« 2021年週刊少年ジャンプ27号感想 | トップページ | 2021年週刊少年ジャンプ29号感想 »

2021年6月15日 (火)

2021年週刊少年ジャンプ28号感想

●SAKAMOTO DAYS
大佛さんてば坂本さんのことが気になるご様子!「くまさんみたい」と、ときめく大佛さん。今のところ愛玩動物枠のようだけど、そっからラブに転じたりしないでしょうな?坂本さんは妻帯者ーー”!妻も子もー!不倫トラブル勃発するかな?でもこのネタはぜひともやって欲しいものだ。坂本さんとシンくんそれぞれのバトルもかっこいー!体を動かすアクションバトルが好きです。なんせ私、自分自身の体の動きはにぶいですからなぁー。憧れるし。で、テンション上がったところで平助登場!おおーーーーー!気分爆上げ!

●Dr.STONE
そういやさー、都市ガスの丸いタンク。あれ、私にとっては街の象徴なんですよ。なんせ田舎の農村部には無ぇからな。さすが都市ガスっていうだけのこたぁーある、と思ってた。また別行動。3チームに分かれるのかぁ~。今までも別の地でそれぞれ、だったけど、お別れって感じは薄かった。通信機あるもんな。今(現代)だって、遠距離になった友人ともケータイ、メール、SNSなどで、繋がろうと思えば繋がっていられるもんねえ。超合金、インコネルって初めて知った。何も知らんので、どうしても睡眠に入る小鳥を想像してしまう。インコ寝る。今後、千空くんチームは世界を回り宇宙船の素材集めの旅に出る。……けど、ぜったいきっとただの素材集めの旅にはならないんだよ!わかってるんだよ!(スイカちゃんぽく叫んでみる)

●ONE PIECE
ナミさんのネーミングセンス。独特で受け入れられないというネタは久々です。ラクダにマツゲとか名付けようとしたこともあったよね。ゼウスに新しい名前「わた」を提供しようとするも、完全スルー。まったく無視。何事もなかったことになってる。このままゼウスは仲間かなー。ヘッドハンティング!引き抜き!転職だ!でもマムの魂で出来てるんだよね。ヤマトさんとカイドウさんの関係がナゾ。親子だっちゅーけど、カイドウさんは実のところヤマトさんをどう思ってるのか。親子の情だけで将軍の座につかせるようなカイドウさんだとは思えないんだけどなー。さて、次回は親子対決。ってとこで次回休載だ!

●呪術廻戦
あ~~直哉さんが~~。しかも皮肉。「三歩後ろを歩かれへん女は背中指されて死んだらええ」って言ってた直哉さんが、真希さんのお母さんに背中刺されるとは。直哉さんはここに来ないでフツーに救急車でも呼んだらどうだったんだと思わんでもない。真希さんのお母さんについては、複数の解釈ができるので、どう捉えていいかわからん。真希さんのお母さんは、娘達を愛していたかというと、どうしてもそうは思えない。我が子を愛することも許されなかった、自分らを蔑む禪院家への報復、といった感じか?母親としての愛があったのではなく、愛したかった、という感じ。それは愛ではないかというと、そもそも持てなかったので、やっぱり無かったとしか。産んで良かった、というのも愛ゆえではなく、解放された後の自分のドリーム的な?母親も禪院家の被害者ではあると思うけれど、やっぱり禪院家の者かと思うのだ。直哉さん、しぶとく生きそうな気ィしてたけど、自分が憧れた強さの領域に行けることもなく、蔑んだ女にフツーに包丁で刺されて死亡ってのも、しょーもな過ぎて直哉さんらしくも思える。真希さんはもう戻れないよ。お母さんは戻れと言い、西宮ちゃんも真依ちゃんに「行くな」と言った。でももう二人とも戻れないよ。もう仲間として頼りになるお姉さんの真希さんに戻れる感じがしないよ。で、ここでしばらく休載か!休載は事前にネットニュースで知ったけど、再開未定とは思ってなかった。でも、再開できるように養生して欲しい。

●僕のヒーローアカデミア
雨が苦手なエンデヴァーさん。なんだかかわいいな!それをぺろっと言っちゃうところが。はがレンのマスタング大佐を思い出す。雨の日はイマイチな大佐。「オレ、楽観的なんす」ってホークスさんの言葉は少し気持ち軽くなる。なんせ話が重いですからなぁ~~。エリちゃんの話が出てくるとザワザワする。もうエリちゃんがツライ目に遭いませんように。オールフォーワンさんはどこまでも先読みしてて、悔しいな。裏をかいてギャフンと言わせてやりてえ。ホントにギャフンと発音させてえわ。

●逃げ上手の若君
瘴奸さん。漢字変換めんどくせえ~~。すぐ出せない。いいや、やっぱり「お頭」でいいや。お頭さん、安心・安定の外道。外道なんですけど、とっさに子どもの値段鑑定、しかも品質向上でそれに見合うよう売値を上げることも考えるサプライヤーかよ。だんだん時行くんの値段が上がっていくのおもしろい。いや、人身売買、面白がってちゃだめだけど。実は北条時行とばれたらめっちゃ値段上がるんだろうなあ。

●アオのハコ
好きな女子が近くで着替えしてるというそのシチュエーションだけでドッキドキ!露出なんかなくても妄想力で補完だ!日常のちょいドッキリ案件。モロよりチラリが興奮するってヤツですよ!私もいったい何を言ってるんだか。それはそれでときめいてよろしいのですが、針生先輩と大喜くんのコンビももっと見たい。むしろそっちも楽しみになってきている。

●マッシュル
校長先生が不敵にかっこいーー!校長先生にはしばらくは絶対強者でいてほしいな。まだまだお達者、負け知らずでいてほしい。マッシュくんがドナー目的で生み出されたとかいう重い人生!でも、まぁ知らんがな、ですよね。他にもう5人のマッシュくんの兄弟がいるってことですか。似てるのかな。そのうち出てくるのかな。全員がマッシュくん走りをすると、壮観だろうなー。全員がマッシュくんのダンスチームもおもしろそう。しかし全員がマッシュくんだとすると、ボケばっかりでツッコミ不在、収拾がつかなさそうだ。

●僕とロボコ
ガチゴリラ、エースで4番なのかよ!かっこいいな!いやマジ、ふつうにかっこいいって思った!ジャンプにおいてギャグ漫画がスポーツ漫画も担う時代になったようだ。

●おれの手は恋をつかめない
お互いこれから手をつなぐだけでいいのかよ!他の所触らないで清く生きる気かよ!

●激高完全サッカー部
アホでおもしろかったけれど、私はすでにボールは友達っていうC翼のパロ漫画でサッカーボールが「お前は友達を蹴るのか!」と責めるのを読んだことがあったのだ。擬人化もしてない、ほんとただのサッカーボールが。

●アメノフル
ポップコーンてスイーツ?スナックって感じもする。キャラメルポップコーンなんかはスイーツ分類かなあ。私はバターの香りが苦手で、おうちでレンジやフライパンで作るポップコーンの素?っていうのかな。それの出来たては私が部屋から逃げるほどです。海野くんは「なにやってんの?」と問われ「カッコつけてんだよ!」と超キメ顔で答える。これがまたかっこいい、いい顔で。いいんじゃね?アホのようにかっこつけるキャラでいこうか?ただのアホよりひねりが効いてるかな、と。実際、かっこつけるって、理想を求めてるともいえる。……なんっつって、かっこよく言ってみた。

●あやかしトライアングル
二ノ曲先輩は早々に気絶。かわいいから良し。それに気絶してなかったら、サンオイルぬらぬらイベント参加だっただろうな。それも見たかったが、二ノ曲先輩にそれは致死量イベントだ!シロガネさん、超シリアスに語る「恋緒も希代の変態だが すずもまたはるか高みをゆく圧倒的ハレンチ……!」いや、何言ってんだーーッ!しかしそのアホさが日照り神を動揺させる。変態も、世のため人のため。世界を救うのである……!

●夜桜さんちの大作戦
アイさんは夜桜家で幸せになって欲しい。ミズキさんへの思いを抱えたままで幸せになって欲しい。それにしても末っ子ができたようで夜桜家で大歓迎なの楽しい。末っ子っていうか、太陽くん六美ちゃんがパパママ属性を覚醒させているので夜桜兄弟姉妹の姪っ子か。凶一郎兄さんの長男属性が暴走しているのも楽しーー!凶一郎兄さんとアイさんの二人メインの回とか見てみたいなー。

●破壊神マグちゃん
私も流々ちゃんちに行くーーー!みんなとゲームするぅーーーッ!マグちゃんはゲーム廃人になってもかわいい。いや廃人じゃなく廃神か?ハチマキマグちゃんは殺意の波動も出せそうだった。

●高校生家族
今回はスポーツ枠はロボコのほうだった。こっちはハートフルファミリードラマになってました。ちょっと涙ぐみそうだったよ私。ちょっとカオスな内容なのに!

●アンデッドアンラック
なるべくしてなった集団的猛攻勢。これで良し、なんだろうけど、対サマー戦、もっと、サマーとのバトルが見たかった。

●WITCH WATCH
このノリ、このわけわからんノリ、しかし着々とストーリーはそのわけわからんままで進むという、しかも最終的には形が整うんだよ!でもモイちゃん、半裸でカンちゃんをオットマンにするのはやめて!せめて着衣で!(そこ?)

●クーロンズ・ボール・パレード
野球の試合がさくさく進むのはいいし、新規のライバルキャラが出てくるのもいいけど、既存キャラのモブ化が進む。既存キャラが薄っぺらいなあ。新しい登場人物のネタだけで話を作るのはどうなのよと思うが、新しいキャラを急いで出しておかねばならない状況に追い込まれてるとしたら……?

●夢操縦
ショートフロンティアはいつも後味が苦めのショートショートだなあ。世にも奇妙な、とかアメージングストーリーとかトワイライトゾーンみたいな。

●灼熱のニライカナイ
鮫島さんに古代人の血が流れているかもしれないと。海底神殿の話は不気味さ、カルト宗教的な怖さがあったし、古代人云々の話が出てきてもおかしくはないけれど、普通の警察モノも恋しいなー。今回タイトル回収かよ。せつない。連載初回はこのタイトルも愉快な南国極楽みたいなイメージだった。

●アイテルシー
マーさんと相生さんの百合っぽいのはそんな萌えんなー。高校生マーさんやショートカットマーさんなら、もうちょいいけるか?

« 2021年週刊少年ジャンプ27号感想 | トップページ | 2021年週刊少年ジャンプ29号感想 »

週刊少年ジャンプ感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021年週刊少年ジャンプ27号感想 | トップページ | 2021年週刊少年ジャンプ29号感想 »