« 2021年週刊少年ジャンプ28号感想 | トップページ | 2021年週刊少年ジャンプ30号感想 »

2021年6月22日 (火)

2021年週刊少年ジャンプ29号感想

●マッシュル
セル・ウォーさんの魔法「ダイヤモンドカッター!!」…………魔法なんだけど、ダイヤモンドカッターって普通にホームセンターでも売ってるからさぁー、工業製品が頭に浮かぶ。実際売ってるヤツと形が同じだし。ホームセンターで売ってるのはもっと小さいけどな。そして「ブラックダイヤモンド」 こんなに大きいダイヤ……これ魔法で無から生み出されたの?売り飛ばしてぇわ~。マッシュくんのシュークリームパーチー、シュークリームパーチー。いったいなんなんだシュークリーム!?って思ったら幻覚かよ!幻覚とは言えシュークリームの幻を見るなんて、よっぽどマッシュくんのシュークリーム圧が強かったのか(シュークリーム圧ってなんだよ) 幻覚はアホのようでしたが。現実は締め落とされて低酸素症が引き起こした幻覚だったという、現実はけっこうハードでした。

●アオのハコ
女の子の半裸より大喜くんの半裸の方にドキドキだ!赤面しちゃう千夏先輩もかわいいし。でもしっかり割れてる腹筋チェックの千夏先輩。爽やか学校のスポーツ部活感すごいな~。リアルだとは思わないけど理想の青春感とでもいうような雰囲気でさー。いや、私が知らないだけでこんなのがリアルに繰り広げられてる人々もいるのかもしれん。針生先輩と大喜くんの関係性が良いわー。先輩後輩の上下関係はありつつ年の近い高校生同士の雰囲気が。針生先輩はバドの先輩で実力者だけど、柱になれとかは言わなさそうだ。いや手塚先輩をディスってはいませんよ?てかあの時手塚先輩は高校生でもなく中学生。チュー坊ですよ。すげえよ、褒め称えよう。針生先輩にはそういうのではなく、もっと大喜くんをかまっていじってからかってほしいという私の大きい期待が寄せられています。大喜くんの頭のツボを押す千夏先輩ですが、絵ヅラが犬をなでているようです。大喜くんのワンコ化、いいかも。

●僕のヒーローアカデミア
ああ、そういやオールフォーワンさんはデクくんを世に知らしめて追い込むということはやってないんだなと今更ながらに。でも、それを避けたいというより、今も計画通りだったらどうしよう。今の状態が追い込んでいる状態なのではないかと危惧。だってデクくん背負い込みすぎてダークサイドな感じよ?オールマイト先生まで振り切って。オールマイト先生を巻き込まないために、と先生自身もわかっているけど、なんだか先生、ヒロインみたいな立ち位置だな。お弁当差し入れにきたものの、彼ったら使命に夢中で私のことを振り向いてもくれないの、って感じだったよ。

●逃げ上手の若君
逃げてる時行くん、性癖に興奮しててサイコーにキモくて変態でした。ここまでヘンでいてこその「逃げ上手」高揚して興奮してエクスタシー感じちゃってる。なにも知らなければ、単純にほっぺた赤いコドモだよな。時行くんが変態くさい戦いをしている頃、弧次郎くんたちは少年漫画の主人公のような熱く真っ当な戦いを挑んでいた。この対比……。

●ブラック・クローバー
見所:乳児ノエルちゃんを抱っこしているノゼル兄様。もうすでにこの髪型なのか……と思ったら、あ、違う、前髪を三つ編みにはしてなかった。ノエルちゃんとヴァニカちゃん、並ぶと華やかだなあ。敵とはいえヴァニカちゃん、ヤンデてイッちゃってるとはいえ見た目派手ですからなあ。

●Dr.STONE
世界を巡ってんなあ。私ときたら最近自分の住む市からも出てないというのに。蛍石を求めてスペイン、バルセロナへ!蛍石って、フローライトか。天然石ショップでも売ってますね。宇宙服や宇宙船の材料にもなるのか~。フローライトから飛んでクンツァイト、ジェダイト、ネフライト、ゾイサイトを思い出し、今モーレツにセーラームーンを観たくなっている!千空くんたちが向かっているバルセロナですが、人類総石化から何千年も経っているけど、サグラダファミリアは未完のまま朽ちてしまっているんでしょうかねえ?ホワイマンの正体、はやく知りたいけれどもそこは焦らして引っ張って欲しいような気もある。謎を知るのがもったいない、みたいな複雑な思いがあってだな。ミステリ小説も、はやく結末が知りたいと思いつつ、小説自体がおもしろいと終わりに近づくのがもったいなく思ってた。こらえ性はないのですぐ最後まで読み切るけど。ホワイマンのメッセージ「DO YOU WANNA DIE(死にたいのか)」 怖~~。でも脅しではなく親切な普通の警告ってことは……ないかな?どうかな?

●SAKAMOTO DAYS
複数人数大暴れ。良いですねえ。今週もアクションかっこよかったぁーー!平助とシンくんの共闘はこれからも見たいです。平助くんはたまにやばいポカをしそうな気もするけどむしろそれが良い!シンくんには苦労を背負ってもらいたい。シンくん「姿が見えりゃこっちのモンだ!」心読むだけでなく基本戦闘力が高いのがこのセリフでわかってしまう。で、シンくんの動きもド派手で良かったです。坂本さんも大暴れの雰囲気。坂本さんには、スリムになるのは本当に時々、めったにないご馳走って感じで、ふだんはあくまで今の体型で暴れて欲しいなあ。サモ・ハン・キンポーっぽく。

●夜桜さんちの大作戦
四怨お姉ちゃんのファッションショ~~。コスプレ楽しい。いろいろ見られて楽しい。お出かけコーディネート、悩みすぎてもう全裸でいいっかってなる四怨さん振り切ってるわ~。体操服は犯罪っぽくて良かった。(犯罪っぽいと言う言葉に良かったと付けるのはマズいのでは) チャイナ服はフツーに似合ってたなあ。ヴィクトリアンドレスも意外にお似合いで。下着だけってのがいちばん四怨さんぽいけど、お出かけコーデにするには冒険者過ぎる。

●すりーぴんぐ&ギャング
コチちゃん時々、よつばとのよつばちゃんみたいなセリフの言い回しや雰囲気。じゃトウジはとーちゃんか?トウジは室内でも下半身パンツだけではないので、とーちゃんより装備が多い。

●WITCH WITCH
超大事な書類をシュレッダーにかけちゃって、これと同じ事を試みようとした知り合いがいます。根気と根気と根気が要る作業らしいよ!?モイちゃんが有能すぎる。トンカツ食べたくなった~とわめくニコちゃんカンちゃんに文句言いつつ、瞬時に揚げたてのトンカツ提供。なんて有能すぎる。私までトンカツの口になってしまったじゃないの。千切りキャベツもむさぼり食いたい。お話のメインの柱はさすがの篠原先生ならではの人情話。ええ話や……。

●僕とロボコ
四行詩!ぎゃ~~~~ハンター読みてぇ~~~!続き読みてぇ~~!!今度再開したら再開した話を読む前にはじめから全部読み返そう。って、はやくその日が来てくれよ。四行詩が浮かび上がる場所とそれを書き写す絵ヅラのインパクト!パワーワードの画像版って、なんて言えばいいのかしら。この場面だけに限れば、これは実写のほうが衝撃ある画になると思う。でもロボコのお尻とパンツには相当のこだわりをもって作成して欲しい。って誰も作っとらんがな。ところでロボコは特質系なんかな??

●あやかしトライアングル
二ノ曲先輩「風巻の胸を見ただけか俺は……あまりにも未熟!!」戦闘に参加できなかった二ノ曲先輩は自分を嘆いているけど、祭里くんの乳首まで見れたのはけっこうな収穫なのではないでしょうかね。

●アメノフル
今週バカバカしいノリがおもしろかった。でも当人達はなにもふざけていない。めっちゃ真面目にやってる。真面目に……野球になってしまっている。

●アンデッドアンラック
四季って4つに区切った人間の概念だと思うけど、まあ、いいや。全然関係ないけどオカルト系の話で、例えば夜中の12時に合わせ鏡をして覗き込むと云々、とかいう話。その12時とは?時刻も人間が作った区切りなんですよね。しかも国によって標準時を選択するじゃないですか。アメリカなんて国の中で東部時間と中部時間、西部時間とかで1時間ずつ差があったりするし。あとサマータイムとか。オカルト現象、超常現象を起こす方も時計や場所を気にしないとうっかり出現時刻を間違うかもしれん。風子ちゃんアンダー行きかぁ。うまく嵌められたというか誘導された感じ。それしか選択肢がないようにされたのは悔しいなあ。

●高校生家族
データテニスに妹の参入希望!でも光太郎くんにとっては部活が家族の居ない高校生生活を送る唯一の場所……。バイト先にも妹居るしな。

●破壊神マグちゃん
藤沢家の父、料理長に味見をしてもらってOKもらった時のナプちゃんの喜び輝く表情!鼻血噴くかと思った。劇的カワイイ……。かわいい大賞……カワイイがカンストしている……。手をあわせて拝みたい。ああ!さすが神か!

●アイテルシー
パスワードは解けるそうですが、私は推理小説でも自分が推理しようと思わないで読んでるしなあ。

●機械仕掛けのアイオライト
この育てられた赤ちゃんのほかに人間はいるの……?愛情もって育てられたようだけど、この子がこの先最後の人類でひとりぼっちで生きるのかと思うとつらいなー。

●灼熱のニライカナイ
いきなり年数経ってたので、ああ、これは……って思ったらやっぱりー!最終話だった。残念です。海底神殿編が終わりで、たとえば別の海上麻薬取引撲滅編とか密漁者タコ殴り編とか台風襲来編とか、鮫島さん古代人覚醒編とか、そんなん感じのその他いろいろ読みたかったよ。私は田村先生のギャグ、コメディが好きなのですが、カルトな宗教のザワっとくる薄気味悪さとか、道が分かれて戻ることの出来ないやるせない辛さとか、こんなんも描けるんだなあって新しい面を見せていただきました。シリアスばっかりになった時はギャグ読みたいギャグ読みたいってワガママ喚いたりもしたけど、神殿編クライマックスはズシーンと心打たれたよ。ああ~~もう、うう~~~~やっぱ打ち切り悔しいな~~~。

●クーロンズ
やっつけ感がある…………

« 2021年週刊少年ジャンプ28号感想 | トップページ | 2021年週刊少年ジャンプ30号感想 »

週刊少年ジャンプ感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021年週刊少年ジャンプ28号感想 | トップページ | 2021年週刊少年ジャンプ30号感想 »