« 2021年週刊少年ジャンプ40号感想 | トップページ | 2021年週刊少年ジャンプ42号感想 »

2021年9月14日 (火)

週刊少年ジャンプ41号感想

●アンデッドアンラック
この力があれば……!朝もうしばらく寝てても間に合うな、とか、遠くに行くのにも交通機関を使わず交通費かからないな、とか思いました。

●Dr.STONE
アルミニウムってそんなに電気喰うの!?アルミホイルもそうなん?大事に使おう……。いや、あんまり最近使うこともないなあ。男気あふれるクロムくん。片道じゃなく往復のロケットを作ろう作戦。クロムくんなら根性でできそうなんだけど、千空くんにナイショでできるかなー?千空くんは聡いからなー。千空くんの想定内とかだったら、ちょっと悔しいな。千空くんの驚く顔見てみたいよ。SAIくんに「本気 なんだよね」と詰め寄られ「おうよ!」とメンチ切るクロムくんとスイカちゃんなんだけど、気合い入ったスイカちゃんの顔が超絶かわいい。がんばって作ってる怖い顔?

●ONE PIECE
ヤマトさんの母親ってどうなってるんだっけ?父親はネグレクトも含んだ虐待だよなー。龍同士だからカイドウさん何か知ってると思ったら、全然知らんかったのね。現れた龍がモモの助くんだとは全く思ってもみなかった様子。よく、巨大化して戦う、とかの漫画や特撮等があるけど、そうか、巨大化すると自分の目線がかなり高くなるんだよな。高所恐怖症の人は困るな。あと自分の体の感覚わからなさそう。普通にコンビニ入ろうとしちゃってコンビニ全壊しちゃうかも。だって、実際にあった事故。車を運転してて急激にトイレに行きたくなった人が車を運転していることを忘れてコンビニの入り口にそのまま突っ込んだっていう事故があったんだってさー。

●ONE PIECE学園
もう冒頭、「死の保健委員」だけで笑ってしまった。うっかり動物の面倒をこっそりみちゃうローだけど、本編もそんなもんだ。うっかりルフィの面倒みちゃってるもんな。ローのマーメイドカフェ事件はすぐ忘れ去られたそうですが、いや、これは後々まで実はローはスキモノ、というレッテル貼られても面白そうじゃないか。

●僕とロボコ
話の導入から最後オチまで、流れが見事だなと思いました。このページ数で上手いよなー。ギャグもいろいろ散りばめながら。ド真面目にToLOVEるダークネスを絡めながら。まどかちゅわんの気合の入った顔では、こども将棋名人戦、そう、こどもの大会なのである。こども、怖くて泣いちゃうだろこんな対局相手。

●ブラッククローバー
人気投票1位ノエルちゃん。うん、まあ良し。ページめくって、4位、ダンテさん。………??ハァ〜〜〜〜ッ!!??こりゃビックリ!ヤミさんより上だと?ヤミさん最近出番ないしなー。いやダンテさん4位、ビックリだけど、存在感はあったからなー。本編はランギルスくんが頑張ってた!あまりいい子にならずプライド高いまま、ちょっとひねくれてるままっていうのいいなと思う。ユノくんとの絡みじゃなくて兄ちゃんとの絡みも見たいなー。いつか兄弟共闘を!

●SAKAMOTO DAYS
たまに、たま〜〜に、ネットで過去の凶悪犯罪の記事を読んだりします。具合悪くなるわ〜。読むの耐えられなくてやめたりする。坂本ファミリーでなく、ORDERメンバーも個性や存在感出てきておもしろそうだ。こりゃ楽しみ。車内で豹さんが「もっと丁寧に運転しねぇかコラ!お年寄り乗ってんだぞ!」と、注意してましたが、そのお年寄り、篁さん。心配されるようなお年寄りじゃないわ~。最も危険なお達者じいさん

●逃げ上手の若君
ギリギリの追われる恐怖を味わいたい9歳児!若君は今日も変態だぜ!人畜無害な顔のお侍さんも戦場を生き延びてました。人畜無害な顔で刀でサクサクサクサク人刺してました。怖えーー。保科さんはただ暑苦しいおっちゃんだったけど、なんか今はもう、ナイスガイに見えてきましたね。頼りがいある感じ。

●WITCH  WATCH
うっわ。安心してたら、そんなことなかった。付与の魔女さんは小さくてあまり害がなさそう、怖いことなさそう、と思ってたら、口封じされた?身体がボロボロ崩れて塵となってしまった。やっぱこの先ハードな展開はあるんだな。お風呂でニコちゃんネムちゃん洗いっこ。ニコちゃんてばハアハア息荒くてアヤシイよ!そして、ケイゴくんも同居!ニコちゃんと3人の男子同居!
ニコちゃんハーレム漫画か!?実際はニコちゃんとモイちゃんを暖かく見守る人々が増えてるだけか!? 鬼、天狗、魔女、狼男の同居です。モンスターハウスですな。

●アオのハコ
女バス漫画もいいなぁ〜〜。もうちょいでいいから、スポーツ比率多くなると嬉しい。千夏先輩かっこいいし。後輩女子とか憧れそう〜。他のメンバーも女子からの人気がありそう。

●破壊神マグちゃん
ゴミ捨て場からカラーボックスかな?がんばって運び出してるナプちゃん。何やらかすか心配して物陰から覗いている錬くんだけど、重くて限界のナプちゃんに思わず『もうちょっとがんばれ邪神』 ふと気付いたらヤドカリちゃんたちもいっしょに運んでいるじゃないの!ムリだよそんな大きいの、ヤドカリにはまさに荷が重すぎるよ!そしてゴミの再利用で作ったのは、ナプちゃんのお店!手作り感満載の屋台!食堂経営を夢見る邪神の夢の第1歩、確実に実現へと向かっている!行動力!なんだか私、涙が……。しかしナプちゃんのお店、暴利?プリンとからあげ1個3,300円也。義理堅い流々ちゃんも5千円と言われた途端「スーパー行こうぜマグちゃん」ときびすを返す。そこはさすがに家計にシビアな流々ちゃんですよね。「納豆が200パック買える」うわ、現実的な比較。焦ったナプちゃんいきなり5円に値下げ。ダメだよ~~!過度な価格破壊は結局その業界をもダメにする可能性があるのです。消費者は安いとそりゃあ嬉しいけど、適正価格がいちばん良いってことだな。経営がまるでダメな料理人。現実に居る居る。おつかいマグちゃんもかわいいな。頭にタッパー乗せちゃって。お店の運転資金が足りなくなってウネさんに金を借りるナプちゃん。いかん!いちばん借りちゃダメな相手だ!しかしウネさんプロデュースはナプちゃんより安心できるし、そして、なんてこった。ナプちゃんのメイド姿がこんなにかわいいとは。ウネさんさすがすぎる。って、ええええ、夢ェェェッ!どっから、どこから夢だったァ!?あ、借金は夢じゃなかったのか。がんばれがんばれ邪神。

●プロモブ
最初、ドラえもん系?と思ったら次から次へと絵柄が変わって、ああ、漫画を出演ドラマのように見立てた設定か。おもしろいな、この設定。で、最後のページ、最後のコマのセリフで、あれ?今までの課程がみんな漫画出演してた話だったってこと?ってオチが良い。週刊少年ジャンプ本誌読切15ページの主演、クランクアップですね、お疲れ様でした!

●呪術廻戦
「五条さん」って呼ぶんだよね~秤先輩。けっこう関わりや繋がりがあって、そして悪い関係ではなかったのかな。「五条悟」って呼び捨てにする人けっこう多かったので、「五条さん」呼びが新鮮。秤先輩の強さはあまり明かされず、それは持ち越し、後のお楽しみか。「こんなに凹んだのはヤックルの尻に矢がブッ刺さった時以来だよ」ああ、わかる。わかります。あれショックだったよ。ひいいぃぃっ!って叫んだよ。秤先輩は強いって話だけど、商売っ気強くて俗人ぽくていいなー人間味あるなー。今までも金や権力欲しがった人たちは居たけれど、秤先輩のは現実味が感じられるカネだなあ。それに商人ってけっこう強いですし。昔、ドラクエでトルネコをめっちゃ育てた。

●高校生家族
お母さんの年齢判明43歳。あれ?既出だっけ?お母さんカワイイ。期待して照れながら矢印を辿るお母さんカワイイ。家谷家の誕生日週間。毎日サプライズ続けたクラスのみんな、よくやったよ!みんな優しく義理堅いクラスだなあ。誕生日が近いとまとめられそうなもんだけど、最初に春香ちゃん1人をお祝いしちゃったもんなあ。誕生日と比べては恐縮ですが、死亡日近いと法事をまとめてやっちゃうことあるそうです。知り合いのうちではいつも法事2人分でやってるって。

●マッシュル
そんなことしてる余裕あんの?って思ってたら、「神覚者最終試験は神に捧げる国の重要な祭事」ってことで、ああ、そりゃ中止にしづらいな。情報量が多くて死んでるマッシュくんの気持ちわかる。範囲が広すぎるテスト勉強の時の気持ちだ。

●夜桜さんちの大作戦
合格者は太陽くん1人だけってこと?太陽くんのド根性、凶一郎兄さんも認めてくれました。凶一郎兄さんにしてはかなり優しいよね。義理とはいえ兄弟。兄弟萌え発動しそう~。

●あやかしトライアングル
お母さんかっこいいなあ。非情に見えてもそうしないとその先は?行く末を見据えての判断。「戦うなんてやめてくれ」 戦いをやめるだけで何がどう変わる?祭里くんは助けたいならもっと早く考え動かなければなかった。いわゆる「判断が遅い」ってやつですな。この間鬼滅の刃のアニメ観てたので~~。話ぜんぶ知ってるのに、やっぱり鬼滅はおもしろかったなー。

●やんけん
大昔のヤンキーについて、ふと思ったんだが、改造学ランとか、反抗しているようでいて「制服」というルールは守ってるんだな、と。

●NERUー武芸道行ー
思ったよりだいぶ早くかわいいとこ弱いとこ見せてきたなあ要ちゃん。もうしばらく意地っ張りでいてほしかったような気もする(私も大概めんどくさい人間だ)

●アメノフル
最後までふざけた感じが良かったです。でもそれだけじゃ最終話としては物足りなかったかな。途中から持ち味ともいえるマヌケなヤリトリが増えて楽しかった。でもお話としては動きが鈍かったもんなー。

●レッドフード
うむ~~。グリム姐さんの使い方ががな~。もっとベローくんとグリム姐さんのコンビで旅するとかしてから、今みたいな展開になるとかが良かったと思うけど、まあ先を急いでるのかもな。

« 2021年週刊少年ジャンプ40号感想 | トップページ | 2021年週刊少年ジャンプ42号感想 »

週刊少年ジャンプ感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021年週刊少年ジャンプ40号感想 | トップページ | 2021年週刊少年ジャンプ42号感想 »