« 2021年週刊少年ジャンプ36・37合併特大号感想 | トップページ | 2021年週刊少年ジャンプ39号感想 »

2021年8月24日 (火)

2021年週刊少年ジャンプ38号感想

●マッシュル
思ってたよりずっとテストの点数良かったよ!マッシュくん頑張ったなぁ。いっしょに頑張ってマッシュくんに勉強を教えたみんなの友情の力、そしてその友情に応えるべく頑張ったマッシュくんの力!いやー、どんなに頑張ってもマッシュくん2桁の点数取れないと思ってたよ(←失礼) 今まで実技でなんとかしていたというマッシュくんの学園生活。魔法使えないのに、その魔法の実技でなんとかなっていたっていうのかよ。

●ONE PIECE
「見つけたぞロロノア・ゾロだ!!」 いや、あの十字架ミイラの物体をよくゾロだってわかったな、敵の皆さん。ゾロサン共闘だーーッ!けっこう別の場所にいて別行動が多かった2人だから、実は共闘ってあまりなかったんじゃない?あってもちょこっとだけだったような……?ここはうんと盛り上げて欲しーなーー。

●僕のヒーローアカデミア
校長先生「雄英は 動く!」 そうか動いてくれるのか、……えええっ!?物理!?物理的に動くの!?うわぁーー、こりゃアレだ、雄英は巨大ロボットになるしかねーな?避難してきた人の気持ちもわかるけど、こういう、民衆に責められる、みたいなシチュエーションは本当につらくて、胸に重苦しいものが刺さるようです。お茶子ちゃんが叫ぶ!思いを叫ぶ!お茶子ちゃん、そんなに出番は無かったけど、ずーーーっと思い悩んでいただろうなあ。ヒーローは一人じゃない。唯一ただ一人のヒーローじゃない。そしてヒーローはひとりぼっちでもない。

●逃げ上手の若君
のっぺり薄味な顔の武士さん。アンタそんな無害な顔して「戦場で生肉をいっぱい食べたので」 ええっ!戦場で生肉っていったい何?あ、馬肉とか?馬肉ですよね?馬肉だと信じたい。時行くんの叫んだ言葉にきょとんとして、顔が変わった鎌倉武士のみなさん。あの濃い暑苦しい顔、表情だったのか。時行くん、新しい技、尻で攻撃。ちゃんとワザ名が欲しいな。吹雪くん命名よろしく。ただ、時行くんにはこの時の記憶がないのよね。孤次郎くん「ビシッと一喝してましたよ若が あの保科をまるで尻に敷いてるみたいに」 まるで、ではなく、ホントに敷いたじゃん。主君思いの発言ですなー。

●呪術廻戦
あ、秤先輩、今回の見ると、若く見える。年相応。綺羅羅先輩は五条先生が封印されたの信じらんないっぽい。それほど五条先生の強さ桁外れだったってことだな。五条先生の封印は、敗北したっていうんじゃなくて、戦略、戦術でしてやられた、ってのは良い。強いキャラがただ倒されて、敵の強さの試金石になり戦闘力のインフレ起こるのはちょっと食傷気味。そういうのは1雑誌のうち3作くらいまでとしておこうぜ?全部無くなれとまでは思わない。最近は、こういうのももう様式美として受け止めようかと。伏黒くんの「脱兎」 うさぎちゃんの群れ!かわいい~~。綺羅羅ちゃんも思わずキュン。伏黒くん、平和になったらウサギカフェやろうぜ?

●SAKAMOTO DAYS
ポーカーのルール、私もわかんないのでシンくんに共感しまくりだ。ポーカーのルール知ってるってだけでシンくんよりルーちゃんのほう賢く見えないか?(賢く見えても別にいいじゃん) あ!このカウンティングっていうの、場に出たカードを全部暗記して確率を予想するヤツ、なんかの漫画で見た!(私の知識の大半は漫画から得ている)

●Dr.STONE
欲しがり龍水くん SAIくんという「お兄ちゃん」が欲しかったわけだ。人財としてではなく。七海家、なんかSAIくんと龍水くんだけ正妻(?)の子じゃないとかの情報投下。え?どゆこと?めんどくさそうな家だなあ。家族の集合写真に入れてもらえないとか差別過ぎる。ゲンくんが兄弟間のこじれをすぐさま把握し、いい感じの言葉を向ける。ふわぁ~~、さすがゲンくん。しかしこうなってみると、龍水くんてばスゴイお兄ちゃん子。

●NERUー武芸道行ー
馬ァッ!どっからー!?ネルくん馬に乗れるんですね。私、乗馬が憧れなんですよ。小学校の時、馬に乗って学校に行きたいと思ってた。中学校になったらプテラノドンに乗って行きたいと思ってた。知能が下がっている。実際は自転車が精一杯だなあ。生き物に乗って動きをコントロールできる気がしないよ。

●フレンhチ・オブ・ザ・デッド
扉絵見たときは女の子かなって思っちゃったけど、本編ではしっかり、ああ、男の子だなって思ったよ。ちょっとのんびりしたテンポのゾンビ漫画。この雰囲気は楽しいな。あ、ゾンビ漫画じゃなくて料理漫画??

●ブラック・クローバー
うわーー、最初からこういう設定だったのか、それとも後付けか。後付けだったとしても、逆にこれスゴイ!上手く繋がっている。お母さんの死について、ノゼル兄様が呪いのせいで真実を明かせないこと、ノエルちゃんを遠ざけようとしたこと、メギキュラさんの呪いに起因していたという。そしてノゼル兄様とノエルちゃんの兄妹コンボ!何がどうしてどうなってメギキュラさん倒れたのかよくわかんないけど、勝利です!ちょっとあっさり、あっけなく、と思ったけど、ブラクロっていつもわりとそんな感じよね。サクサク進んで、それが良いところでもある。

●あやかしトライアングル
ご立派な臀部から伸びる太モモ、そしてその力を膝に乗せて。うん、膝は大事、膝の威力すげえ。私はここでロボコを思い出していたのですが。そして、  二ノ曲先輩を褒め称えよ!あんな冗談のように女体に免疫ない先輩が!祭里くんのために!足はすくみ、指先も震えているというのに!二ノ曲先輩を褒め称えよ!! うわーー!やっぱり二ノ曲先輩大好き~~!

●レッドフード
ええ~~~、村長…………?? なんともビミョーな気持ちになった。今後のストーリーで納得できればこのモヤッとした気持ちが払拭できるんだが。

●夜桜さんちの大作戦
二刃姉さんの試験。具体的には何がどうなってどうなのかって、よくわからんかったけど、今普通に茶ァ飲みたくなった。普通の茶な!二刃お姉ちゃんが長女っても、六美ちゃんが幼かった頃は二刃お姉ちゃんだって幼かったわけで(今も見た目は幼いけどな)妹の気持ちまで守って癒やすのは難しかったと思うのです。明るい雰囲気の兄妹たちだけど、やっぱり夜桜の家は闇を持っていたわけで。そこへ太陽くんが六美ちゃんに寄り添い支え、そして今も六美ちゃんのために強くなろうとしてくれている。良い婿を迎えたなと思ってくれてるんじゃないでしょうか。太陽くんにとっても、家族を全て失ったところに、新たな家族ができて良かったなあと思うのです。さて、家族というものにはめんどくさい人がいることもあるわけで……、太陽くん、次の長兄の試験、頑張ってや~~。

●アンデッドアンラック
桜に触れなくても桜化すんの!?なんでや!?あ~~接触感染だけでなく、空気感染もするみたいなものか~~。誰か一人くらい桜化しそうで怖いですね。そこは半分くらいの桜化で、解除まで時間がかかるとかで、最後はその人を囲んでお花見、とか明るい感じになれば楽しいかも。チカラくんが頼れる感じになってて期待。

●WITCH WATCH
ニコちゃんカンちゃんで魔女戦は勝利?バトルはモイちゃんのほうが熾烈で激闘になるんかな。ニコちゃんカンちゃんのほうは、あまりシリアスにならず、わちゃわちゃホイサホイサやってるうちに、上手くいったーーってなって欲しい。実際今のところそんな感じなんだけど。モブリビエイト!あの大爆笑した魔法がこの場で使われようとは。

●僕とロボコ
ピンチです。ロボコの膝が故障。大ピンチです。ロボコといえば膝、膝と言えばロボコ、ヒザヒザヒザと10回唱え、じゃあここは?と肘を指さしたら、膝以外認めん!と暴れるほどロボコといえば膝です。今連載が続いているのも膝のおかげだそうです。

●アオのハコ
雛ちゃんのビジュアルは、あらためてメッチャかわいいよなあと感じてる。雛ちゃん、しんどそうで見てるこっちがつらい~~。壊れそうで怖い~~、って思ってたところに大喜くん登場。大喜くんはいヤツだよなあ。いいヤツだからこそ、惚れてまうやろ~~惚れてまうやろ~~。いや、すでに、だったかもしれない。自覚するだけかもしれない。で、それはそうと、雛ちゃんの周りの人間、せめてオトナは雛ちゃんのメンタルに気ィつかえや!雛ちゃんが自分のコントロール上手くて、誰も気づけないのかもしれないけれど、せめてオトナは気を遣おうや。

●破壊神マグちゃん
3人で浜辺に打ち上げられるの図。かわいい!この邪神たちは何してもかわいいな!そう、3人。ミュスカーくんも仲間入りです。無人島に流されたマグちゃんたち。そこへ現れたウーネラス姐さん!そう、助けに来たなど、ウーネラスさんならあり得ないことだったーー!って無人島リゾート満喫ウーネラスさん。無人島にひとつだけ持って行くなら「遊び心」 こんなすがすがしい答え、さすがだウーネラスさん!ミュスカーくんは、ツッコミで大忙し。唯一のツッコミ役だもんな。頭の血管が切れちゃわないか心配です。

●ゴースインザ箱
時代はかわいい神なのだ。

●アメノフル
入江先輩とツムギちゃん。あらためて、制服アクションは良いな、と。

●高校生家族
小学校の時、お母さんが教師として学校にいるクラスメイトがいたよ。さすがに担任ではなかったけど。でも、親が教師で学校に居るくらいならまだいいよな。父、母、妹と共に保健体育の授業を受ける気まずさを思えば。保健体育の授業内容の実践結果が息子、娘として同じ教室にいるのって、周りのクラスメイトもいたたまれない。ゴメン、正直、私はこのクラスに居なくて良かったと思ったわ。いや、良いクラスだとは思うんですが。

« 2021年週刊少年ジャンプ36・37合併特大号感想 | トップページ | 2021年週刊少年ジャンプ39号感想 »

週刊少年ジャンプ感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021年週刊少年ジャンプ36・37合併特大号感想 | トップページ | 2021年週刊少年ジャンプ39号感想 »