« 2021年週刊少年ジャンプ32号感想(1) | トップページ | 2021年週刊少年ジャンプ33・34合併特大号感想 »

2021年7月13日 (火)

2021年週刊少年ジャンプ32号感想(2)

●僕のヒーローアカデミア
かっちゃんが、いつでもかっちゃんで安定のかっちゃんで、すっごい安心感。かっちゃんが来てくれた!そしてA組のみんな。デクくんを救うためのVS・A組。アツイ!燃えるぅ~~ッ! かっちゃん、「俺はデクの事も オールマイトの事も 知ってる」 そうだよなぁ、かっちゃんはオールマイトにも思い入れがあったんだった。で、かっちゃんはもう吹っ切れてるよね?(まあいつも吹っ切れ感あるけど) デクくんをぶっ倒すのに躊躇なーーし!遠慮もなさそう。以前からだったな。あと、校長先生がすっごく良かった。頼れる校長。かわいらしいげっ歯類の見た目だけど、きっと相当な猛者なのでは。

●レッドフード
ちょっと絵が見づらいな。何がどうなっているかわかりづらい。グリム姐さん、もうちょい親切になってくれないかな。優しくなれとは思わないけど、もっと合理的な指導を、って思ってしまう。グリム姐さんも、そんな義理はないのでしょうけど、あまり有効なことをしている感じがしない。

●夜桜さんちの大作戦
試験会場は家電量販店の洗濯機から入場?お店の中で「ママーあれ買って-」とねだる幼児に「時には自制心も大切よ」とママ。ただのモブのセリフですけど、こんなノリはけっこう好きだなあ。人見知り、ビビリ、ヘタレの三重苦の辛三兄さんですが、やっぱかっこいいなあ。優しいし、かなりの優良物件。気弱で優しそうでいて、やることはわりと容赦ないってギャップも良し。何度か語っていますが、ハンター×ハンターのハンター試験がおもしろかったため、それ以来試験に期待を寄せてしまう。スパイ昇級試験、おもしろくなるといいな。

●破壊された原スープ
妄信的な人というのが好きじゃないんだよなあ。強く信じる気持ちがそのまま強さになるのはわかるけど、私は常に悩んで疑って迷って、常に考えて生きるべきだと思う。それを漫画にするとたぶんウジウジ悩んでうっとうしい、おもしろくない漫画になると思うけど。弟くんが妄信的でウザかったので、早くバレてほーら、ザマァ、なことにならんかなと思っていたのでその期待は叶ったわ。あと、作中にあった作品と作家の人間性についてですが、自分の内面を表現するタイプの作家もいるけれど、作家の人間性無関係に作品をクリエイトする人もいる。作品と作家はある程度切り離して捉えるべきかなあと思ってる。

●ブラック・クローバー
ああ、なんか物足りないかなと思ったら、ページ数が少ないのか。ガジャさん……ッ!どうなっちゃうの!?ガジャさんにはロロペチカちゃんとのロマンスを求めてしまう。姫や女王と騎士はロマンです。姫と盗賊、シスターと盗賊なんかも好きだわ。あ、カタブツ騎士や聖職者と踊り子なんかも萌える。

●僕とロボコ
あら、マジで過去編なのか!なんか、そういう企画かと思った。過去編っても小学生の過去……。3年前のガチゴリラくんやモツオくんは、いい子だけど、ちょっとトガってた。そんな彼らも今はもうすっかり大人になったね(今もまだ年齢はコドモです)ボンドくんは天使のようでした。心洗われる思いでガチゴリラくんとモツオくんとともに涙流れそう。今のボンドくんはロボコと出逢い、少し苦労人な大人な雰囲気を持ち始めたかもしれん。

●SAKAMOTO DAYS
シンくんの能力が人命救助にも役立ち、シンくん自身もその能力を気に入ってる風なのは、所長さんの後悔を払拭してくれたな!所長さんの研究は全然無駄じゃなかったんだよ!スラーさんとの邂逅はゾッとしますねー。たまーに顔出してラスボス感を煽っておくのもいいかもしれない。ラスボスなのかは知らんけど。坂本家の食卓に平助くんも混ざってるの良いですねー。これからもたまに平助くんを食卓に呼んでやってください。

●高校生家族
制服のネクタイ姿なんだけど、どうしてもあふれるサラリーマン感、一郎。そしてゲームのコントローラーも、キーボード操作ならまかせとけ!?さすが企業戦士だった父!会社の事務処理で培ったか?そして雄叫びをあげる「これが初老の力だぁああ!」いや、そのセリフは少し物悲しいような気も。

●破壊神マグちゃん
シリアスでもほのかに感じる可笑しみと可愛らしさ。いや、ほのかにじゃねーわ、がっつりと感じるわ!ナプちゃんのお店にかける愛と責任感!ヤドカリちゃんたちのけなげさ!尊い……!拝むレベル。そうか、まさしく神じゃないか。チヌちゃんに「いらっしゃいませー おひやどぞー」と皿にお水を出してあげるヤドカリちゃんたちのかわいい給仕力!そしてナプちゃん「マグ=メヌエクは渡さぬ!奴は今 吾輩の客だァ!!」料理人の誇り!! え?マグちゃんマスコット人形が発売されるの!?……心揺さぶられる……。

●あやかしトライアングル
がっつりと、息をするように流れるように、エロハプニングをぶっ込んでくる、さすがは矢吹先生やで!ヤヨちゃんは……このまま夢オチじゃダメかな。あくまで学校サイドの友人でいて欲しい気持ちがあるんだ。

●タッキュウガイ
イキオイに飲まれる。なんじゃこりゃー!卓気てなんや~~!ってなったところにさらに畳みかけて「その卓気 およそ百万超」の町内会四番手のおばあちゃんが立ちはだかる!四番手ってことはおばあちゃん、四天王の一人ってことですな!?

●WITCH WATCH
知らせに行く前にネムちゃん拉致られるかと心配してたぁ~~!無事で良かった。でもヤバそうな雰囲気続いていて不穏。

●アメノフル
ミサキくんがんばれ。皆の期待と希望を背負って、ミサキくん、参☆上! と思ったらあっというまの瞬殺。まあ敵が強かったって事で。実際に強いんだろうしさ。

« 2021年週刊少年ジャンプ32号感想(1) | トップページ | 2021年週刊少年ジャンプ33・34合併特大号感想 »

週刊少年ジャンプ感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021年週刊少年ジャンプ32号感想(1) | トップページ | 2021年週刊少年ジャンプ33・34合併特大号感想 »