« 2021年週刊少年ジャンプ26号感想(2) | トップページ | 2021年週刊少年ジャンプ28号感想 »

2021年6月 8日 (火)

2021年週刊少年ジャンプ27号感想

●ブラッククローバー
優しいロロペチカさんが大好きなウンディーネさん。それを責めたくはないよねえ。ロロペチカさんが優しいままでいられるのがいちばんいいんだもの。でもロロペチカさんは魔力はめっちゃあるので、すんげえ隠し球を持って覚醒してくるんじゃないかと思ってたわー。攻撃的なのはノエルちゃんに任せておけばええんや。ノエルちゃん、暴れてやー。

●Dr.STONE
ステンレスと聞くと私は真っ先に流し台、シンクが思い浮かぶ。水を扱う場所だもんな。錆びずに清潔なのが大事。ゲンくんの口から「モンハン」とか出てくると、あ~~ゲンくんは現代っ子(21世紀っ子)だーって。ロケット制作に当たって、課程で人体に有害な物質を排出することもある。たしかに今の世界だと安全面を証明し理解を得られなければ反対されることもあろう。けれどそれだけじゃ「闇の科学使い」などとは思わないけどなー。物理現象だ。ゼノさんの自称。けっこう自分で言って気に入ってたりしないか?ゼノさん厨二病っぽいところあるし。マッドサイエンティストっぽい自分を好きそう。

●ONE PIECE
ルフィの復活と反撃はまだ?焦らしてくれるわぁ~~。引っ張り過ぎと違いますか。そうまでして絶望的局面からの反撃の見せ場が必要なのかよぉ~~~!焦れている私。もちろんそのうちそうなるはず!と信じているからなのだが、いっそルフィ抜きで勝利しちゃう?そういうのもアリだと思いつつ、きっとスッキリはしないだろうなー。ゾロはまだガチガチに十字に固められたままだった。よく見たら小さいコマではサンジさんがゾロを武器として振り回してた。でもゾロはハナちょうちんプクーでスヤァァとお休み状態。全力で休んでいるともいえる。

●呪術廻戦
はっはっはーー!ちびっ子直哉さん生意気真っ盛りでかわいー!直哉さんは単純なクズでいてほしかった気もあるんですが、甚爾さんのその強さを理解し憧れや尊敬の念を持っていたかもしれないとか、かわいげあるじゃん?甚爾さんに憧れて真希さんを認めたくない気持ち。ちょっと冷静さも欠けていたかもねー。それも可愛げ。強さに憧れ自分もその域に達したい。甚爾さんや五条先生を認めていてくれたのは好感。甚爾さんて直哉さんの何個年上なんだっけ?「甚爾君」って、くん付けなのか。「悟君」とも呼んでいたし、そういう呼び方の人なのかなー。ジャニーズ事務所かよ。大先輩以外は年上でもみんな(一部例外の場合もあるが)くん付けで呼ぶジャニーズの慣習。禪院家はジャニーズ!いいかも。真希さんもオトコマエにかっこいいので男性アイドルっぽく売り出したい。直哉さんは思いっきり真希さんにボコられてギャグのような顔の腫れっぷり崩れっぷり。死んではいないように見えるけど、なんだかんだでしぶとくそこそこ上手く生きて欲しい気持ちになりました。

●僕のヒーローアカデミア
ナガンさんは絶望は深かったけれども、結局はヒーロー張ってた人なので、根底には人を助けたい気持ちがあったと思う。オバホさんを役立つかもしれないという言い訳で助けているのもそうなのかなって。でもオールフォーワンさんにとっては想定内だったかな。むしろナガンさんを有効活用として最初からデクくんに近づく手段だったかもしれない。人間魚雷扱いかよ。

●マッシュル
良かったねぇ~~マッシュくんに思い出してもらえたよ!でもそのまま覚えてもいないくせに思い出したふりしてずっとバトルを進めるってのもおもしろそうだったかも。「おまえやっぱり覚えていないな!?」とかツッコミ入りつつのバトル。クラス会での私がそうでした。名前が出てこない!名前を呼ばないようにして会話を進める高等テク!緊張のクラス会でした。

●アメノフル
試験の全権を任されているから自由にルール改正ってのもなあ。筆記試験免除って、いやせっかくだから筆記試験くらい受けさせておこうよ、と思ってしまった。試験免除よりも特別に受験資格を与える、っていうルール改正のほうが好みだな。実力を測るチャンスをもらって検討してもらうほうがいいな、と。でも自分が受験者ならきっと試験免除はありがたい。泣きべそドラ息子はもしかして実力あんのか?息子は合格してトウカ先輩の犬になるといいな(文にするとひでぇ言い方)

●SAKAMOTO DAYS
鹿のかぶりものしてる人は、かぶったままのほうが良かったかな、と。大佛さんの殺しスタイルは豪快に回転ノコギリをぶんまわすタイプですか。体の前で両手で丸形バッグのようにかわいく持ってる。

●アオのハコ
針生先輩はいい人……!……なんだけど、千夏ちゃんをダシに大喜くんを特訓するとか、なかなかやりますな。そうやって大喜くんを奮起させておいて、千夏ちゃんの前ではさり気に大喜くんを持ち上げてくれるとか、先輩ってキューピッド……?彼女持ちの余裕でもあったのかも。芸能活動っぽいことしてるという彼女見たいー!大喜くんのことはこのままからかって振り回して欲しい。大丈夫、大喜くんなら耐えられる!

●高校生家族
家族それぞれが、それぞれの、セイ……シュン……ッ!!さすが、タイトルに「高校生」と入るだけのことはある。私もゴメスと子猫の居る学校に行きてぇ。

●タタランドー
おもしろかったよー!タタラくんの女装がかわいくてちょっと色気があった。

●あやかしトライアングル
シロガネさんとポ之助もアウトドアレジャーを満喫。そしてポ之助は良い仕事をした!祭里くんの水着ポロリをしたことではなく!いやそれが良い仕事ではあったのだが、二ノ曲先輩の超赤面、動揺興奮でノックアウトな姿を見せてもらって私楽しぃーッ!

●逃げ上手の若君
人が死んでるのにおもしろいって言うのは憚られるのですが、昔の戦の戦略、戦術は知恵と工夫がおもしろい。実際は、昔であっても多少の戦術よりは兵力の差がものを言ったと思う。だからこそ奇抜な戦術はお見事!って感じで褒め称えられたのだろうなあ。義経のひよどり越のさか落としとか。私は三国志や水滸伝とかも、してやったり、って感じの戦術描写が好きなんだよねえ。あー、横山三国志読みたくなってきた。敵のお頭さん、知力も武力も優れた上で卑劣暴力もお構いなしの冷徹無比外道かと思ったら、さらに称号追加。子ども大好き・えげつな非道ロリショタ変態武将。えっ!次回は時行くんがこいつと相対するけど、子ども大好きと知ってしまうと時行くん大丈夫!?と別の心配もしてしまう。

●夜桜さんちの大作戦
はぁ~~~~~、じいちゃんかっこよかった…………!堪能。

●破壊神マグちゃん
フレミング左手の法則!思わず実際にやってしまう。私も中指から電気を流せたら、どれが力でどれが磁界だったか区別がついただろうに!ところでフレミング左手の法則とかフーコーの振り子やピタゴラスの定理とかありますが、「てこの原理」を、「てこ」っていう人が発見したのだと勘違いした人の話があります。「てこ」って名前、響きがちょっと可愛いネ!ナプちゃんメガネ似合いすぎ!賢いナプちゃん、試験での上手い不正行為の方法について提案したところイズマくんのグーパンをくらう!「見損なったぞ「狂乱」のナプターク!」イズマくんてば邪神に向かって何をどう損なったというのだ。「信じたオレが馬鹿だった」うん、まずは教科書を信じようか。錬くんが教師並みに教え方が上手い!ナプちゃんのスライディングで慣性の法則、ナプちゃん天井から吊して揺らして運動エネルギーの説明、見て覚える学習!将来は教師とかいいんじゃね?あ、おうちの定食屋さんを継ぐかな?でもお姉さんもいるし、なによりナプちゃんがいる!ナプちゃんはきっと将来腕を上げる!頼もしい跡継ぎになれるぜ?

●僕とロボコ
ロボコと洗濯機が同化!そうか、同じメカ同士、相性良すぎたか!ママのお誕生日プレゼント、プレゼントの品がなくたって、小学生の息子が部屋をきれいにしてお祝いの料理を作っててくれたら、それだけで感涙モノだよー?

●WITCH WITCH
過去回想。ちびっ子モイちゃんの頼れるオトコマエ度がスゴイ!その頼れるオトコマエ度はそのまま成長して、おじいさんおばあさんを3人肩に乗せて横断歩道を渡るほどに!空から降ってきたニコちゃんをも華麗に姫抱っこ!今回、ラブキュン回だったわぁ~。

●アンデッドアンラック
ここもラブキュンだーーーーッ!さりげにシェンさんとムイちゃんがずっとくっつき合っててラブキュンだーーーーッ!シェンさんってスパダリになりそう。キョンシーだけど。

●灼熱のニライカナイ
海とクジラが迫力。せっかくなのでこの描写はもうちょい大ゴマでページ数も多くとってたら、もっと迫力だっただろうなあ。鮫島と神室の見開きよりもクジラを求めてしまった。八重さんが出てこなかったなあ。てっきり今回出てくると思ってた。

●宇宙カケル忍
以前連載してた時も思ってたけど、お尻と太ももに対するこだわりが感じられる。

●アイテルシー
6年前、高校生の時?セーラー服姿のマーさん。清楚で透明感あって綺麗。

●クーロンズ・ボール・パレード
快進撃!始まるよーー!連載は終わりそう~~?調子よく勝ってる様子は爽快なんだけど、急いでいる様子もうかがえるんだなー。

« 2021年週刊少年ジャンプ26号感想(2) | トップページ | 2021年週刊少年ジャンプ28号感想 »

週刊少年ジャンプ感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021年週刊少年ジャンプ26号感想(2) | トップページ | 2021年週刊少年ジャンプ28号感想 »