« 週刊少年ジャンプ41号感想 | トップページ | 2021年週刊少年ジャンプ43号感想 »

2021年9月19日 (日)

2021年週刊少年ジャンプ42号感想

●PPPPPP
強弱記号、p6つでピアニッシシシシシモ!? いえ、読み方はピピピピピピでした。そういや、昔、なんで弱く、の記号をピアノって言うのかなーって思ってたんですけど、楽器のピアノのほうが後でした。元々ピアノは「弱い音から強い音まで演奏できるチェンバロ」という意味で「ピアノフォルテ」と呼ばれたのが今のピアノの原型。略してピアノと呼ばれるようになったのだ。なんでフォルテをまるまる消したかな。音楽漫画は難しいですね。私の好みとしては、理論や理屈、シビアな話の中にちょっぴり情熱や抒情的なやつ、この漫画でいえばファンタジーがあるくらいのがいいんだけど、この漫画はすでにファンタジーありきなのよな。私は、ちょっと哲学ぽい話になるんだけど、音楽以外の意味を持つ音楽もいいんだけど、音楽が音楽だけで成立するストイックな音楽だけの音楽、というのも好きで、でもそういうのって音楽以外では説明できない。ああ、もう説明すらダメだなあ。でも、漫画は別です。エンタメとしておもしろくなればいいなあって思ってる。差別されてる描写はちょっと辛かったけどラッキーくんが健気で明るいのは救い。お母さんの妹であるおばさん。姉妹全然似てねえな?お母さん華奢でかわいくて高校生くらいに見える。こんなんで7つ子産んじゃそりゃ体も壊すかもしれんて。演奏で触れるくらいの幻覚、映像体験的な音楽ってやつ、演奏の表現力でスタンド出すようなものなんちゃう?よっしゃ!バトルですな!?

●Dr.STONE
材料集めるのも大変〜。人々も復活させて、今、地球の人口どれくらいになってるのかなー。野生の米!お米は苦労して世話して収穫するイメージなので(私は元・米農家の子) 、野生の米ってピンとこない。収穫した米でおにぎり!美味そう。米食いたくなる時ってあるよなー。やはりソウルフード。めっちゃおにぎり食べたくなった!塩むすびでいい。いや、むしろ塩むすびがいい!コメーーーー!!!!しかしおにぎりデカ!1個2合くらいありそうな?

●僕のヒーローアカデミア
ステインさんが重要で、かっこいい役割なのでは?とも思いますが、ただのめんどくさいガチファンにも見えなくはない。ステインさんの推し……。

●アオのハコ
大喜くんの脳内の千夏先輩がかわいくて笑ってしまう。大喜くんの夢と妄想。実際の千夏先輩もかわいいんだけどさー、大喜くんに都合の良い妄想千夏先輩がまたかわいいのよ!さすが妄想!そしてまた現れる妄想千夏先輩の水着姿!こりゃホントに海イベントあるかなーー?雛ちゃんが大喜くんのからあげをひょいパク。これさー、大喜くんは気にしてないんだけど、かわいい女の子が!自分が手に持ってるからあげを!近くに寄って突然パクーって!思春期男子はドキドキしちゃうだろ!この距離感!対抗するようにからあげ頬張る千夏先輩もめっちゃかわいーー。眼福〜〜。

●ブラック・クローバー
骨魔法、ってその言葉だけだと、なんとなくカルシウムたっぷり、骨粗鬆症効く!みたいな想像が脳内を駆け巡るのです。ダンテさんは肉体魔法だったし、ヴァニカちゃんは血液魔法、車椅子の長兄もなにか体に関係する魔法を持っていないかなーと思ってしまう。ゼノンさんの過去。ゼノンさんとアレンさんの関係は、ユノとアスタのようで、オレは魔導防衛隊総隊長になる!と言っているアレンさんはまさにアスタ。こんなふうにユノにも闇堕ち可能性はあったかもなあって思ってしまう。

●僕とロボコ
ファミマでロボコのケーキ……。ちょっと欲しいじゃないか。この箱で持って帰るのか。ケーキを受け取って帰った後、コンビニ店員さんにどんなこと言われるのかしらね?被害妄想? ロボコの黒歴史を知る戦場時代後輩、軍事用ロボットミリーちゃん登場。キリリとした硬派な美人系!でもさー、ロボコがいちばんかわいく思えるのよね(そしていちばん強いや、ホント、ロボコの「ふりむきおとぼけ顔」、マジでかわいい。そして、「ラブ・ハプニング」ここまで(物理で)威力のあるラッキースケベは見たことがない!

●逃げ上手の若君
すげー。戦にも勝るとも劣らない緊張感。信濃へ新鮮な海の幸をお届け大作戦。若君に鯛のお刺身を!時行くん慕われているな〜〜、って思ったらそれだけでの理由ではなく。鎌倉への到達時間やその他偵察、鎌倉奪還計画。ほぉわ〜〜、ただの息抜き回になっていない。最後のページへの鮮やかな舞台転換。ところで、刺身が美味そうだった。Dr.STONEのおにぎりとぜひいっしょに食いたい。

●呪術廻戦
うおーーーー、やるせない、つらい話つっこんできやがったーー!心が痛む。

●SAKAMOTO DAYZ
センターカラー!センターカラーはちょいファッショナブルな感じでシンくんかっこいい!しかし本編ではランク付けがルーちゃんより下のDランクにされてたことをみっともないほど凹むシンくん。でも、私としてはその前に犬をよーしゃよしゃよしゃとかわいがるシンくんは好感度爆上がりでしたので。

●破壊神マグちゃん
田舎はな〜〜、選べるだけ高校が無いんだよ〜〜。イズマくんも受験すんのか。そりゃマジ心配だな。カテキョ姿のウネさん。似合うなあ。でもその持ってる「インテリポーション」ってやつ、ぜったいヤバい予感しかない。受験勉強に恐れ慄くイズマくんに、しょーがねーなあって感じで「勉強教えてやっから」って錬くん。面倒見良すぎる。進路なー、友達と一緒にいたい、だけで選ぶのはどうかと思うけれど、高校くらいだったらそれで決めてもかまわないような気もするのよね〜。

●夜桜さんちの大作戦
やはり辛三兄さんはかっこいい。普段ヘタレなところもそれ込みで良い。でも、そうでもなければきっと辛三兄さんはモテてモテて困っちゃう、いわゆるMMKになっちゃうよ。辛三兄さんのお仕置きにビビる嫌五くん太陽くん七悪くんが「怖いから一緒に寝たい?子供かいあんた達」ってニ刃お姉ちゃんに縋るのかわいい。それ見たい。

●マッシュル
ティータイムしてる!ランスくんも!

●高校生家族
部活中の親父。滞空時間が長いって情報はいいですね。スポーツ漫画の主人公は、誰にも負けないって武器を持ってて欲しいですからね。あ、ナチュラルにスポーツ漫画って言っちゃったーー!渋谷くんはなんだかんだでカワイイな。

●あやかしトライアングル
あーーやっぱキスですかぁーー。と思ったら違うらしい。口をつけて口から吸い出そうとする祭里くん。一方、それならってことで口から力を送り込もうとするカゲメイさん。キスシーンが実はバトルであった、っていうのは、昔の漫画なんですけど「陸軍中野予備校(安永航一郎)」のキスシーン思い出します。圧巻です。インパクト凄かった。

●WITCH WATCH
楽しそうだなー同居生活。女の子1人と男子3人の同居って、バレるとヤバそうな気はするけれど。三日月型見ると変身してしまうケイゴくん。すぐさま、あっ、朝食のクロワッサン……って思ったよ。第一、クロワッサンって言葉は三日月って意味だしな。負けたからってモイちゃんの言うことには従う変身後ケイゴくん良いですなー。

●アンデッドアンラック
おお、久々に股間に海苔アンディ。インパクトある告白シーンですなー。両脚切断、片腕切断、もう片方の腕も切断、そしてマッパのフルチン。忘れられんわ、こんな告白シーン。

●カミジョーさんは食いしん坊
かわいい女の子がひたすら美味しそうに食べるだけってだけでも価値がある。

●レッドフード
読みづらいなー。絵じゃなくて、話が。読みづらいと言うより乗りづらい?狙いはわかるし、話も上手く作っていると思うんだけど、主人公が読者の視点となって話に引っ張り込んでくれると楽なんだがなー。ベローくんもそうだが、それ以上に存在が空気なグリム姐さんもなー。爆乳だけの存在になってしまう。

●NERUー武芸道行ー
じわじわおもしろいんですけど、掲載順がドベですな。まあ、いずれかの漫画が最後の掲載順にならなきゃならないわけですが。矢を放つ時の絵は見映え、見応えがありました。

« 週刊少年ジャンプ41号感想 | トップページ | 2021年週刊少年ジャンプ43号感想 »

週刊少年ジャンプ感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 週刊少年ジャンプ41号感想 | トップページ | 2021年週刊少年ジャンプ43号感想 »