライト
この育てられた赤ちゃんのほかに人間はいるの……?愛情もって育てられたようだけど、この子がこの先最後の人類でひとりぼっちで生きるのかと思うとつらいなー。

●灼熱のニライカナイ
いきなり年数経ってたので、ああ、これは……って思ったらやっぱりー!最終話だった。残念です。海底神殿編が終わりで、たとえば別の海上麻薬取引撲滅編とか密漁者タコ殴り編とか台風襲来編とか、鮫島さん古代人覚醒編とか、そんなん感じのその他いろいろ読みたかったよ。私は田村先生のギャグ、コメディが好きなのですが、カルトな宗教のザワっとくる薄気味悪さとか、道が分かれて戻ることの出来ないやるせない辛さとか、こんなんも描けるんだなあって新しい面を見せていただきました。シリアスばっかりになった時はギャグ読みたいギャグ読みたいってワガママ喚いたりもしたけど、神殿編クライマックスはズシーンと心打たれたよ。ああ~~もう、うう~~~~やっぱ打ち切り悔しいな~~~。

●クーロンズ
やっつけ感がある…………

2021年6月15日 (火)

2021年週刊少年ジャンプ28号感想

●SAKAMOTO DAYS
大佛さんてば坂本さんのことが気になるご様子!「くまさんみたい」と、ときめく大佛さん。今のところ愛玩動物枠のようだけど、そっからラブに転じたりしないでしょうな?坂本さんは妻帯者ーー”!妻も子もー!不倫トラブル勃発するかな?でもこのネタはぜひともやって欲しいものだ。坂本さんとシンくんそれぞれのバトルもかっこいー!体を動かすアクションバトルが好きです。なんせ私、自分自身の体の動きはにぶいですからなぁー。憧れるし。で、テンション上がったところで平助登場!おおーーーーー!気分爆上げ!

●Dr.STONE
そういやさー、都市ガスの丸いタンク。あれ、私にとっては街の象徴なんですよ。なんせ田舎の農村部には無ぇからな。さすが都市ガスっていうだけのこたぁーある、と思ってた。また別行動。3チームに分かれるのかぁ~。今までも別の地でそれぞれ、だったけど、お別れって感じは薄かった。通信機あるもんな。今(現代)だって、遠距離になった友人ともケータイ、メール、SNSなどで、繋がろうと思えば繋がっていられるもんねえ。超合金、インコネルって初めて知った。何も知らんので、どうしても睡眠に入る小鳥を想像してしまう。インコ寝る。今後、千空くんチームは世界を回り宇宙船の素材集めの旅に出る。……けど、ぜったいきっとただの素材集めの旅にはならないんだよ!わかってるんだよ!(スイカちゃんぽく叫んでみる)

●ONE PIECE
ナミさんのネーミングセンス。独特で受け入れられないというネタは久々です。ラクダにマツゲとか名付けようとしたこともあったよね。ゼウスに新しい名前「わた」を提供しようとするも、完全スルー。まったく無視。何事もなかったことになってる。このままゼウスは仲間かなー。ヘッドハンティング!引き抜き!転職だ!でもマムの魂で出来てるんだよね。ヤマトさんとカイドウさんの関係がナゾ。親子だっちゅーけど、カイドウさんは実のところヤマトさんをどう思ってるのか。親子の情だけで将軍の座につかせるようなカイドウさんだとは思えないんだけどなー。さて、次回は親子対決。ってとこで次回休載だ!

●呪術廻戦
あ~~直哉さんが~~。しかも皮肉。「三歩後ろを歩かれへん女は背中指されて死んだらええ」って言ってた直哉さんが、真希さんのお母さんに背中刺されるとは。直哉さんはここに来ないでフツーに救急車でも呼んだらどうだったんだと思わんでもない。真希さんのお母さんについては、複数の解釈ができるので、どう捉えていいかわからん。真希さんのお母さんは、娘達を愛していたかというと、どうしてもそうは思えない。我が子を愛することも許されなかった、自分らを蔑む禪院家への報復、といった感じか?母親としての愛があったのではなく、愛したかった、という感じ。それは愛ではないかというと、そもそも持てなかったので、やっぱり無かったとしか。産んで良かった、というのも愛ゆえではなく、解放された後の自分のドリーム的な?母親も禪院家の被害者ではあると思うけれど、やっぱり禪院家の者かと思うのだ。直哉さん、しぶとく生きそうな気ィしてたけど、自分が憧れた強さの領域に行けることもなく、蔑んだ女にフツーに包丁で刺されて死亡ってのも、しょーもな過ぎて直哉さんらしくも思える。真希さんはもう戻れないよ。お母さんは戻れと言い、西宮ちゃんも真依ちゃんに「行くな」と言った。でももう二人とも戻れないよ。もう仲間として頼りになるお姉さんの真希さんに戻れる感じがしないよ。で、ここでしばらく休載か!休載は事前にネットニュースで知ったけど、再開未定とは思ってなかった。でも、再開できるように養生して欲しい。

●僕のヒーローアカデミア
雨が苦手なエンデヴァーさん。なんだかかわいいな!それをぺろっと言っちゃうところが。はがレンのマスタング大佐を思い出す。雨の日はイマイチな大佐。「オレ、楽観的なんす」ってホークスさんの言葉は少し気持ち軽くなる。なんせ話が重いですからなぁ~~。エリちゃんの話が出てくるとザワザワする。もうエリちゃんがツライ目に遭いませんように。オールフォーワンさんはどこまでも先読みしてて、悔しいな。裏をかいてギャフンと言わせてやりてえ。ホントにギャフンと発音させてえわ。

●逃げ上手の若君
瘴奸さん。漢字変換めんどくせえ~~。すぐ出せない。いいや、やっぱり「お頭」でいいや。お頭さん、安心・安定の外道。外道なんですけど、とっさに子どもの値段鑑定、しかも品質向上でそれに見合うよう売値を上げることも考えるサプライヤーかよ。だんだん時行くんの値段が上がっていくのおもしろい。いや、人身売買、面白がってちゃだめだけど。実は北条時行とばれたらめっちゃ値段上がるんだろうなあ。

●アオのハコ
好きな女子が近くで着替えしてるというそのシチュエーションだけでドッキドキ!露出なんかなくても妄想力で補完だ!日常のちょいドッキリ案件。モロよりチラリが興奮するってヤツですよ!私もいったい何を言ってるんだか。それはそれでときめいてよろしいのですが、針生先輩と大喜くんのコンビももっと見たい。むしろそっちも楽しみになってきている。

●マッシュル
校長先生が不敵にかっこいーー!校長先生にはしばらくは絶対強者でいてほしいな。まだまだお達者、負け知らずでいてほしい。マッシュくんがドナー目的で生み出されたとかいう重い人生!でも、まぁ知らんがな、ですよね。他にもう5人のマッシュくんの兄弟がいるってことですか。似てるのかな。そのうち出てくるのかな。全員がマッシュくん走りをすると、壮観だろうなー。全員がマッシュくんのダンスチームもおもしろそう。しかし全員がマッシュくんだとすると、ボケばっかりでツッコミ不在、収拾がつかなさそうだ。

●僕とロボコ
ガチゴリラ、エースで4番なのかよ!かっこいいな!いやマジ、ふつうにかっこいいって思った!ジャンプにおいてギャグ漫画がスポーツ漫画も担う時代になったようだ。

●おれの手は恋をつかめない
お互いこれから手をつなぐだけでいいのかよ!他の所触らないで清く生きる気かよ!

●激高完全サッカー部
アホでおもしろかったけれど、私はすでにボールは友達っていうC翼のパロ漫画でサッカーボールが「お前は友達を蹴るのか!」と責めるのを読んだことがあったのだ。擬人化もしてない、ほんとただのサッカーボールが。

●アメノフル
ポップコーンてスイーツ?スナックって感じもする。キャラメルポップコーンなんかはスイーツ分類かなあ。私はバターの香りが苦手で、おうちでレンジやフライパンで作るポップコーンの素?っていうのかな。それの出来たては私が部屋から逃げるほどです。海野くんは「なにやってんの?」と問われ「カッコつけてんだよ!」と超キメ顔で答える。これがまたかっこいい、いい顔で。いいんじゃね?アホのようにかっこつけるキャラでいこうか?ただのアホよりひねりが効いてるかな、と。実際、かっこつけるって、理想を求めてるともいえる。……なんっつって、かっこよく言ってみた。

●あやかしトライアングル
二ノ曲先輩は早々に気絶。かわいいから良し。それに気絶してなかったら、サンオイルぬらぬらイベント参加だっただろうな。それも見たかったが、二ノ曲先輩にそれは致死量イベントだ!シロガネさん、超シリアスに語る「恋緒も希代の変態だが すずもまたはるか高みをゆく圧倒的ハレンチ……!」いや、何言ってんだーーッ!しかしそのアホさが日照り神を動揺させる。変態も、世のため人のため。世界を救うのである……!

●夜桜さんちの大作戦
アイさんは夜桜家で幸せになって欲しい。ミズキさんへの思いを抱えたままで幸せになって欲しい。それにしても末っ子ができたようで夜桜家で大歓迎なの楽しい。末っ子っていうか、太陽くん六美ちゃんがパパママ属性を覚醒させているので夜桜兄弟姉妹の姪っ子か。凶一郎兄さんの長男属性が暴走しているのも楽しーー!凶一郎兄さんとアイさんの二人メインの回とか見てみたいなー。

●破壊神マグちゃん
私も流々ちゃんちに行くーーー!みんなとゲームするぅーーーッ!マグちゃんはゲーム廃人になってもかわいい。いや廃人じゃなく廃神か?ハチマキマグちゃんは殺意の波動も出せそうだった。

●高校生家族
今回はスポーツ枠はロボコのほうだった。こっちはハートフルファミリードラマになってました。ちょっと涙ぐみそうだったよ私。ちょっとカオスな内容なのに!

●アンデッドアンラック
なるべくしてなった集団的猛攻勢。これで良し、なんだろうけど、対サマー戦、もっと、サマーとのバトルが見たかった。

●WITCH WATCH
このノリ、このわけわからんノリ、しかし着々とストーリーはそのわけわからんままで進むという、しかも最終的には形が整うんだよ!でもモイちゃん、半裸でカンちゃんをオットマンにするのはやめて!せめて着衣で!(そこ?)

●クーロンズ・ボール・パレード
野球の試合がさくさく進むのはいいし、新規のライバルキャラが出てくるのもいいけど、既存キャラのモブ化が進む。既存キャラが薄っぺらいなあ。新しい登場人物のネタだけで話を作るのはどうなのよと思うが、新しいキャラを急いで出しておかねばならない状況に追い込まれてるとしたら……?

●夢操縦
ショートフロンティアはいつも後味が苦めのショートショートだなあ。世にも奇妙な、とかアメージングストーリーとかトワイライトゾーンみたいな。

●灼熱のニライカナイ
鮫島さんに古代人の血が流れているかもしれないと。海底神殿の話は不気味さ、カルト宗教的な怖さがあったし、古代人云々の話が出てきてもおかしくはないけれど、普通の警察モノも恋しいなー。今回タイトル回収かよ。せつない。連載初回はこのタイトルも愉快な南国極楽みたいなイメージだった。

●アイテルシー
マーさんと相生さんの百合っぽいのはそんな萌えんなー。高校生マーさんやショートカットマーさんなら、もうちょいいけるか?

2021年6月 8日 (火)

2021年週刊少年ジャンプ27号感想

●ブラッククローバー
優しいロロペチカさんが大好きなウンディーネさん。それを責めたくはないよねえ。ロロペチカさんが優しいままでいられるのがいちばんいいんだもの。でもロロペチカさんは魔力はめっちゃあるので、すんげえ隠し球を持って覚醒してくるんじゃないかと思ってたわー。攻撃的なのはノエルちゃんに任せておけばええんや。ノエルちゃん、暴れてやー。

●Dr.STONE
ステンレスと聞くと私は真っ先に流し台、シンクが思い浮かぶ。水を扱う場所だもんな。錆びずに清潔なのが大事。ゲンくんの口から「モンハン」とか出てくると、あ~~ゲンくんは現代っ子(21世紀っ子)だーって。ロケット制作に当たって、課程で人体に有害な物質を排出することもある。たしかに今の世界だと安全面を証明し理解を得られなければ反対されることもあろう。けれどそれだけじゃ「闇の科学使い」などとは思わないけどなー。物理現象だ。ゼノさんの自称。けっこう自分で言って気に入ってたりしないか?ゼノさん厨二病っぽいところあるし。マッドサイエンティストっぽい自分を好きそう。

●ONE PIECE
ルフィの復活と反撃はまだ?焦らしてくれるわぁ~~。引っ張り過ぎと違いますか。そうまでして絶望的局面からの反撃の見せ場が必要なのかよぉ~~~!焦れている私。もちろんそのうちそうなるはず!と信じているからなのだが、いっそルフィ抜きで勝利しちゃう?そういうのもアリだと思いつつ、きっとスッキリはしないだろうなー。ゾロはまだガチガチに十字に固められたままだった。よく見たら小さいコマではサンジさんがゾロを武器として振り回してた。でもゾロはハナちょうちんプクーでスヤァァとお休み状態。全力で休んでいるともいえる。

●呪術廻戦
はっはっはーー!ちびっ子直哉さん生意気真っ盛りでかわいー!直哉さんは単純なクズでいてほしかった気もあるんですが、甚爾さんのその強さを理解し憧れや尊敬の念を持っていたかもしれないとか、かわいげあるじゃん?甚爾さんに憧れて真希さんを認めたくない気持ち。ちょっと冷静さも欠けていたかもねー。それも可愛げ。強さに憧れ自分もその域に達したい。甚爾さんや五条先生を認めていてくれたのは好感。甚爾さんて直哉さんの何個年上なんだっけ?「甚爾君」って、くん付けなのか。「悟君」とも呼んでいたし、そういう呼び方の人なのかなー。ジャニーズ事務所かよ。大先輩以外は年上でもみんな(一部例外の場合もあるが)くん付けで呼ぶジャニーズの慣習。禪院家はジャニーズ!いいかも。真希さんもオトコマエにかっこいいので男性アイドルっぽく売り出したい。直哉さんは思いっきり真希さんにボコられてギャグのような顔の腫れっぷり崩れっぷり。死んではいないように見えるけど、なんだかんだでしぶとくそこそこ上手く生きて欲しい気持ちになりました。

●僕のヒーローアカデミア
ナガンさんは絶望は深かったけれども、結局はヒーロー張ってた人なので、根底には人を助けたい気持ちがあったと思う。オバホさんを役立つかもしれないという言い訳で助けているのもそうなのかなって。でもオールフォーワンさんにとっては想定内だったかな。むしろナガンさんを有効活用として最初からデクくんに近づく手段だったかもしれない。人間魚雷扱いかよ。

●マッシュル
良かったねぇ~~マッシュくんに思い出してもらえたよ!でもそのまま覚えてもいないくせに思い出したふりしてずっとバトルを進めるってのもおもしろそうだったかも。「おまえやっぱり覚えていないな!?」とかツッコミ入りつつのバトル。クラス会での私がそうでした。名前が出てこない!名前を呼ばないようにして会話を進める高等テク!緊張のクラス会でした。

●アメノフル
試験の全権を任されているから自由にルール改正ってのもなあ。筆記試験免除って、いやせっかくだから筆記試験くらい受けさせておこうよ、と思ってしまった。試験免除よりも特別に受験資格を与える、っていうルール改正のほうが好みだな。実力を測るチャンスをもらって検討してもらうほうがいいな、と。でも自分が受験者ならきっと試験免除はありがたい。泣きべそドラ息子はもしかして実力あんのか?息子は合格してトウカ先輩の犬になるといいな(文にするとひでぇ言い方)

●SAKAMOTO DAYS
鹿のかぶりものしてる人は、かぶったままのほうが良かったかな、と。大佛さんの殺しスタイルは豪快に回転ノコギリをぶんまわすタイプですか。体の前で両手で丸形バッグのようにかわいく持ってる。

●アオのハコ
針生先輩はいい人……!……なんだけど、千夏ちゃんをダシに大喜くんを特訓するとか、なかなかやりますな。そうやって大喜くんを奮起させておいて、千夏ちゃんの前ではさり気に大喜くんを持ち上げてくれるとか、先輩ってキューピッド……?彼女持ちの余裕でもあったのかも。芸能活動っぽいことしてるという彼女見たいー!大喜くんのことはこのままからかって振り回して欲しい。大丈夫、大喜くんなら耐えられる!

●高校生家族
家族それぞれが、それぞれの、セイ……シュン……ッ!!さすが、タイトルに「高校生」と入るだけのことはある。私もゴメスと子猫の居る学校に行きてぇ。

●タタランドー
おもしろかったよー!タタラくんの女装がかわいくてちょっと色気があった。

●あやかしトライアングル
シロガネさんとポ之助もアウトドアレジャーを満喫。そしてポ之助は良い仕事をした!祭里くんの水着ポロリをしたことではなく!いやそれが良い仕事ではあったのだが、二ノ曲先輩の超赤面、動揺興奮でノックアウトな姿を見せてもらって私楽しぃーッ!

●逃げ上手の若君
人が死んでるのにおもしろいって言うのは憚られるのですが、昔の戦の戦略、戦術は知恵と工夫がおもしろい。実際は、昔であっても多少の戦術よりは兵力の差がものを言ったと思う。だからこそ奇抜な戦術はお見事!って感じで褒め称えられたのだろうなあ。義経のひよどり越のさか落としとか。私は三国志や水滸伝とかも、してやったり、って感じの戦術描写が好きなんだよねえ。あー、横山三国志読みたくなってきた。敵のお頭さん、知力も武力も優れた上で卑劣暴力もお構いなしの冷徹無比外道かと思ったら、さらに称号追加。子ども大好き・えげつな非道ロリショタ変態武将。えっ!次回は時行くんがこいつと相対するけど、子ども大好きと知ってしまうと時行くん大丈夫!?と別の心配もしてしまう。

●夜桜さんちの大作戦
はぁ~~~~~、じいちゃんかっこよかった…………!堪能。

●破壊神マグちゃん
フレミング左手の法則!思わず実際にやってしまう。私も中指から電気を流せたら、どれが力でどれが磁界だったか区別がついただろうに!ところでフレミング左手の法則とかフーコーの振り子やピタゴラスの定理とかありますが、「てこの原理」を、「てこ」っていう人が発見したのだと勘違いした人の話があります。「てこ」って名前、響きがちょっと可愛いネ!ナプちゃんメガネ似合いすぎ!賢いナプちゃん、試験での上手い不正行為の方法について提案したところイズマくんのグーパンをくらう!「見損なったぞ「狂乱」のナプターク!」イズマくんてば邪神に向かって何をどう損なったというのだ。「信じたオレが馬鹿だった」うん、まずは教科書を信じようか。錬くんが教師並みに教え方が上手い!ナプちゃんのスライディングで慣性の法則、ナプちゃん天井から吊して揺らして運動エネルギーの説明、見て覚える学習!将来は教師とかいいんじゃね?あ、おうちの定食屋さんを継ぐかな?でもお姉さんもいるし、なによりナプちゃんがいる!ナプちゃんはきっと将来腕を上げる!頼もしい跡継ぎになれるぜ?

●僕とロボコ
ロボコと洗濯機が同化!そうか、同じメカ同士、相性良すぎたか!ママのお誕生日プレゼント、プレゼントの品がなくたって、小学生の息子が部屋をきれいにしてお祝いの料理を作っててくれたら、それだけで感涙モノだよー?

●WITCH WITCH
過去回想。ちびっ子モイちゃんの頼れるオトコマエ度がスゴイ!その頼れるオトコマエ度はそのまま成長して、おじいさんおばあさんを3人肩に乗せて横断歩道を渡るほどに!空から降ってきたニコちゃんをも華麗に姫抱っこ!今回、ラブキュン回だったわぁ~。

●アンデッドアンラック
ここもラブキュンだーーーーッ!さりげにシェンさんとムイちゃんがずっとくっつき合っててラブキュンだーーーーッ!シェンさんってスパダリになりそう。キョンシーだけど。

●灼熱のニライカナイ
海とクジラが迫力。せっかくなのでこの描写はもうちょい大ゴマでページ数も多くとってたら、もっと迫力だっただろうなあ。鮫島と神室の見開きよりもクジラを求めてしまった。八重さんが出てこなかったなあ。てっきり今回出てくると思ってた。

●宇宙カケル忍
以前連載してた時も思ってたけど、お尻と太ももに対するこだわりが感じられる。

●アイテルシー
6年前、高校生の時?セーラー服姿のマーさん。清楚で透明感あって綺麗。

●クーロンズ・ボール・パレード
快進撃!始まるよーー!連載は終わりそう~~?調子よく勝ってる様子は爽快なんだけど、急いでいる様子もうかがえるんだなー。

2021年6月 1日 (火)

2021年週刊少年ジャンプ26号感想(2)

●アメノフル
試験に遅刻して、それを理由に受験不可とすることを「めちゃくちゃ厳しい人だあの人……!」 ええっ!?そりゃ甘くはないけど、わりと普通じゃね?めちゃくちゃ厳しいってわけじゃないよなァ?公共交通機関に遅れがあったならともかく、遅刻の理由がアホだった。アホさを出したかったんだと思うけどさ~~実は迷子の子どもを送り届け、おばあさんの荷物を持ってあげて、車に轢かれそうな人を助けていたとかの事実でも出てこいや。

●高校生家族
ネットで背筋伸ばして立つ猫の写真をいくつか見たけど、もしやあの猫たちは高校生だったのでは……?とか思ったりして。あー、ゴメスかわいい。交番で警官に調書撮られてる最中に毛玉吐くとか、あー、かわいい。拳銃にじゃれつくとか、あーかわいい。猫好きは、猫が何してもかわいくてたまらんのだ。

●六とゆき
途中から「……あっ……、これぜったいどっちか死ぬ!または両方死ぬ!」と不穏な予感しつつ来るか来るかとビクビクして読んだ。実際に義賊っても人を殺して罪を犯しているので、ハッピーエンドだとしてもモヤッたと思うのですが、せつないなあ。

●アオのハコ
日常の青春……!こういうのいいよなァと思いつつ、物足りなく思う自分を止められない。はやくバド四天王や、バドミントンの帝王、バドカイザーの登場を……!そしてそのうちプレーヤーはコートに足をつけずに宙を飛んでバドるから……!

●マッシュル
赤ちゃん魔法!ドットくんランスくんが赤ちゃんにされちゃって、バブバブ言ってるのかわいーー! 2人の動きがシンクロしている赤ちゃんズ!どうしてもガラガラに惹かれてしまう赤ちゃんズ!クールなランスくんもガラガラの魅力にあらがえないとはな!ところでガラガラって正式名称あるのかな?って調べたら、江戸時代あたりで音の鳴る玩具がまとめてガラガラと総称されてたっぽい。赤ちゃん用品売ってるところでは、今はラトルって名前で売られてることが多いらしい。知恵袋でガラガラの正式名称はラトルです!と言い切ったアンサーも見つけたけど、違うよなあ。江戸時代にラトルって言葉が庶民にまで入ってたことはないだろう。でも、まさか「ガラガラ」って愛称みたいな単語が正式名称だと思わないよなあ。私もだから正式名称が別にあると思ったんだし。ドットくんランスくんの赤ちゃん化ですが、どうせなら他のメンバーも見たい。大勢赤ちゃん化して託児所のようになってるの見たい!(それは状況的にはかなりのピンチなのでは) マッシュくんはやっぱり忘れてた。今週もまだ思い出せてないっぽい。私も人の顔や名前を覚えるの苦手なので、マッシュくんの今の気まずい感じ、わかる。でもきれいさっぱり覚えられてないセル・ウォーさんがザマァな感じに楽しいから良し。

●夜桜さんちの大作戦
皮下さんは、皮下さんとすべきか川下さんとすべきか、悩むんだ。皮下のほうで慣れちゃってるんだけど。皮下さんは倒され、初代は今までの研究成果は「彼」に引き取らせると言う。彼?未登場キャラ?それとも兄弟姉妹達のお父さん?やー、もう、初代が厄介だなあ。お、そのお父さんとおじいちゃん邂逅。舅と婿の邂逅だ。バトる?バトっちゃう?

●僕とロボコ
必死に勉強するのがガチゴリラやボンドくんと々学校に通い一緒に卒業するため、モツオくんてばどんだけ2人のこと好きなんだー!わかってた!そんな友達大好きな子だってわかってたよ!デスノパロが次々と畳みかけてくる。楽しい。デスノート、連載終了からはもう15年も経っているんだね。「今日は何して遊ぼうか」と言う寝不足の様子のモツオくんを見て、みんなで昼寝しようと言うガチゴリラやボンドくん。優しい世界……!!!!

●あやかしトライアングル
バカップル~~ッ!!すずちゃん祭里くんのアホさが際立つ!この妙なノリはもう、この方向で行くんでしょうかね?なんかもう、二人ともヘンな性癖持ってる感じだし。んで、その性癖カップルの奇抜なプレイを見せられてる気分。シロガネさんは今日もツッコミを入れる。あやかしなのにシロガネさんが一番の常識人ぽいぞ?シロガネさんの背中でボディアタックツッコミ。私もそれされたい!猫の体当たりをくらいたい!あ、お母さんは教師を辞めないんですね。よかった。教師コスプレ好きなので。

●破壊神マグちゃん
ナプタくん、もう住み込み従業員が板についてる。折り紙も上手。この街で住民として着々とスキルをあげている。邪神たちはかわいすぎる。そろって折り紙折って、秘密基地の話に目を輝かせ、それぞれ基地建設に取りかかり、秘密基地のことでケンカするとか、ほほえましい。もめる基地建築に共同工事のご提案、ヤドカリちゃんがいちばん人間ができているな。海生生物に人間ができているって表現もどうかと思うが。そしてできた秘密基地は、私の憧れ、ツリーハウス!私の子ども時代の夢でした。い~なぁ~。今ももちろん好きだわ。この漫画はかわいいが詰まっていますな。邪神どもが、もうやることなすことかわいすぎて目頭を押さえちゃうよ。尊い……って、一言つぶやいて言葉を失う人の気持ちを邪神で知ったわ!

●WITCH WATCH
カラちゃんの突然の顔芸!突然の塾長!ロボコのまどかちゃんと張り合って行こうぜ。カンちゃんはニコちゃん挟んでモイちゃんと三角関係なるかと思ってたけど、カンちゃんニコちゃん見てるとそれよりも2人、手のかかる弟、妹って感じ。おっと、妹なんて言うとニコちゃん落ち込んじゃう。でも大丈夫!漫画界には妹のような存在から恋人の座を勝ち取った女の子が山ほどいるよ!ライバルポジションで妹のような存在でふられちゃう女の子も山ほどいたけど。髪を一本結びにしたニコちゃんが新鮮。この髪型もいいな。

●灼熱のニライカナイ
あのバカでかい左腕が神室さんの腕に装着。ええーーー、腕が小さくなって残念でならない。

●夏が来て僕ら
夏休みに田舎に来て地元の可愛い女の子といい感じになる。それってかなり可能性の低いシチュエーションになりつつあるぞ!なんたって過疎で年頃の女の子に会えることがまれだ。

●クーロンズ・ボール・パレード
あーーーッ!まだ高校に入学していなかった!まだ高校野球は始まっていなかったよ!かりんちゃんはかわいいし椿くんは美人で画面が華やぐ。椿くんはこのロンゲで高野連がうるさく言ってこないかな。漫画だからこそロンゲ野球部員はいて欲しいものだが。

●アイテルシー
相生さんのヘンさだけが突出していて、相生さんだけ豊かに描かれている。主役だからいいんだけど、脇役がモブくらいに印象弱いわー。

2021年週刊少年ジャンプ26号感想(1)

ネット回復。なんだったんだ? でも今日は途中まで。眠りたい。泥のように眠りたい。

●呪術廻戦
あ~あ~、お父さんにも、おうちの関係者にも容赦ない真希さん。むしろ身内だからこそ憎いかもしれない。てか、もう憎いとかの感情が沸くところもすでに超えてるかもしれない。それに何よりそれが真依さんの望みだし。お母さんもきっとやっぱり産むんじゃなかったーって再度思ってんだろうなあ。良いように解釈して、こんな修羅の道を歩ませるくらいなら産むんじゃなかったっていうんだったら良かったけど、お母さんも慈愛の感情が全然見えなかったから、きっとそのまま言葉通りなんだろな。真希さんと真依さんは、この家で、お互いしかいなかったんだな~。躯俱留隊隊長、禪院信朗さん、真希さん大暴れ後の惨状を見て「びっくらポンだぜ」 私、くら寿司行ったことないんですよ。地元にありますけど、行く機会がなくって。びっくらポン、憧れる……。甚壱さんがスゴ技出したァと思ったら真希さんに首斬られてたァ。頭部だけの甚壱さん。子どもにはトラウマか?と思ったけど今の小さいお子様はジャンプあまり読んでないだろうなあ。直哉さん、禪院家の最強呪術師集団「炳」の筆頭。へぇーー、そうなんーー(わりとどうでもいい)それより「人の心とかないんか?」わ、それ言う?お前が言う?今回、下書き掲載のページがあった。でもこれが下書きならではの勢いと迫力。興味深く見ました。しかし、いろいろムリしないでー!休んでー!ベルセルク未完を思うとな……。

●ONE PIECE
なんだかんだでルフィの首を斬っていないカイドウさん、甘いねぇ~~。いや助かりますよありがとう。ルフィの無事を信じております(全然心配してないけどね)今、みんながピンチに陥っていることを思うとやっぱ厄介な敵は殺しておくべきなのでは、と不穏な思想に陥りそうなんですが、それがカン十郎です。しっかりガッツリ倒しておくべき、実際今回菊さん斬られてしまったし。なんで生かしておいたんだと憤りを覚えるほどでした。でも、錦えもんに斬られ「おれの舞台の幕を引くなら お前がいい……! 舞台上じゃあ 親友だったもんな」 おでん様や錦えもんたちと長く過ごした年月もカン十郎を変えることはできなかったのは悲しい。けれど何も無かったわけじゃない、ちょっと泣けた……。錦えもんに斬られて終わる自分の舞台を演出したのかな……。

●僕のヒーローアカデミア
やっぱ重かったーーナガンさんの過去ーー!ってか、やるせない過去だなあ。どうすることが良かったのか、正解の見えない事案。ヒーローに理想や希望のイメージを過度に飾り立て、そうして膨れ上がった理想だからこそ、それが崩れた今のヒーロー不信。ナガンさんには味方になって欲しいけど、そう心変わりするような過去じゃないーー。ナガンさんのアクションはかっこいいのでしばらく見ていたいですね。ダメか、デクくん疲れちゃうな。

●ブラック・クローバー
マグナ先輩勝利!と思ったらダンテさん起き上がってるぅうッ!しかも謎の生き物みたいにィーーッ!キモいー。白眼の感じが伊藤潤二っぽくも見える。ホラー。マグナ先輩の努力の勝利で終わらないのかよ、と思ったらジャック団長がそっとトドメをさしてくれました(たぶん。その場面は無いけど)マグナ先輩の勝利で終わらせてあげたいというジャック団長の心遣い!んまぁー!けっこう気遣いできる人だったのねー。。ロロペチカさんの危機に颯爽とやってきたのはノエルちゃんとガジャさん!きゃーーー!ガジャさんに超萌えー!真っ先にロロペチカさんの元へ駆けてロロペチカさんの手を取って抱えて!姫と騎士は王道、定番、安定最強のロマンですわぁ~~。

●逃げ上手の若君
吹雪くん大食いキャラだった。仲間にすると利はかなりあるだろうけど、兵糧の心配が絶えないだろうな。吹雪くんと雫ちゃんはどういう知り合い!?って興味津々でしたが、まさか捧げ物を食べ尽くされたとは。「盗み食い」って言葉にするとちょっと食べられたみたいなイメージなので、盗み食いした、という表現は憚られる。征蟻党のお頭さん「南無阿弥陀仏 こう言っときゃ仏様が全て罪をチャラにして下さる 便利だろ」わーー、たしかにその単純なわかりやすさで庶民に仏教が普及したわけだけど!ふとキリスト教の免罪符を思い出した。いや本当は思い出してなくて、免罪符って言葉がどうしてもド忘れして出てこなくて「キリスト教 罪を許すチケット」で検索してしまった(けっこういいとこまで思い出してる) でも検索結果、3ページ見ても免罪符って出てこなかった。自力で思い出したよ。あと小学校低学年の時、キリスト教の「信じる者は救われる」って言葉で「わーー私信じるー。信じれば地獄に行かなくていいんでしょー?」というクラスメイトがいました。たぶんその人の信じるは、(キリストの)存在を信じる、否定しない、であって、キリスト教的には信じるっていうのは信仰して欲しいってことだったよなー。

●アンデッドアンラック
さすがキョンシー。カラーだと顔色の悪さがはっきりわかります、センターカラーです。モノクロだと、青~って感じはそんな思ってなかったな。シェンさん「大丈夫 ちょっと肌が青くなっただけさ」 ちょっとじゃなくけっこう青い。モノクロ時は私は土気色を想像してた。アントゥルースはムイちゃんが引き継ぎました。ムイちゃんかっこいー!美人ーー! 糸目の人がたまに目を見開くのはやはりインパクト強い。

●SAKAMOTO DAYS
マッド堀口さんがマッチョ堀口さんに!それに対するは坂本さんの無差別攻撃!シンは心を読んで攻撃避けよう大作戦。心読んでも坂本さんの攻撃を回避するの厳しいよー。エスパー能力よりもシンくんの身体能力すげえと思ったよ。

●Dr.STONE
死をも超える石化の効力。生きられると知ってしまっていたら、その手段が実際にあると知ってしまっていたら、すがってしまうよねえ。なんだか最初の石化から次々と、人類が試されているようだねえ。スタンリーさんは石化から復活はお預けなんだ!?いつか復活はするとしても、かっこいいポーズで石化してて良かったなあ。私きっとダメ。写真だってなぜこのタイミングで撮られたのかと思うことあるもん。私が石化したらきっと妙なポーズの時に固まってしまうと思う。

ここまで。また明日~。

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »